女性が活躍できる職場をつくって助成金をもらおう!

教育研修
助成金・補助金

2016年4月に施行された女性活躍推進法によって、女性が活躍できる職場づくりに関する取り組みが始まっています。積極的に取り組むことで受給可能な助成金もあり、女性の職場での活躍をサポートしています。ここでは、両立支援等助成金のなかでも「女性活躍加速化コース」について、詳しく解説していきます。

女性活躍推進法の目的

2016年4月に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が施行されました。聞きなれないという方も多いですが、一般的には「女性活躍推進法」という略称が用いられています。労働力不足といわれている現代において、労働力をどう確保するかが重要な問題です。一方で、日本には働きたくても働けない女性が約300万人存在しているといわれています。その女性たちが高い能力を発揮して働ける環境づくりをめざして、この法律が施行されました。

現在、出産・育児などで離職する女性も多く、育児後に再就職する際はアルバイトやパートという雇用形態を選択する場合も多いです。もちろん、アルバイトやパートで問題ないとしている女性もいますが、中には再び正社員として雇用されたいと考える女性は少なくありません。それらの女性たちが正社員に就くことができる環境を作ることが重要だとされています。

さらに、日本の企業における女性管理職の割合は、1割程度とされており、国際社会の中でもかなり低い水準であることも問題視されています。

両立支援等助成金の女性活躍加速化コース

女性活躍を促進するために、「両立支援等助成金」が整備されました。特に女性が活躍できる職場づくりに対しての取り組みを助成するのが「女性活躍加速化コース」です。ほかにも「育児休業等支援コース」「事業所内保育施設コース」などいくつかのコースがあり、それぞれの要件を達成することで助成金を受け取ることができます。

「女性活躍加速化コース」では、女性活躍推進法に基づいて、女性の活躍に関する「数値目標」と「行動計画」を策定し、目標を達成した事業主に最大36万円が支給されるものです。「加速化Aコース」と行動計画を「女性の活躍推進企業データベース」に公表することの2つのコースが用意されています。

「加速化Aコース」対象となるのは、常時雇用する労働者が300人以下の中小企業で、以下の要件をすべて満たす必要があります。

・自社の女性活躍の課題を踏まえ、数値目標を盛り込んだ事業主計画を策定

・計画を都道府県労働局長へ届け出、労働者に周知する

・長時間労働是正などの働き方改革に関する取組を行う

・行動計画を「女性の活躍推進企業データベース」に公表する

・行動計画の取組目標を計画期間内に達成する

「加速化Nコース」へ申請する場合は、上記に加えて、さらに以下の条件を満たさなければなりません。

・取組目標の達成から3年以内に数値目標を達成する

・さらに助成金支給申請日までその状数値目標を達成したこと

※大企業は女性管理職比率が業界平均の1.3倍以上に上昇することが必要

助成金を受けるための手続きの流れ

両立支援等助成金の女性活躍加速化コースの助成金を受けるためには、次の4つのステップをクリアしていく必要があります。

・自社の女性の活躍状況を分析

・自社の課題を解決するための行動計画を策定する

・行動期間内に取組目標を達成して実施状況を公表する

・加速化AコースもしくはNコースを選択して申請をする

行動計画としては、女性活躍推進法に沿った内容であり、計画期間や数値目標、取組目標、実施期間を明確に盛り込む必要があります。また、長時間労働に関する対策や、雇用をする労働者についてしっかりと周知しなければなりません。そして、策定した行動計画や女性活躍情報を「女性の活躍推進企業データベース」サイトに公表、そして所轄の労働局に対して「行動計画策定届」を提出するのを忘れないようにしましょう。

また、Aコースをクリアした後は、Nコースにも挑戦することができます。数値目標の達成内容について、「女性の活躍推進企業データベース」サイトへのアップをしたうえで、数値目標達成と女性活躍推進法における認定を受けることで助成金を受け取ることができます。

助成金を申請できる期間は、どちらのコースも行動計画の取組目標の達成日、または数値目標の達成日の翌日から起算して2ヶ月以内となっています。忘れないように申請するようにしましょう。

