財産整理や相続登記はすべて行政書士にまかせられる?

遺言・遺産相続 > 財産整理・相続登記
遺言・遺産相続 > 遺産分割協議
節税対策 > 相続税・生前分与
節税対策 > 相続税・生前分与
遺言・遺産相続 > 財産整理・相続登記
遺言・遺産相続 > 遺産分割協議
遺言・遺産相続 > 財産整理・相続登記
遺言・遺産相続 > 財産整理・相続登記
遺言・遺産相続 > 遺産分割協議

相続に関する財産整理や相続登記は、すべて行政書士に一任することができるのでしょうか?実は法律の専門家それぞれに、独占業務というものがあります。依頼内容によっては行政書士以外の専門家に依頼しなければならないこともあります。ここでは行政書士に依頼できない事柄についてどのようにすればいいのかを解説していきます。

続きを読む
岡部眞明 行政書士
この記事の監修者
岡部眞明行政書士
ひとりで抱えて、行き詰まっていませんか? 皇居近くに事務所を構える経営のパートナー! ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 「会社の...

プロのコメント

高島秀行 弁護士
  • 高島総合法律事務所
  • 高島秀行弁護士

相続については、弁護士に依頼すれば 争いがあってもなくても 依頼を受けることができます。 依頼を受ける範囲に制限もありません。 司法書士や行政書士は、相続に関し代理人として交渉をしたり 遺産分割調停をしたりすることはできません。 相続に関しては弁護士に相談し 依頼された方がよいと思います。

林哲広 行政書士
  • 行政書士林哲広事務所
  • 林哲広行政書士

高齢社会になって、資産の整理のニーズなど多く多様化しています。そして、仕事に当たっていると「資産の整理をしたいけど、誰に頼んだらいいの?」という話しをよく聞きます。相続登記で不動産の名義を変更したいのだけど、誰に頼んだらいいのか分からない、という話しです。この問題の原因の一つは、行政書士の業務範囲の説明が、顧客の方に説明されていないことです。ところで、私は、行政書士の業務範囲については、行政法の控除説の考えを利用して説明しています。つまり、行政書士の業務は、各士業の独占業務以外の業務であると。これ以上は、現在のところは説明することが出来ませんので、やはり、顧客の方へは基本に立ち返り、相続なら相続の仕事のサービスの充実に努めるしかないと思っています。具体的には、ワンストップ・サービスの活用が良いでしょう。士業の仕事について、顧客の方はうまく理解していないのが通常ですから、司法書士の先生や弁護士の先生方との連携を採ってておいて、敷居の一番低い(笑)行政書士が顧客の方の窓口になるという形で。ただ、この点は、遺産分割協議書などの行政書士の仕事においても効率性の点から大切なことです。行政書士の仕事について、そろそろその説明を放置せず、顧客の方に分かり易いように説明すべきときが来ているように思われます。残された時間は少ないと思います。

木原奈緒美 行政書士
  • 行政書士きはらなおみ事務所
  • 木原奈緒美行政書士

相続に関する業務を行政書士に一任できるかどうか・・・・・ 結論を言えば、「一任することは可能」です。 もちろん、各士業にはそれぞれ独占業務がありますから、行政書士が単独で、すべての業務を行うわけではありません。 例えば、相続登記なら司法書士さん、税関係は税理士さん、という具合に。 また、遺産分割で争いになってしまった場合には、行政書士はそこに立ち入ることはできません。そのような場合には弁護士さんにお願いすることになります。 一般の方にとって、どの士業がどういう業務を扱っているかということはわかりにくい部分です。 相続税、相続登記など、すべてお願いしたくて専門家のところへ行ったにもかかわらず、 「うちは〇〇は専門外でできないから…」 と追い返されてしまったとしたら、お客様は途方に暮れてしまいます。 行政書士に一任していただければ、行政書士の側で必要であればそれぞれの専門家に業務を振って手続きを進めます。 ですから、お客様が、それぞれの手続きに応じた専門家を新たに探したり、依頼したりする必要はありません。 誰に相談していいかわからない、ということがあれば、とりあえず行政書士に相談してみてはいかがでしょうか。 まれに自己の業務のみに専念し、他士業との連携をおろそかにしている行政書士の先生がいるかもしれません。 が、私をはじめ、こちらに登録されている行政書士の先生方であれば、相続業務を一任しても、適切に取りはからってくれるものと思います。

もっと見る

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?
ぜひログインしてコメントを入れてください。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。

コメントする