スナック開業に必要な許可は?接待の有無と営業時間がポイントに

各種許認可申請

ブーム再来と言われているスナック。定年後、もしくは脱サラしてスナックを始めたいと考える人も多いですが、ルールが細かく規定されていることをご存知でしょうか。詳細を確認しておかないと、知らないうちに違法行為となる可能性も。ここではスナック開業にあたって、知っておくべき基本的な知識やルール、取得すべき営業許可・資格について解説していきます。

一般的なスナックは「風営適正化法」の対象

「スナック」というとカウンターがあってお酒が飲める場所というイメージです。「バー」ともよく似ていますが、店員が接待をする、カラオケを楽しむ、客同士の会話を楽しむという特徴があります。

このような「接待」が主なサービスの飲食店の場合、風俗営業の1号営業に区分されています。ちなみに1号営業と2号営業の差は、いわゆる「接待」のあるなしで区別され、かつ低照度飲食店である場合に2号営業となります。

いずれにしても風俗営業であり、「風営適正化法」の対象となります。2号営業の場合は、 営業時間は原則深夜0時まで、ダンスをする踊り場がないなどの規定があります。ただし住宅集合地域からの距離が20メートル以上離れている場合で、営業延長許容地域の範囲内では午前1時までの営業が許可されています。

スナックの業態で無許可営業をした場合には、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金が科せられます。

スナック開業に必要な営業許可・資格の種類

スナック開業にあたり、必要となる許認可は「風俗営業許可」と「食品営業許可」の2種類があります。

風俗営業許可とは

風俗営業の許可を取るためには許可申請書に必要書類を添えて、管轄の警察署に提出します。申請に先立ち、風俗営業の基準に沿った内装工事をしておかなければなりません。添付する書類としては、営業の方法を記載した書類、賃貸契約書、登記事項証明書、店舗平面図、店舗周囲の略図のほか、個人の場合は住民票の写しや自治体から発行される身分証明書が必要です。法人の場合には定款や登記事項証明書、役員の各種情報が必要となります。

食品営業許可とは

酒類や食品を提供するためには、食品営業許可が必要です。管轄する保健所に、営業許可申請書と必要書類を提出します。スナック開業についての資格は特にありませんが、食品を提供する際には1店舗につき1人の食品衛生責任者を置かなければなりません。調理師、栄養士などの資格がない場合には、食品衛生協会で6時間の講習を受ければ取得ができます。

防火管理者も必要

スタッフを含めて30人以上収容する場合には、防火管理者の配置が義務づけられています。防火管理者が必要な場合は、消防署などで1~2日講習を受けます。

深夜0時以降も営業できる?

深夜0時以降も営業を希望する場合には、「深夜酒類提供飲食店営業」の届出が必要になります。深夜酒類提供飲食店営業については、最寄りの警察を通して公安委員会に届出します。

風俗営業と深夜酒類提供飲食店営業の違い

大きな違いは「一切の接待をしてはならない」という点です。深夜酒類提供飲食店営業の場合はカウンターを出て客の相手をしてはならず、カラオケのデュエットや手拍子もできません。風俗営業の場合は接待行為ができますが、深夜0時以降の営業はできません。

「風俗営業」と「深夜酒類提供飲食店営業」の両方を取得することは、原則できません。明確な規定はありませんが、2つの業態を両立させるのは現実的ではないと考えられます。

風俗営業では問題とされない行為でも、深夜酒類提供飲食店営業では違法行為となります。カラオケを設置していても、深夜酒類提供飲食店営業の場合には曲を入れる程度でそれ以降はノータッチ状態でなければ法律に違反します。違法行為とみなされると「風俗営業の無許可」として、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金の対象となります。

スナックの営業許可に関する注意点

スナック開業に関する許可申請には、特に資格は要りませんが申請者の状況によっては許可されない場合があります。

例えば破産者で復権をしていない、1年以上の懲役もしくは禁錮刑を受けたかまたは風営法で定められた罪に対する執行から5年以上経過していない、暴力行為に常習性がある、アルコール、麻薬、覚せい剤の中毒者などは申請ができないか、判明した場合に即時却下となります。また、以前に風俗営業の許可が取り消しされている場合には、5年以上経過しないと再度の申請はできません。

