融資を受けたいと思ったら、税理士の資金繰り支援を受けてみよう!

資金調達支援 > リスケ・銀行対策
資金調達支援 > 資金繰り支援
資金調達支援 > 創業融資・事業計画書
資金調達支援 > リスケ・銀行対策
資金調達支援 > 資金繰り支援
資金調達支援 > 創業融資・事業計画書
このエントリーをはてなブックマークに追加

どのように魅力的で需要のある事業でも、資金がないと会社を運営することができません。そのため資金繰りは、経営者が頭を悩ませやすい課題と言えるでしょう。税理士に資金繰り支援を依頼することで、経営者の負担を軽くすることができます。

続きを読む

資金の管理が企業経営で最も大事

資金繰りが得意ではないという個人事業主は少なくありません。毎月の売上に関する試算表については読み解くことができるけれども、いつまでにいくらの支払があるから、資金をどのくらい置いておかなければならないか悩むことが多いようです。

売上げがあったからといってすぐに入金がされるものではありません。取引先の支払いサイトによっては、売上から入金されるまで早くても1カ月から2カ月くらいかかることもあります。契約内容によっては、さらに入金の時期が伸びることもあるでしょう。そのため、資金を十分に準備しておかないと、損益計算書や決算上の数字は黒字になって利益が出ているのに、資金がショートしてしまったことから倒産に追いやられてしまうケースもあります。そのため、大手企業であっても個人事業主であっても資金繰りは最も大事な要素なのです。経営者1人で資金繰りをして融資を銀行にお願いするのが不安な場合は、税理士による資金繰り支援を受けることも検討しましょう。

意外にできていない資金繰り計画

必要な融資を受けるためには、中長期的な資金繰り計画表を作成する必要があります。どういった流れでお金の出入りがあるのか、どのタイミングで大きな設備投資があり、資金ショートが見込まれるのかを作成する必要があります。

お金が足りなくなってから融資を依頼しても、銀行から融資を受けることができない可能性もあります。計画的に融資を受けるためにも資金繰り計画は必須であるといえるでしょう。

将来的な資金繰り計画を策定するためには、現在の資金繰りを把握していく必要があります。税理士による資金繰り支援では、現在の資金繰り状況や将来の事業計画により必要な費用を試算して、資金繰り計画を作る手伝いをしてもらうことができます。

融資に前向きな銀行を探してくれることも

資金融資を受けるためには、銀行に依頼をして承認を受けなければなりません。融資について検討をしてくれる銀行が無ければ、資金繰り計画や融資の申込みどころではありません。

通常、融資に前向きな銀行を探すために、経営者はさまざまな銀行に足を運ぶ必要があります。すぐに見つかればいいのですが、個人事業主や中小企業の場合、すぐに良い反応を得ることが難しいでしょう。融資検討先を探すことに時間を費やしてしまっては、本業に支障をきたしてしまう可能性があります。

資金繰り支援に強い税理士の場合、銀行とのつながりを持っている税理士も少なくありません。そのため、融資に対して前向きに検討をしてくれる銀行を探すところからサポートをしてくれる税理士も存在しています。結果、経営者の負担を減らすことも可能なのです。

審査に通るための書類の作り方を指導してもらえる

滞りなく銀行から融資を受けるためには、銀行が融資をしたくなるような書類を作成する必要があります。この書類作成を何の予備知識もなく進めていくと、何度も手直しをする羽目になる可能性があります。

資金繰り支援に強い税理士の場合、銀行がどのようなところに注目をしているのか、重要視している部分などについて、把握していることが多いです。その部分の財務状況を意識して改善していく姿勢を見せる事で、一度融資を却下されてしまったような場合であっても、融資の申込承認を受けることができるケースもあるでしょう。

書類を作り直す、新たな融資検討先を探している間に資金ショートしてしまう可能性もあります。融資に関してのノウハウが少ない場合は、税理士に相談をしてもいいかもしれません。

返済シミュレーションをしてもらおう!

銀行から融資を受けるためには、融資を受けたい金額が現実的なものなのか?適切な返済能力があるのかをしっかり提示できないと、銀行から承認を受けることができません。そのために、融資を受けたい金額を適正にしなければなりません。

資金繰り支援に強い税理士であれば、現状の資金繰り状況や将来的な資金繰り計画によって、返済シミュレーションを立てることができます。それにより、借入額はもちろんのこと、返済期間や、月々の返済額について詳細に検討を行い、銀行への融資申込みの前に修正をすることができます。

申込の段階で適切な返済シミュレーションができている場合、銀行から融資を受けることができる可能性が格段に高くなるでしょう。

資金繰りを把握して適切な資金融資を受けよう

税理士による資金繰り支援では、現在の事業の状況を知ることで将来的な資金繰り計画を立てることができます。また、融資に前向きな銀行を探してくれる税理士もいるため、経営者の負担はかなり軽くなるでしょう。資金繰りについて、不安がある場合は一度相談をしてみてはいかがでしょうか?

ニューストピックスについて

今野真輔 税理士
この記事の監修者
今野真輔 税理士
【中小企業から宗教法人、スポーツ選手まで 海外進出のサポートも充実!】 みなさんこんにちは。代表の今野真輔(こんの しんすけ)です。 税理士として開業したきっかけは、税務署に務めていた際...

プロのコメント

三宅啓之 税理士
  • 三宅綜合会計事務所
  • 三宅啓之 税理士

簡単な資金繰り表を作成してみると、資金繰りの如何が分かってきます。月次で入ってくるお金と出て行くお金を整理していくと簡単に、資金繰りの状態が明らかになります。これをもとに融資の必要性を考えてみましょう。そうすることによって、銀行に対する説明力もアップしますね。

佐藤典哉 税理士
  • あけぼの会計
  • 佐藤典哉 税理士

会社を守るのは現金です。 そして、そのためには銀行からいかに好条件で融資を受けられるかがポイントとなります。 銀行交渉に自信がない方は、あけぼの会計までご連絡ください。

西田真由美 税理士
  • 西田真由美税理士事務所
  • 西田真由美 税理士

金融機関は、税理士が関与している先であれば、融資手続きを省略する場合があります。 なぜならば、そういった事業者は、日ごろから「資金繰り」も含め、自社の事業内容を税理士のアドバイスのもと、しっかり「把握」でき「説明」できると考えているからです。 また、「勘定あって、銭足らず」ということわざがあります。 明らかに、利益がなければ、銭足らずですが・・・ 「勘定あって、銭足らず」とは、利益は出ているのに、事業資金が足りない事。。。 そして、その原因をほおっておくと、あっという間に「勘定(=利益)」さえ、失うことになります。 ご自身の「銭足らず」が、どうやれば解消できるのか? 安易な銀行融資に頼るのではなく、経費削減や、売上の単価見直しなどで、まず、自力で銭足らずを解消をしましょう。 そして、余裕をもって、銀行融資もお考え下さい。 税理士は、税務申告だけではなく、本当に銭足らずなのかどうかなどのアドバイスもできますから、ぜひ、日ごろから顧問税理士と、情報交換されてくださいね。

もっと見る

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?
ぜひログインしてコメントを入れてください。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。

コメントする