本当に便利?経営者様必見の会計システム導入の流れ

コンサルティング
経理・決算支援

会計システムはいろんなツールがあり、導入する際には、どんな会計システムを導入すればよいか、迷うところです。そんな時に税理士は心強い味方となります。会計システムを導入する目的、会計システムを経営活動にどのように生かすべきかを確認してみましょう。また、最新の会計システムであるクラウド会計についてもご紹介いたします。

会計システムの必要性

会計システムは企業の業績を把握するためのものとして、必要不可欠なものです。

経営者はリアルタイムに経営状況を把握し、即座に経営判断を下す立場にあります。

そのような経営者の要請に応えられるように設計されています。

会計システムでは、仕訳入力を行うと、自動で転記処理を行い、最終的な財務諸表の作成までの作業を行ってくれます。

税理士はあらゆる会計システムを熟知しており、その企業に最適な会計システムが何であるかを判断できる専門家です。経理やPCのシステムに精通した経営者であれば、自分で会計システムを導入していくことも可能です。しかし、大抵の経営者は日々の仕事に追われており、数字を管理することには、気が回らないのが実情でしょう。

よって、経営者の立場を理解して、必要な数字を提供できる会計システムの導入は、経理の専門家である税理士に依頼するのが妥当であるといえます。

会計システムの役割と利益計画

会計システムの主な役割は、財務諸表を作成することになります。

しかし、会計システムの機能は、財務諸表の作成だけでなく、予算の作成や前年度の実績との比較を行うこともできます。

そして、重要なのが利益計画です。利益計画とは、希望する利益を出すには、どの程度の売上を上げるべきかという計画を練ることです。この作業を損益分岐分析といいます。

損益分岐分析を行うには、まずは、費用を変動費と固定費に分解する必要があります。売上から変動費を差し引きした利益を貢献利益といいます。そして、この貢献利益が固定費と同じ状態の売上高を損益分岐売上高といいます。この損益分岐売上高は利益も損失も出ない、収支がトントンの状態の売上高になります。少なくても経営者としては、この損益分岐点売上高を超える状態の売上を上げなければ、営業利益を確保することができず、営業活動を行うことができません。

この損益分岐分析は、会計システムが行ってくれます。

会計システムの活用方法と税理士との関係性

税理士は、会計システムで算出された数字を利益計画に生かす方法と数字の意味合いについて、熟知しています。経営者としては実績の数字を把握しながら、今後その会社が利益を出すために、どのように経営改善を行うべきかを検討する必要があります。

会計システムで算出された数字をもとに、経営者と税理士は綿密な打ち合わせを2、3カ月に1回程度行うのが望ましいでしょう。そのためには、毎月の経理処理は迅速に、そして、正確に行われるべきです。

また、経営者にとっての最大の悩みは税金の負担をいかに軽くするかということです。税金対策を行うには、早めに決算の作業を行う必要があります。

よって、税理士との打ち合わせや決算の早期化には、会計システムは必要不可欠であるといえます。

クラウド会計のしくみ

クラウド会計とは、インターネットの環境があれば、どの場所でもいつでも会計処理を行うことができる会計システムのことをいいます。

今までの会計システムは、アプリケーションをインストールする必要があり、データを入力後に保存する処理が必要でした。

しかし、クラウド会計はインストールとデータ保存は不要なので、従来のシステムよりも、導入の手間がなくなりコストも低く済みます。クラウド会計データは、ネットワークのサーバーに存在するため、必要に応じて誰でも、アクセス可能です。よって、自社の従業員と税理士の間でデータの共有がしやすくなるといえます。

クラウド会計活用のメリットとデメリット

クラウド会計を活用するメリットについて、確認してみましょう。

クラウド会計では、普通預金の取引やクレジットカードの取引のデータを自動で取り込みをしてくれるため、データ入力の手間を省くことができます。また、クラウド会計には勘定科目を自動に振り分ける機能、摘要欄の自動入力の機能があり、データ入力を効率的に行えます。会計データはサーバー上にあるため、従来の会計システムではデータの

バックアップが必要でしたが、それも不要となります。

では、クラウド会計を活用するデメリットについて、確認してみましょう。

クラウド会計は、従来の会計システムと操作が異なります。よって、従来の会計システムの操作に慣れていると、最初は操作を覚えるのに戸惑う可能性があります。

また、クラウド会計に詳しくない税理士の場合は対応ができず、導入が難しいといえます。

会計システムの導入と税理士との連携

会計システムは、決算において、財務諸表を作成する際のツールだけでなく、経営者に役立つ情報も提供できます。よって、会計システムの便利な機能を活用し、経営活動に役立てるためにも、会計システムの導入は経理と会計システムを熟知した税理士に依頼するべきでしょう

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

大藏浩幸 税理士
  • 大藏浩幸税理士事務所
  • 大藏浩幸税理士

私の事務所はAsaasのクラウド会計を導入 顧問料にコミコミで契約できます メリットは会計事務所と法人を繋ぎいつでもデータを共有! リアルタイムに経営成績財政状態が一目瞭然!もうクライド会計じゃないと遅いですよ!

三宅啓之 税理士
  • 三宅綜合会計事務所
  • 三宅啓之税理士

会計システムは、単に記帳用のシステムとして利用するのは、もったいない話です。システムで記帳された結果から、いかに将来をよくしようとするかを利用するものです。あまり機能が多すぎでも使いこなせないと思いますので、KPIとなる指標を決め、それを活用できるシステムを選択することです。

久保和之 税理士
  • 創和会計 久保和之税理士事務所
  • 久保和之税理士

 会計システムの利用は、財政状態を把握するのに大切なことですし、経営判断や分析について、今後益々税理士と会計データの共有・相互連携が進むのではないかと考えられます。  データの即時共有ができるクラウド型の会計システムは時代のニーズに即したものですが、現在さまざまな会社からリリースが始まっております。  システムの変更には労力もコストもかかりますので、導入には十分にご検討されることをお勧め致します。

コメントする

この記事の監修者

【中小企業から宗教法人、スポーツ選手まで 海外進出のサポートも充実!】 みなさんこんにちは。代表の今野真輔(こんの しんすけ)です。 税理士として開業したきっかけは、税...