自分が考えるスナックの営業の業態と、営業許可の内容をよく確認しておかなければ、開業後に違法となる可能性もあります。同じスナックでもスタッフの人数や店の規模、営業時間などによってさまざまな形態が考えられます。しっかりとプランを検討し、店に適合する許認可取得や届出を行うことが大切です。

スナック開業の際は行政書士に相談を

一見、小規模なスナックならば簡単に開業できそうですが、夜の仕事に関する法律は非常に複雑です。届出や申請書類は作成できても、実際の営業実態と少しでも違っていれば、順調な経営を継続できません。ひとつ間違えれば違法行為とみなされ、閉店を余儀なくされる可能性もあります。開業を考えた時点から行政書士に相談し、店の方向性から必要となる許認可をしっかりと確認していくことをおすすめします。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

山栄大幸 社会保険労務士
  • 労働者派遣申請代行センター
  • 山栄大幸社会保険労務士

スナックの開業には、風俗営業の許可申請が必要になります。 地元の公安委員会が監督官庁になります。 風俗営業許可申請は、許可申請書や計画書にCADの平面図や立面図や側面図の添付も必要になりますし、定款の事業目的の中に、風俗営業法における風俗営業が入っている必要が有ります。 また深夜営業を行う店に対しては、深夜に酒を出す届出が更に必要になります。 また深夜営業を行う際には、都市計画法における商業地域と準商業地域と工業地域に限られてきますので、事前に不動産業者か地元の市役所の都市計画課に相談される事をお薦め致します。

岡村陽造 行政書士
  • 岡村陽造事務所
  • 岡村陽造行政書士

トピックスではスナック営業を風俗営業と捉えていますが、それは大きな間違いであって、喫茶店と何ら変わりはありません。ただ最近では営業上、風俗営業かと思えるほどに接待(カラオケを一緒に歌う。ダンスをする。横に侍る。)が見受けられますが、これらの行為は原則違法行為(風営法)に抵触します。厳密に法律を適応すればタバコの火をつける。お酌をする、等の行為も特定の人に対する接待として禁じられています。また、12時以降もお酒等を出す場合はトピックスにあるように深夜酒類提供飲食店営業の届出をしなければなりません。その際は比較的詳細な図面が必要となりますので、行政書士など専門家に依頼される方が良いでしょう。スナックの営業許可では風俗営業許可に求められるほどの詳細な図面は要りませんが、酒類提供の届出を考えていらっしゃるようでしたら、酒類提供の図面をそのまま使われればベストかと考えます。資格云々については食品衛生士だけでも十分に営業できますので、調理師等の免許については追々取得されても良いのではないでしょうか。風俗営業か単なる飲食業なのかの境目の見方をお教えします。日本政策金融公庫国民事業を始めとする公的融資の対象となるかどうかで判断してください。公的融資は基本、風俗営業への融資はしておりませんので。 但し、入国管理法上ではスナックも風俗営業として捉えていますので その点は頭の中に入れておくべきでしょう。

明石勝 行政書士
  • 明石 勝 行政書士事務所
  • 明石勝行政書士

風俗営業許可申請は、このニューストピックスに書かれている内容より遥かに複雑で、難解な作業を必要とします。人的要件、場所的要件、構造的要件などをクリアして、図面作成、立会い検査も行われます。都道府県別はもちろん、各警察署単位で細かく見解がわかれるルールも存在します。保全対象施設に関しても、慎重な現地調査が必要になりますし、開店までのスケジュールを考えますと許可されるまでの日数も気になることと思います。深夜酒類提供飲食店営業届出もほぼ同じ要件が求められます。悩む前に専門家にご相談されることをおススメします。

コメントする

この記事の監修者

はじめまして、行政書士の遠山智弘(とおやま ともひろ)です。 行政書士は官公署(役所など)に提出する書類作成の代行をはじめ、契約書や遺言書作成のプロです。 建設業許可申請や...