税理士におまかせ!記帳代行でルーチンワークの簡略化

経理・決算支援

個人事業主は、すべてを自分で行わなければならないため、非常に忙しいです。日々の煩雑な記帳業務をアウトソーシングしてはいかがでしょうか?記帳代行のメリットや相場、税理士への依頼のメリットについてご紹介します。

記帳がしっかりできないことによるリスク

経理における記帳というのは、毎日地味に記録をつけていくものであり、ついつい後回しにしてしまいがちです。

しかし、事業を運営していくうえで非常に重要な役割を有しています。現時点での預金の残高は、通帳を確認することで問題がないのかもしれませんが、来月や再来月にいくら支払わなければならないのか、売り上げの入金はいつごろ入ってくるのかなどは帳簿を作成していないと推測が難しくなってしまいます。また、しっかりと帳簿を作成していない場合、月々にいくら売上をしていて、どれくらい経費が掛かっているのか把握することができなくなってしまいます。経営における問題点を挙げることができなくなるので、成長のチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

そして、一番の問題点としては、確定申告時に膨大な時間を要してしまうという事です。このような問題を起こさないためにも、定期的な記帳が必要です。

記帳代行を依頼するメリット

個人事業主の場合には、従業員がおらず自分自身しか働き手がない、もしくは少人数の従業員を雇用しているというケースが考えられます。

このようなケースの場合、記帳をするだけで毎日かなりの時間が奪われる恐れがあります。小規模で行う事業であったとしても、意外に記帳の数が増えていきます。記帳代行をすることで、記帳に大事な時間を割く必要がなくなります。また、経理担当者の人件費削減にもつながっていくでしょう。個人事業である場合、専門で経理担当を雇用するよりも、外部に委託したほうが安く済むことも少なくありません。経理担当に払っていたお金を他の従業員の雇用に回してしていくことで、将来的な事業拡大を狙っていくことも可能です。

さらに、外部に委託することで繁忙期における記帳ミスなどのリスクを大きく抑える効果も期待できます。月次決算の報告書を提出してくれるサービスを行っている所も多く、毎月の数字を知ることで、経営課題を見つける手助けをしてくれるでしょう。

記帳代行の相場はいくらくらいか?

記帳代行は、経理の内容というよりも、仕訳本数がどれくらいあるのかで大きく変わってきます。

多くの記帳代行業者や税理士事務所では、基本料金があり一定の仕訳本数までは無料で、それを越えた場合は段階的に値段を上げていくという料金体系になっています。また、業者によっては、基本料金はなく単純に仕訳単価だけがあるケースもあります。ある意味電話料金のような料金体系をイメージしてもらうとよいでしょう。

いずれにしても業者によって料金体系が違いますが、一般的には次のような金額イメージで考えましょう。

 

・基本料金タイプ

月間の仕訳数

100仕訳以内 1万円

101から200仕訳 1万5,000円

201から300仕訳 2万円

301から400仕訳 2万5,000円

401仕訳以上 3万円~

・基本料無し単価タイプ

1仕訳50円から100円

記帳代行を依頼する際の注意点

記帳代行は、一般的な記帳代行業者や税理士に依頼するケースが考えられます。記帳代行をしてもらう業者を探すときには、次のようなポイントと押さえておくようにするとトラブルになりにくいでしょう。

・料金体系が明確になっているか?

記帳代行における料金体系があいまいになっていると、多くのケースでトラブルになる可能性が高くなります。基本料金はいくらか、超えた場合の金額がどのような体系になっているかが、しっかりと明示されている相手を探しましょう。

 

・コミュニケーションがしっかりとれるか?

業者によっては、記帳をしてくれるだけで、コミュニケーションが取れない業者も存在しています。特に値段が相場よりも大きく安い業者の場合は、大量に業務を処理するために最低限のやり取りしかしないとこもあります。価格にとらわれず経営者目線のアドバイスなどの話を聞けるような相手に依頼をするようにしましょう。

税理士に記帳代行を依頼するメリットは?

コミュニケーションを密にとりたいのであれば、税理士に記帳代行をするほうが良いでしょう。

相手にしている取引先数は、専門業者に比べて圧倒的に少ないので、若干費用は高くなる場合があります。しかし、それを補えるような細やかなサービスを受けることができる可能性があります。

また、別料金にはなりますが、確定申告までお願いすることもできます。確定申告業務は、専門的な知識がないと非常に煩雑です。特に税制優遇などは、毎年制度がどんどん変わっていきます。税理士に依頼することで、税制優遇を見逃してしまうリスクを減らすことができるでしょう。

料金については、顧問契約をしたほうが安く抑えられるケースもあります。記帳から確定申告まで、同じ税理士に作業をしてもらうことで、スムーズに手続きをすることができます。

煩雑な記帳作業は専門家へ依頼しよう

記帳業務は、毎日の事業主の時間を大幅に奪っていくルーチンワークです。記帳代行を外注することで、それらの時間を他の事業に割り当てることができます。税理士に依頼をすることで、申告業務も対応してもらうことができるでしょう。値段だけにとらわれずに、総合的にサービスを検討してみてはいかがでしょうか?

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

久川秀則 税理士
  • 原・久川会計事務所(税理士法人)平塚橋事務所
  • 久川秀則税理士

私も、経営者は、記帳経理の仕事は手放して、商品や顧客に対して8割の時間を使うべきだ、というのが口癖です(笑) 記帳代行、経理代行は、そのためには良いツールだと思います。 税理士として、経理代行は総じて高額になります。大手の行舎で月額5万円と聞いています。大手以外はもっともっと高い。 記帳代行は多くの税理士事務所で行っていますが、月額顧問料で記帳代行だけでなく、税務顧問、財務分析まで行ってくれて、先程の大手よりも安いケースが多いと思います。 経理代行、記帳代行を出すだけでは、アドバイスは得られません。 経営などにアドバイスがあり、必要な専門家の知恵を結集してくれるような税理士がいることは、企業の経営力を高めます。 ぜひ、そのあたりも十分に検討すべきと思っております。

西濱絢 税理士
  • 西濱絢公認会計士・税理士事務所
  • 西濱絢税理士

記帳代行業者や大手税理士事務所に記帳代行を依頼する場合、実際に記帳する人は、記帳経験のある無資格者である場合がほとんどです。税制は頻繁に改正されるため、出来る限り記帳代行も含め税理士が担当する事務所に依頼することがベストでしょう。 また、記帳代行を依頼するといっても、すべてを丸投げするのではなく、クラウド会計を利用するなどして、個人事業主様(経理担当者様)と税理士事務所が互いに協力し合い、リアルタイムに経営状況を把握・改善し、業績アップにつなげることが大切です。

渡部浩之 税理士
  • 渡部税理士事務所
  • 渡部浩之税理士

社長及び経営者は、本業に専念して頂く事が大切です! 記帳代行を行う社員がいない場合、新しく人を雇うよりも税理士に丸投げをした方が、明らかに格安です! しかし、社長や経営者が業績を把握しないのは良くない事です。 今はクラウド会計等お互いに共有できる会計ソフトが多くあります。 本業に専念し、業績を常に把握していれば経営成績は自ずと良くなります。

コメントする

この記事の監修者

都内数か所の税務署に勤務しておりました。 その間、税務の知識がないために、税金を多く納めなければならない納税者の方を数多く見てまいりました。 そこで、少しでもそのような納税者の...