新米経営者の必須知識!決算申告の流れとポイントを紹介!

経理・決算支援

会社を経営しているのであれば、決算申告は必ず行わなければなりません。決算報告を行わないと「無申告加算税」が課税されてしまったり、新規の融資を受けることもできなくなったりするからです。このように、決算申告は行わないと自社に損害を与えることもありますが、逆にきちんとした申告をすることで自社にとってメリットになることもあります。どのようなメリットがあるのでしょうか。

決算申告はなぜ必要?

決算申告はなぜ必要なのでしょうか。もちろん、一部の非課税団体を除いては株式会社や有限会社といった会社の形態に関わらず、法人である以上、法人税や事業税などを納めなければなりません。このような納税する金額を適正に把握するためにも決算申告は必要になりますが、会社の経営者という観点から考えると決算報告書を作成することはこれ以上に大きな意味を持つことがあります。

それは「ある事業年度において得た会社の損益を適正に把握することができる」ということです。決算申告をする際には、会社の資産を表す「貸借対照表」、その年の純利益を計算するための「損益計算書」など様々な書類が必要となります。このような書類を作成することで、現在会社にどの程度の資産が残っているか、決算を行った年度は黒字であったのか、赤字になってしまっていたのかを知ることが可能です。

会社の経営者である以上、企業の体力がどの程度残っているかを把握しておくことは、設備投資など企業価値を高めるための投資を行うかどうかを判断するための材料になります。このような情報を知らずに経営を行ってしまうと、順調だと思っていた経営が「実は火の車だった」なんてことになりかねません。会社の現在位置を正確に知るためにも、決算申告は重要だといえるのです。

決算申告に必要な書類とは

決算申告には様々な書類が必要です。代表的なものとしては「総勘定元帳」や「決算報告書」といった自社の営業状況を記載しておくものから、「法人税申告書」や「消費税申告書」など納税に必要なものもあります。また、これらの書類の裏付けとなる領収書も当然必要です。

総勘定元帳とは、会計年度に行われた取引や経理処理をすべて記録してある帳簿のことです。他の帳簿の元となるべき帳簿ですので、取引が頻繁にある企業だとかなりのページ数になることがあります。決算報告書とは、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書などからなる報告書で、その企業の1年間の収益や預貯金や土地などの資産や負債がどの程度残っているかを報告書類です。

総勘定元帳や決算報告書が会社の経営状態を表し、どの程度の納税額が適正かを図るためのものであるのに対して、法人税申告書や消費税申告書といった書類は単に税務署への申告をする際に用いる書類です。単に申告するだけとはいっても、取引の多い企業であればかなりのページ数になりますので、全く知識もない素人が作成することは難しいでしょう。

決算申告の流れ5つのステップ

決算申告は5つのステップから成り立ちます。まずは申告書を作成するための準備として決算整理を行います。決算整理とは、それまでに行われてきた経理の確認が主で、残高試算表の作成や日々の取引状況の整理です。この決算整理は軽視されがちですが非常に重要で、ここの数字が間違っていると、後からどこが間違っているか探すのに苦労します。

決算整理が終了したら、次に青色申告書の作成業務を行います。青色申告書はその年度の利益から損金を引いた金額を算出することで、納税額の元となる利益額を算出します。そして、青色申告書を作成することによって算出された当年度の利益金額を元に、各種の控除額や前年度以前の欠損金などを加味して納税額を計算するものが、確定申告書です。その確定申告書を税務署に提出し、審査をクリアすれば後日税金を納付するという流れになっています。

日常が忙しすぎて… それなら士業に相談を!

決算申告を行うためには多くの手続きや書類の作成をする必要があります。また、それぞれの手続きや書類の作成は専門的なものが多く、特になれないうちは多くの時間がかかってしまうことがあるのです。このような負担を軽減するためには、専門的に行っている士業を活用することが有効といえます。実際に依頼するためには、もちろん費用がかかりますが、決算申告などのような複雑な手続きを行うことの人件費を考えるとかえって安く済むこともあります。さらに、このような事柄を専門的に扱っている人たちの元には様々な情報が集まっていることが多く、節税対策や他の経営者の話など、自社で決算申告を行っているのでは聞けないようなアドバイスを受けることが可能です。

「士業に相談してみたいけど、どこに相談したらいいかわからない」という人は、インターネット上で自分に合った士業を簡単に検索することもできますので、とりあえず相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

決算申告は単に税金を納めるだけのものではありません。きちんとした決算申告を行うことによって、経営者が自社の経営状態を知ることができるというメリットもあるのです。忙しくて自社でする余力がないという人は士業に相談してみてはいかがでしょうか。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

三宅啓之 税理士
  • 三宅綜合会計事務所
  • 三宅啓之税理士

決算業務は、1年間の事業の成果をまとめて、翌年の事業に役立てるものです。ですので、税金のためと捉えると非常にもったいありません。 決算の中で見えてくる事業の問題点をきちんと把握して置くことが重要です。 税金対策も重要ですが、それによって事業の問題点を作ってしまったり、先送りしたりしてしまうのは、本末転倒です。 私の事務所では、まず事業のあり方からご相談をさせていただき、それに加えて税務対策も一緒に考えていきます。

西田真由美 税理士

「決算」は誰のためにするのか?「決算書」は何のために作成するのか? 単に「税務署」に「税務申告」をするためだけに作成するなんて、思っておられませんか? 「決算」は、株主から委任された経営者が責任をもって、株主に1年間の経営の成果を報告するために、「決算書」を作成して報告するために行う、「重要な作業」です。 税務申告は、その「決算書」を利用し、日本の税法に従って、納税の義務を果たすだけのこと。。。 「決算の目的」は、経営者ご自身が「この1年間どれだけがんばったか?」ということを明らかにするということなのです。 税務申告はその次のお話し・・・。 かといって?「決算書」の内容によっては、、、 もっと言えば、日々の帳面の作成のやり方によっては、、、 来期の経営に大きく関わるぐらいの「多大な納税義務」が発生するかもしれません!! そこを回避するためには?どうすればいいのか?? こたえはシンプルです。 タイムリーに、 「月次決算=試算表を作成する。」 試算表を作成するには?日々の経理業務を「簡単」にこなしていく。 弊事務所では、各クライアント毎に「カスタマイズした月次処理」をご提案し、企業や個人事業主の経理に関する「作業効率の向上」をサポートさせていただいております。 面倒な作業を、楽しい作業に変えてみませんか?

コメントする