面倒なルーチンワークを軽量化!税理士による記帳代行とは?

経理・決算支援 > 決算書作成
経理・決算支援 > 記帳代行
経理・決算支援 > 経理指導・自計化
コンサルティング > 予算管理・業務改善
コンサルティング > 会計システム導入
節税対策 > 確定申告
経理・決算支援 > 決算書作成
経理・決算支援 > 記帳代行
経理・決算支援 > 経理指導・自計化
コンサルティング > 予算管理・業務改善
コンサルティング > 会計システム導入
このエントリーをはてなブックマークに追加

経理業務は意外と煩雑です。毎日たくさんの伝票を記帳していると、それだけで時間がかかってしまう場合があります。従業員がいない場合や、少人数で会社経営をしている場合は、記帳代行を依頼すると業務を簡素化させることができるんです!

続きを読む

毎日の簿記業務は意外に面倒

経理業務というのは、日々の積み重ねの業務とも呼ばれています。売上や仕入れの計上、備品の購入、交通費の精算など、さまざまな場面で記帳を行う必要があります。個人事業主のような小さな会社であっても、意外なほどに記帳する件数は多いです。毎日しっかり帳簿を合わせておかないと、月次決算はもちろんのこと、年度末の決算を行う際に正確な利益や資産がわからなくなってしまい、確定申告に影響を与えてしまいます。

正確な帳簿を作るためには、経営者一人ではとても時間を作ることができませんし、経理担当を1人雇用したとしても、負担はかなりのものになるでしょう。そのため、個人事業主において、日々の帳簿記帳を自身で行うのは非常に非効率であるといえます。

記帳代行とはどのようなものか?

そのような面倒な帳簿は、記帳代行というサービスによってさまざまな業者に依頼することができます。記帳代行は経理業務の一環であることから、真っ先に思いつくのは税理士だと思います。しかし、記帳自体は特別な税務知識が無くても作業を行うことができます。そのため、主に次のようなところへ依頼することができます。

・税理士

・行政書士

・記帳代行サービスを行っている企業

記帳代行を外部に委託をすると、主に次のようなことを任せることができるようになります。

・毎月発生した領収書や取引先との請求書、通帳のコピーなどを渡すことで、1か月ごとの記帳をしてもらうことができる。

・記帳を行うことで出来る合計残高試算表や、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書などの月次決算資料を作ってもらうことができる。

・作成した資料について、万が一誤りがあった場合は、すぐに修正をしてもらうことができる。

その他にも、年間の帳簿を作成することから、確定申告に必要な資料を作ってもらうことができる可能性もありますので、依頼しようと思っている業者に確認をするようにしましょう。

記帳代行を行う上でのメリット

個人事業主が、外部に記帳代行を依頼することで得ることができるメリットは3つあります。

個人事業主の経営者にとって、記帳代行をする1つ目のメリットは本業に力を入れることができるという事です。毎日のコツコツとした作業を自分で行っていると、大事な商談のチャンスを逃してしまう可能性があります。日々の記帳業務のことを気にせずに本業に専念することができるので、業績アップの可能性が見えてきます。

2つ目のメリットとしては、経営状況の把握が簡単になるという事です。記帳に必要な情報を渡すだけで、後は自動的に月次決算資料を作成してもらうことができます。それによって、自分の会社の経営状態や、財務状態などをすぐに把握することができ、対策を練ることができるようになります。

そして、3つ目のメリットは、節税の機会を見出すことができるという事です。外部業者によっては、記帳や月次資料を作ることでその会社の経営状況が見えてくるため、簡単なコンサルティングサービスがオプションでついていることがあります。会社の中に身を置いているだけではわからない問題点や、節税のチャンスを第三者の目線で見てもらうことができます。

税理士に依頼したほうが得か損か

先にご紹介したように、記帳代行は税理士を始めさまざまな委託先があります。その中でも、税理士に依頼をすることで受けられるメリットも存在しています。

税理士に記帳代行をする最大のメリットは、決算における申告業務も同時にお願いすることができるという事です。そのほかの業者に記帳代行を依頼した場合、決算における確定申告書は、自分自身で作らなければならないケースが多いです。そして、申告作業も自身で行わなければならなくなります。

