もし自転車事故に遭ったら?困ったときには弁護士に相談を!

交通事故対応

自転車事故には、自動車事故とは異なる問題点があります。相手に保険会社がつかないことも多く、被害者が自分で対応していると、必要な賠償金を支払ってもらえない可能性も出てきます。このような不利益を避けるためには、どうしたら良いのでしょうか?

続きを読む
高島秀行 弁護士
この記事の監修者
高島秀行弁護士
【20年以上の豊富な経験と知識! そのお悩みに充実のサービスとサポートを】 弁護士もサービス業の1つと考え、 当たり前のことではありますが、ご依頼者様に簡潔にわかりや...

プロのコメント

久川秀則 税理士
  • 原・久川会計事務所(税理士法人)平塚橋事務所
  • 久川秀則税理士

こうした交通事故関係は弁護士さんのお仕事ですね。 弁護士さんの中でも、離婚が得意、債権回収が得意、など得意分野、経験の深い分野というものがあり、交通事故は交通事故の経験値の高い弁護士さんに依頼することが一番良いと思います。 当事務所では、交通事故に限らず、経験値の高い弁護士さんをご紹介できるJSAに加盟しており、安心して任せられる経験豊富な弁護士さんをご紹介できます。 そのあたりもご安心できる税理士をお選びいただくことがよいと思います。

井上昌哉 弁護士
  • しまかぜ法律事務所
  • 井上昌哉弁護士

相手方が自動車の場合、相手方の自賠責保険を使用できるため、こちらに後遺症が残れば、自賠責保険に後遺症申請をして、認定された等級に応じて賠償金を請求することになります。 一方、相手方が自転車の場合、自転車には自動車のような自賠責保険がないため、こちらに後遺症が残っても、自賠責保険のように後遺症の等級認定はされません。そこで、後遺症は、自賠責で言うところの何級に相当すると主張して賠償金を請求することになります。 しまかぜ法律事務所では、自転車事故の実績が豊富にあり、依頼者にとってもっとも適正な解決方法を選択することができます。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

経営者・オーナーの方へ

経営のお悩みを
無料で専門家に一括相談!

  • 5000人の士業から条件にあった士業を自動選択!
  • 一括見積りで費用と対応を比較可能!
  • まとめて依頼できるから、あなたのお悩みをスピーディに解決!
無料で一括相談・見積りする

士業の方へ

記事にコメントを入れて
アピールしませんか?

  • サイト内各所投稿数ランキングに、貴事務所が表示されるようになります。
  • 自分のページの情報量も増えて、より上位に表示されるようになります。
※プロ会員登録がまだの方は
無料で
ご登録可能です。
コメントする