融資を受けたいと思ったら、税理士の資金繰り支援を受けてみよう!

資金調達支援 > リスケ・銀行対策
資金調達支援 > 資金繰り支援
資金調達支援 > 創業融資・事業計画書
資金調達支援 > リスケ・銀行対策
資金調達支援 > 資金繰り支援
資金調達支援 > 創業融資・事業計画書

どのように魅力的で需要のある事業でも、資金がないと会社を運営することができません。そのため資金繰りは、経営者が頭を悩ませやすい課題と言えるでしょう。税理士に資金繰り支援を依頼することで、経営者の負担を軽くすることができます。

続きを読む
今野真輔 税理士
この記事の監修者
今野真輔税理士
【中小企業から宗教法人、スポーツ選手まで 海外進出のサポートも充実!】 みなさんこんにちは。代表の今野真輔(こんの しんすけ)です。 税理士として開業したきっかけは、税...

プロのコメント

久川秀則 税理士
  • 原・久川会計事務所(税理士法人)平塚橋事務所
  • 久川秀則税理士

銀行から融資を受けるということについては、急に思い立って、あたかも税理士が銀行に口利きするというようなイメージもありますが、現実はもっと地道なものです。 銀行に信頼してもらい、情報開示をして、銀行が融資をしやすい関係を作っていくこと、と言えます。 誠実に経営して、会社のお金をきちんと管理している経営者であれば、必ず、銀行と良い関係を作れますし、その過程で経営の品質や財務数値も向上していきます。 中小企業は成長のチャンスが有る時に、融資を受けて投資する、ということがしばしば必要になります。 ぜひ、資金調達のサポートが有る税理士と付き合いたいですね。

三宅啓之 税理士
  • 三宅綜合会計事務所
  • 三宅啓之税理士

簡単な資金繰り表を作成してみると、資金繰りの如何が分かってきます。月次で入ってくるお金と出て行くお金を整理していくと簡単に、資金繰りの状態が明らかになります。これをもとに融資の必要性を考えてみましょう。そうすることによって、銀行に対する説明力もアップしますね。

西田真由美 税理士

金融機関は、税理士が関与している先であれば、融資手続きを省略する場合があります。 なぜならば、そういった事業者は、日ごろから「資金繰り」も含め、自社の事業内容を税理士のアドバイスのもと、しっかり「把握」でき「説明」できると考えているからです。 また、「勘定あって、銭足らず」ということわざがあります。 明らかに、利益がなければ、銭足らずですが・・・ 「勘定あって、銭足らず」とは、利益は出ているのに、事業資金が足りない事。。。 そして、その原因をほおっておくと、あっという間に「勘定(=利益)」さえ、失うことになります。 ご自身の「銭足らず」が、どうやれば解消できるのか? 安易な銀行融資に頼るのではなく、経費削減や、売上の単価見直しなどで、まず、自力で銭足らずを解消をしましょう。 そして、余裕をもって、銀行融資もお考え下さい。 税理士は、税務申告だけではなく、本当に銭足らずなのかどうかなどのアドバイスもできますから、ぜひ、日ごろから顧問税理士と、情報交換されてくださいね。

もっと見る

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?
ぜひログインしてコメントを入れてください。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。

コメントする