申告書の作成から提出までも行うためには、税理士資格が必要となります。そのため、申告業務まで依頼するためには、税理士である必要があるのです。もちろん、記帳代行とは別に追加費用が掛かります。しかし、申告業務は記帳代行以上に骨が折れる作業です。税務の知識も必要となってくることから、経営者の負担を減らすためにも同じように依頼したほうが良い場合もあるでしょう。

また、記帳代行を請け負う税理士によっては、申告書作成と同時に契約をすることで、割引を受けることができる場合もあります。一度検討している税理士に相談をしてみるとよいでしょう。

記帳代行で事務作業を楽にしよう

毎日の面倒な記帳代行を外部に委託することで、経営者の負担はかなり軽くなるでしょう。記帳代行を税理士に委託することで、年度末の申告書作成作業を同時に依頼することも可能となっています。事務作業を少しでも楽にして、本業に専念することができるような環境を作るようにしていきましょう。

ニューストピックスについて

今野真輔 税理士
この記事の監修者
今野真輔 税理士
【中小企業から宗教法人、スポーツ選手まで 海外進出のサポートも充実!】 みなさんこんにちは。代表の今野真輔(こんの しんすけ)です。 税理士として開業したきっかけは、税務署に務めていた際...

プロのコメント

三宅啓之 税理士
  • 三宅綜合会計事務所
  • 三宅啓之 税理士

記帳代行を依頼するデメリットも考えておいたほうがいいでしょう。 1.月次の収支を速やかに把握することができないということ。これは、記帳代行を依頼している場合、どうしても月次試算表(月次の収支を示すもの)の提供を受けるのに時間がかかってしまうからです。 2.簿記の知識は、経営に役立つということ。これは、簿記の知識を持つことによって、損益感覚を磨くことができるということです。記帳代行をしてしまうことで、経営感覚を磨くチャンスを失ってしまうということです。 3.節税のタイミングを逃してしまうリスクがあるということです。これは、月次試算表の提供を受けていても、その見方を理解していないと、結局節税対策がうまくいかないということです。 本業に専念できるメリットがあるものの、そのデメリットについても理解したうえで、記帳代行を依頼するかしないかを判断しても遅くないと思います。

西田真由美 税理士
  • 西田真由美税理士事務所
  • 西田真由美 税理士

記帳って面倒ですよね・・・。私も自分で自分の記帳作業をしていますので、皆さんがどれほど面倒だと思っておられるかよくわかります。 皆さんも、きっと、日々の記帳をしている中で・・・ ☆誰かほかの人にしてもらいたい・・・ ☆従業員にはお願いしづらいので、家族に頼みたいが経験がない ☆そもそも!何から始めたらいいかわからない(><) と、思われたこともあるのではないでしょうか? だからと言って、安易に記帳代行を依頼して、税理士事務所や記帳代行サービス会社に丸投げし、旬の過ぎた2,3ケ月後に、過去の業務実績をよくわからない数字の羅列の試算表で知る・・・。 それこそ、お金をどぶに捨てるぐらい「ナンセンス!!」です!! 記帳代行を丸投げすれば、自社の経営状態の結果を知る機会がかなり先延ばしされたり、結果、理解しないまま決算と税務申告を迎える可能性もあります。 弊事務所では、できる限り記帳代行を請け負うのではなく、自社で経理処理がスムーズに出来るよう「クライアントごとにカスタマイズした」サポートさせていただいております。 記帳をする目的は「自社の経営状態を記録し、把握し、対策を取る」ことにあります。 そして、それを「タイムラグなしに」達成するためには、『丸投げの記帳代行』ではなく『自社でまず作成した帳面』を作るということが必要です。 みなさんが、煩雑な「作業」を、大切な「仕事」と感じてもらえるようにする! それが、中小企業の良きパートナーとしての税理士の立ち位置と考えておりますので、お気軽にご相談ください。 ※なお、弊事務所でも、会計ソフトなどへの「入力作業」はお受けいたしております。

もっと見る

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?
ぜひログインしてコメントを入れてください。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。

コメントする