エステ店経営者なら覚えておきたいクーリングオフの基本

消費者被害 > クーリングオフ
消費者被害 > 詐欺被害
各種証明手続 > その他
消費者被害 > クーリングオフ
消費者被害 > 詐欺被害
消費者被害 > クーリングオフ
消費者被害 > 詐欺被害

エステ店の経営者であれば、クーリングオフに関する基礎知識はおさえておくべきです。契約後のクーリングオフを拒否することは法律違反となり、継続した経営が難しくなってしまう恐れがあります。ここでは、クーリングオフのルールや契約の際に必要なことなど、基本的な知識を解説します。

続きを読む
岡部眞明 行政書士
この記事の監修者
岡部眞明行政書士
ひとりで抱えて、行き詰まっていませんか? 皇居近くに事務所を構える経営のパートナー! ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 「会社の...

プロのコメント

高谷滋樹 弁護士

エステ店の開業・営業に関しては、弁護士に御相談ください。 エステ店は、特に、評判が気になるところです。従業員への間違った指導で、お客様に契約に関して、誤情報を与えてしまったら、後日の解約トラブルなどが大きくなり、大きな信用失墜となります。 日々、従業員に対し、何を強調して指導するかも含めて、弁護士に御相談ください!! 弁護士が、お手伝いいたします!! http://h-law.osaka.jp/ フィリピンのことなら フィリピンセンター http://p-center.net/ フィリピン企業情報館 http://p-toukibo.com/ ビザ取得 外国人雇用 技能実習生 入管どっとコム http://nyuukan.com/

高島秀行 弁護士
  • 高島総合法律事務所
  • 高島秀行弁護士

契約書、示談書、合意書のご相談は、弁護士にご相談ください。 特にエステの契約は特定商取引法により中途解約の問題もあります。契約に関するトラブルの解決は最終的に相手が訴訟をする可能性も含めて相談し、解決する必要があります。

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?
ぜひログインしてコメントを入れてください。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。

コメントする