目標を立てる際の注意点とは

両立支援等助成金の女性活躍加速化コースの助成金を受けるためには、次の4つのステップをクリアしていく必要があります。

・自社の女性の活躍状況を分析

・自社の課題を解決するための行動計画を策定する

・行動期間内に取組目標を達成して実施状況を公表する

・加速化AコースもしくはNコースを選択して申請をする

行動計画としては、女性活躍推進法に沿った内容であり、計画期間や数値目標、取組目標、実施期間を明確に盛り込む必要があります。また、長時間労働に関する対策や、雇用をする労働者についてしっかりと周知しなければなりません。そして、策定した行動計画や女性活躍情報を「女性の活躍推進企業データベース」サイトに公表、そして所轄の労働局に対して「行動計画策定届」を提出するのを忘れないようにしましょう。

また、Aコースをクリアした後は、Nコースにも挑戦することができます。数値目標の達成内容について、「女性の活躍推進企業データベース」サイトへのアップをしたうえで、数値目標達成と女性活躍推進法における認定を受けることで助成金を受け取ることができます。

助成金を申請できる期間は、どちらのコースも行動計画の取組目標の達成日、または数値目標の達成日の翌日から起算して2ヶ月以内となっています。忘れないように申請するようにしましょう。

目標設定に迷ったら専門家に相談を

両立支援等助成金の「女性活躍加速化コース」では、取組目標も数値目標も、どのような目標を設定するかは会社にゆだねられています。例えば「一般職から総合職への転換」「女性の少ない職種で女性の比率を30%まで引き上げる」など具体的な目標を設定する必要となります。専門家である社会保険労務士と相談をしながら、どのような目標設定をする必要があるのかを検討していくようにしましょう。

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

この記事の監修者

【池袋駅から徒歩4分】社会保険労務士として、経営者様の「右腕」として、人事労務や社会保険に限らず、さまざまなお悩みを承っております!労務管理サポートや社会保険手続きのアウトソーシン...

プロのコメント

山栄大幸 社会保険労務士
  • 労働者派遣申請代行センター
  • 山栄大幸社会保険労務士

私の方も、最近、両立等支援助成金の問い合わせを、よく受けますが、私は、育児休業等支援コースを基本的に事業所様に薦めております。 育児休業等支援コースでは、<育児取得時・職場復帰時>と<職場支援加算>の組み合わせ及び、<育児取得時・職場復帰時>と<代替要員確保時>を併用して申請が可能になります。 <育児取得時・職場復帰時>と<職場支援加算>は、育児休業を取得される従業員に対して育児復帰支援プランを作成、更には産休・育児復帰面談支援シート<休業前>の作成も必要になります。 育児休業から3カ月の経過時及び育児休業からの職場復帰後の6か月経過時に支給申請ができますが、その前に就業規則の個別規程である育児介護休業規程の整備や次世代育成支援対策法に基づく一般事業主行動計画の策定が必要になって参ります。 就業規則の個別規程である育児介護休業規程は、支給申請時の添付書類として、提出が必要になりますので、昨年の10月改定の育児介護休業法の内容に焦点を合わせて改訂を行い、監督署に届け出る作業から必要になって参ります。 勿論、育児介護休業から職場復帰する旨の規定を入念にチェックされることをお薦め致します。

大塚訓 社会保険労務士
  • 株式会社オフィース・オークン
  • 大塚訓社会保険労務士

東京都内の企業様は、従業員の育児・介護と仕事の両立支援、非正規労働者の処遇等の改善に取り組む中小企業の皆様を応援するため、「東京都中小企業雇用環境整備推進奨励金」の活用の可能性があります。ただし、申請にあたっては事前エントリーが必要です。 https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/kaizen/koyoukankyo/shourei/ 上手くエントリーが通ればと思います。

経営者・オーナーの方へ

経営のお悩みを無料で専門家に一括相談!

  • 5000人の士業から条件にあった士業を自動選択!
  • 一括見積りで費用と対応を比較可能!
  • まとめて依頼できるから、あなたのお悩みをスピーディに解決!
無料で一括相談・見積りする

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?

  • サイト内各所投稿数ランキングに、貴事務所が表示されるようになります。
  • 自分のページの情報量も増えて、より上位に表示されるようになります。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。
コメントする