会計ソフトって本当に便利? 個人事業主へのおすすめポイント

経理・決算支援
コンサルティング

会計ソフトを利用することで、会計業務の効率化につながります。また、会計ソフトには、どのようなものがあるか、会計ソフトを選択する基準、また、税理士がすすめる利用するべき会計ソフトについて、ご紹介していきます。

会計ソフトを利用するメリット

会計ソフトを利用することで、様々なメリットが得られます。

まずは、会計帳簿の作成が簡単にできることです。総勘定元帳や試算表の作成を会計ソフトは自動で行ってくれます。よって、経理担当者は会計ソフトの入力作業のみを正確に行えばよいことになります。また、会計ソフトを利用することで、自分の会社の業績や財産の状況をリアルタイムで把握することができます。そして、経営に必要な資料も作成できるのも魅力です。具体的には、資金繰り表や事業資金計画書、3~5年の経営分析の指標です。これらの資料は銀行に融資を依頼するための書類であり、経営活動の上では不可欠といえます。会計ソフトは単なる帳簿作成のツールではなく、経営に生かすためのツールととらえるべきでしょう。

会計ソフトの種類

会計ソフトには、パッケージ型のソフトとクラウド型ソフトの2つの種類があります。パッケージ型のソフトはインターネットやCD-ROMでダウンロードしたプログラムを自社PCにインストールして、利用します。よって、インストールの手間がかかり、利用料金はインストール時に発生します。パッケージ型のソフトでは、自動更新がされないものがあり、この場合はバージョンアップ時に追加で料金が発生する場合があります。

クラウド型ソフトは、Webプラウザから専用のWebサイトにログインして利用します。クラウド型ソフトのメリットはインターネットの環境があれば、どこでも作業ができることです。PCではなく、スマホやタブレットでも利用できるので、便利であるといえます。

会計ソフトの選び方

会計ソフトでは、仕訳の入力を行っていきます。よって、仕訳を行う手間が楽で、間違いがないようにできる会計ソフトが最適であり、自動仕訳の機能が充実している会計ソフトを選ぶべきでしょう。また、仕訳伝票のインポートやエクスポートの作業ができるかも大事なポイントです。なぜなら、その機能がないとエクセルでのデータの加工ができないからです。そして、ネットワークの機能です。取引量の多い会社では、複数の入力担当者が分担して、入力作業を行うことがあり、ネットワークの機能が充実していないと作業に支障をきたします。この場合はクラウド型のソフトを利用するのが最適であるといえます。クラウド型のソフトではネットワークの機能だけでなく、インターネットバンキングやクレジットカードとの同期も優れています。

最終的には、利用する上でのトラブルに対応するサポート体制がしっかりしている会計ソフトを選ぶべきでしょう。

税理士がすすめる会計ソフト

会社の決算の目的は最終的に、法人税や消費税の申告書を作成することにあります。消費税の申告書は会計ソフトで自動で作成してくれますが、法人税の申告書は法人税申告のソフトを利用して作成します。会計ソフトは、法人税申告のソフトとの連携が取れる事が重要でしょう。

。また、法人税では勘定科目の内訳書という書類の添付を求めています。法人税申告のソフトとの連携と勘定科目の内訳書、操作のしやすさ、料金などの面から、多くの税理士がすすめるのは弥生会計です。このソフトは、法人だけでなく個人事業者も多く利用しています。独自のシステムを利用している会計事務所でも、会計ソフトは弥生で、税務ソフトは自分の事務所のものを利用しているケースも多いです。

会計ソフトのメリットと税務申告との連携

会計ソフトを利用することで、経理データの処理を迅速に行うことができます。しかし、会計ソフトには様々なものがあり、選択には迷うでしょう。会社の規模や取引量にもよりますが、ユーザーの使い勝手が大事です。そして、税務申告との連携がしやすいものを選びましょう。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

久川秀則 税理士
  • 原・久川会計事務所(税理士法人)平塚橋事務所
  • 久川秀則税理士

クラウド会計ソフトが広告宣伝効果もあり、大変に話題、新規設立企業の心を掴んでいると思います。しっかりとそのメリットを活用する使い方をすれば、大変によいものです。 あと、税理士に記帳から任せれば、経営者は経理を行わなくてよく、会計ソフトもライセンスを買わずにすみます。 経営者は自社の商品やサービスを研ぎ澄ますため、顧客との関係を良好にしていくため、に、時間の8割は使うべきと思います。 夜中にちまちま経理をしても、売上や粗利は伸びません。 そのあたりをしっかり考えた上で、会計ソフトとの付き合い方を決めるべきだと思います。

大藏浩幸 税理士
  • 大藏浩幸税理士事務所
  • 大藏浩幸税理士

会計ソフトは千差万別一長一短あります 個人では65万円控除の青色申告特別控除が使えます 法人は言わずもがな! こちらAsaasのクラウド会計を導入事業主と会計事務所を繋ぎ データを共有訂正箇所など一発で修正できます

渡部浩之 税理士
  • 渡部税理士事務所
  • 渡部浩之税理士

現在の会計ソフトはクラウド操作やリモート操作ができ、処理に困った時はオフィス内で税理士と電話ですぐにやり取りができてしまいます。 会計ソフトの導入をお考えの方は、是非そのようなソフトをお勧めします!

三宅啓之 税理士
  • 三宅綜合会計事務所
  • 三宅啓之税理士

会計ソフトは、年額でコストがかかりますが、導入した方がベターです。何と言っても、計算間違いがないということが挙げられます。仕訳の入力方法さえ、適切に行われていれば、決算書まで出来上がってしまいます。

西田真由美 税理士

会計ソフトについては大きく分けて2種類あります。 1つは、量販店で購入できるもので、主に個人事業者向けの簡易なソフト、もう1つは税理士事務所や会計事務所が使用している専用ソフトです。 おそらく皆さんは前者のほうが価格も安く簡単だと思われていると思いますが、専門家からみると、逆に高くつくソフトだと思います。 なぜなら、会計の知識のない方で、パソコンの操作の知識もない方だと、立ち上げるたびに操作方法がわからなくなり、サポートセンターに連絡しても、無料では3回までしか聞けないとか、毎年、ソフトの更新費用がかかるとか・・・。結局、高くつくことが多くなり、それどころか、操作が面倒になり、会計処理がほったらかしになる・・・。ということよくお聞きするからです。 他方、会計事務所が利用しているソフトは、そもそも、税理士をはじめ会計事務所の職員も操作方法はわかっていますし、会計事務所に連絡さえすれば、スムーズに操作の案内をしてもらえますから、会計処理がほったらかしになるリスクも少なくなりますね(^^)。そして、案外、金額も2万円台からとお安いものもありますし、専門分野だけにクラウドにもいち早く対応しています。 そもそも、会計ソフトを利用するメリットは何か?と、申しますと、複式簿記でソフトに入力することで、「タイムリーに」その日の儲けだけでなく、その日の財政状況が把握でき、次の日からの資金繰りの予定も理解できる!というところです。 そして、副産物として、税務申告に必要な決算書の作成もスムーズに行え、年度末に慌てる必要がなくなる!ということでしょうか。 「会計ソフト」を利用して、会計処理を、楽しい作業にしていただけるよう、弊事務所はサポートいたしますので、お気軽にお問合せ下さい。

コメントする

この記事の監修者

【中小企業から宗教法人、スポーツ選手まで 海外進出のサポートも充実!】 みなさんこんにちは。代表の今野真輔(こんの しんすけ)です。 税理士として開業したきっかけは、税...