解決したい借金問題!多重債務整理は弁護士に相談しよう!

借金・債務整理

借金があって返済に追われていると、毎日の生活も苦しくなります。また、債権者への支払いが滞ると督促が来てしまうため、精神的にも圧迫されてしまいます。こんなときには、債務整理をすると、非常に効果的に解決することができます。自分一人で債務整理を成功させるのは困難なので、弁護士に依頼する必要性が高いのです。今回は、多重債務整理を弁護士に依頼すべき理由を説明します。

債務整理すると、借金問題を解決できる!

借金問題を抱えていると、毎日が非常に苦しいものです。毎月の返済日が近づくと、返済のプレッシャーがかかりますし、返済が遅れると債権者からの督促も来てしまいます。借金問題を家族に秘密にしている人もいるでしょう。

こんなときには、債務整理(多重債務整理)をすると、問題を嘘のように解決できます。

たとえば、任意整理によって借金の利息をなくしてもらえば月々の返済の負担が小さくなりますし、個人再生をすると、借金を5分の1などに減らしてもらえます。自己破産をしたら、借金が0になるので返済は不要になります。

どのようなケースでも、自分の状況に応じた適切な債務整理の手続を利用すると、借金問題を解決できるのです。借金をかかえているなら、早めに債務整理をすることが何よりの得策です。

弁護士に依頼すると、有利に交渉をしてもらえる

債務整理をしたら借金問題を解決できると言われても、具体的にどうしたらいいの?と疑問に思う方がいるかもしれません。債務整理をするときには、弁護士に手続を依頼すべきです。

弁護士に依頼すると、いろいろなメリットがあります。まずは、債権者と有利に交渉をすすめることができることが挙げられます。債務整理の中でも「任意整理」という方法があります。これは、債権者と直接交渉をして、借金の返済額や返済方法を決め直し、和解する手続きです。ただ、任意整理をするときには、サラ金などの債権者と直接話し合いをして、借金の減額交渉をしなければならないのです。このようなことは、借金している本人には難しいですし、自分で交渉をすると、相手に言いくるめられてしまうおそれもあります。たとえば、自分で交渉をしていたら、借金の利息のカットに応じてもらえなかったり、返済期間を短くされたりして、返済総額や月々の返済額を上げられてしまうおそれもあります。

ここで、弁護士に依頼すると、プロの交渉術で有利に話し合いをすすめてくれるので、返済条件を楽にしてもらえます。

弁護士に、手続きを全部まかせられる

債務整理の手続きは、非常に大変で手間がかかります。

個人再生や自己破産は裁判所を使った手続きなので、膨大な種類の必要書類がありますし、作成しないといけない書類もたくさんあります。面倒な計算が必要なこともありますし、専門的な手続きもあります。このようなことは、個人の債務者が自分で進めるのは難しいです。自分で進めようとしても、書類の揃え方と申し立て方法すらわからなくて挫折してしまうのが関の山です。

ここで弁護士に手続を依頼すると、必要書類の揃え方についてアドバイスを受けられます。また、書類作成や申し立て、裁判所とのやりとりや面倒な計算など、すべての手続きを代行してくれます。そして、依頼者は何もしなくても済みます。このように、手続きの全てを任せられるのも、弁護士に依頼する大きなメリットの1つです。

周囲に秘密にできる

借金をしている人は、周囲に秘密にしていることが多いです。家族にすら秘密にしていることもよくあります。「妻や夫に借金がバレたら離婚される!」と心配していることもあるでしょう。しかし、債務整理を自分ですすめると、周囲にバレる可能性が高いです。

債務整理をするときには、債権者や裁判所とのやり取りが必要になります。そこで、債権者から次々に大量の書類が届きますし、電話もかかってきます。裁判所からも文書等で連絡が来ます。こういった文書類を家族に見られたら、債務整理を隠し通すことは困難です。ここで弁護士に依頼すると、債権者からの書類は一切届かなくなります。貸金業法という法律により、弁護士が介入した後は、債権者は債務者に対し、直接督促をしてはならないことになっているためです。もちろん、裁判所とのやり取りも、弁護士がすべて代行してくれます。

このように、弁護士に依頼すると、債権者や裁判所から自分宛に連絡が来なくなるので、家族に借金や債務整理の事実がバレる可能性が少なくなります。あとは、弁護士とのやり取りの方法にさえ工夫をしたら、自分で手続きを行うよりも、夫や妻に知られないまま自己破産できる可能性が高くなります。

まとめ

今回は、多重債務者が弁護士に依頼して債務整理をするメリットについて、解説しました。多重債務状態の場合、早めに債務整理をすることがベストな解決方法となります。しかし、債務整理は専門的な手続きなので、弁護士に依頼する必要性が高いです。また、弁護士に依頼することで、家族や周囲に知られずに借金問題を解決できる可能性が高くなります。

今、借金問題に苦しんでいるなら、早めに弁護士に依頼して債務整理を行いましょう。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

高谷滋樹 弁護士
  • 都総合法律事務所
  • 高谷滋樹弁護士

借金、過払金の相談対応は、弁護士のみが代理人として担当できることは強調しておきます。 司法書士には、担当できません。御注意ください。 弁護士が、お手伝いいたします!! http://h-law.osaka.jp/ フィリピンのことなら フィリピンセンター http://p-center.net/ フィリピン企業情報館 http://p-toukibo.com/ ビザ取得 外国人雇用 技能実習生 入管どっとコム http://nyuukan.com/

荻原正樹 司法書士
  • 司法書士おぎわら相続登記事務所秋田
  • 荻原正樹司法書士

簡易裁判所代理権の認定を受けている司法書士は、簡易裁判所管轄の範囲内においては、債務整理・過払請求等の代理人となることができます。 また、司法書士は、地方裁判所が管轄裁判所となる場合においても書類作成等においてご依頼をお受けすることが可能です。 手続きの詳細につきましては、司法書士おぎわら相続登記事務所秋田までご相談ください。

コメントする

この記事の監修者

【20年以上の豊富な経験と知識! そのお悩みに充実のサービスとサポートを】 弁護士もサービス業の1つと考え、 当たり前のことではありますが、ご依頼者様に簡潔にわかりや...