失敗しない公認会計士の選び方・探し方

経理・決算支援
資金調達支援
国際税務
コンサルティング
節税対策
会計監査

いざ、公認会計士を探そうと思い立ったとき、例えば近所で看板を出している公認会計士、インターネット上のサイトで紹介されている公認会計士など、具体的にどのように探して選べばよいのでしょうか。特にこれから上場を目指す企業の場合、公認会計士に監査業務を依頼する必要があります。公認会計士を選ぶときのポイントについて解説します。

公認会計士を探す方法

公認会計士を探す方法として、

1.知人の紹介してくれた公認会計士を選ぶ

2.近所で看板を出している公認会計士を選ぶ

3.インターネット上のサイトで紹介している公認会計士や、公認会計士紹介サービスを利用して、公認会計士を選ぶ

上記、大きく3つの方法が考えられます。以下では、それぞれについてのメリット・デメリットを解説します。

探し方によってはメリットとデメリットがある

「知人の紹介してくれた公認会計士を選ぶ」方法は、知人も仕事上の付き合いがある場合など、一定の信頼関係が当初から間接的にある上、その公認会計士の人となりやスキルが事前にある程度把握することができます。一方、自分にとって適している公認会計士かどうかはまた別の話であり、紹介してもらった末に馬が合わないこともありうるため、安易に紹介だけで選ばないようにするべきでしょう。

「近所で看板を出している公認会計士を選ぶ」方法もあります。何より困った時、すぐに駆けつけてくれる距離の近さはメリットであり、会社の所在する地域性や近隣の金融機関の情報など、近所だからこそ共有できる知識も持ち合わせている可能性があることも近所で選ぶことの利点です。ただ、近さだけで即座に判断するのは避けましょう。具体的なサービス内容を、HPの閲覧や事務所に実際に伺って話を聞くなどで確認し、今必要なアドバイスを適切に享受できる公認会計士であるのかを、慎重に選ぶようにしましょう。

エキテンプロなどの「インターネット上のサイトで紹介している公認会計士や、公認会計士紹介サービスを利用して、公認会計士を選ぶ」場合は、様々な公認会計士の中から選ぶことができる点が最大の特徴であり、他の2点に比べ情報量が多いことから選び方が難しいのがデメリットかもしれません。事務所の場所や報酬の相場をよく検討するべきでしょう。その事務所との行き来のしやすさ、得意分野・得意業種、対応事例など、必要なポイントさえおさえれば、多くの情報の中から、自分に適した公認会計士を探せることが、インターネットで探すメリットと言えるでしょう。

会計事務所の規模と公認会計士の選択

会計事務所は、公認会計士が一人で行なっている事務所から、数千人のスタッフを抱えている事務所まで様々ですが、その規模により特徴があります。

大規模事務所では、代表者がそのクライアントに直接関わらず、各担当者に仕事をまかせることが多くなるので、担当者のレベルを確認することが重要です。また、重要論点になればなる程、現場担当者から上長への相談及び承認に比較的時間がかかり、迅速な判断とは行かない場合もあります。しかし、裏を返せば、複数人のプロフェッショナルが関わることから、人的リソースの上でも多角的な意見を取り入れることができ、また、大規模事務所ではクライアントの規模も大規模であったり、業種も多種多様なので、様々なノウハウと経験を蓄積していることが多く、そのメリットを活かしたい場合には有効です。

小規模事務所は、代表者に直接細部まで関わってもらえることがメリットとなります。話の連携も少人数であるからこそ比較的早く、判断もその代表者が直接行うことから、迅速な対応が期待できるでしょう。一方、仮に一人で行っている事務所の場合など、その代表者の能力や経験のみに頼ることになるため、不得意分野には対応してもらえないことがあります。

どちらにしても、事務所の得意分野や、業務提携しているネットワークが充実しているかどうかもポイントとなります。 会計事務所の業務の内容を確認し、自分の会社のニーズに合った公認会計士がいる事務所を選ぶとよいでしょう。公認会計士の人柄や気軽に相談しやすいという点も重要です。

公認会計士と税理士の違い

公認会計士は原則として会計監査を行う為の資格です。公認会計士の多くは通常、株式公開会社の会計監査に携わります。会計監査の対象となるのは大会社であるため、多様な知識が必要であり、原価計算、内部統制、M&A・企業組織再編等のマネジメントコンサルティングなどの経験をつむことができます。よって、公認会計士は経営分析を得意分野とし、会社の現状の会計データから財務バランスや問題点を見抜く力を身に付けています。ただし、税務に関しては、公認会計士は税理士と比較すると、税務知識は本人の経験や勉強次第ということになります。

ただ、近年では大会社の会計監査に留まらず、企業内で働く公認会計士や、株式価値算定・未上場会社のコンサルティングなど、業務の幅を広げた経験をつんでいる公認会計士も増えてきているのが現状です。

一方で、税理士は、税務の知識が広く詳細であり、法人税・所得税・相続税・消費税とトータルのバランスで会計・税務を判断する感覚に優れています。税務相談、税務申告、節税対策、事業承継や相続対策等を得意とします。また、中小企業をクライアントとしているので、中小企業の事情に詳しい人が多いです。

公認会計士と税理士のどちらを選ぶべきかという具体的な基準がないので、判断は難しいです。税理士が在籍している公認会計士事務所、税理士を兼任している公認会計士もいるため、会社の状況と、相談したい内容に応じて選ぶようにしましょう。上場を目指しているのなら、早くから公認会計士をパートナーにすべきでしょう。なお、上場した後は、会計監査人として公認会計士に、税務業務は税務顧問として税理士に、それぞれお願いするのが一般的です。

よい公認会計士を選ぶための判断基準

よい公認会計士を選ぶための判断基準を以下3点にまとめました。

1つ目は、経営者と同世代の公認会計士を選んでみること、特に経営者の年齢が20代、30代と若い方の場合、同年代の公認会計士をおすすめします。起業後は会社の運営方法や資金繰りなど悩みがいろいろ出てきますが、同年代の公認会計士になら気軽に相談もしやすいからです。

2つ目は、これから一緒になって事業の成長をサポートしていってくれるような公認会計士がよいでしょう。開業後、まだ余裕のある時期にしっかりと会社の数値面の管理ができる体制を構築・整備することが重要です。そういった意味では、税務申告や記帳だけではなく、自分の会社の経理体制の構築を一緒になってバックアップしてくれるような公認会計士が合っているでしょう。

3つ目は、料金面を優先事項とし過ぎずにサービス内容で選ぶべきです。価格面を優先して選んだ結果、望んでいるサービスを受けられない場合があります。例えば、相談に行っても公認会計士とは話せず、資格を持っていない担当者が対応するような場合です。よって、「今、自分の会社には何が不足しているのか」、充足すべき部分のアドバイスをその公認会計士は提供してくれるのか、サービス内容を重視して、公認会計士を選ぶようにしましょう。

よい公認会計士の選び方と探し方

中小企業でも経営アドバイスを受けたい場合や上場を目指す場合は、従来から上場企業の監査業務をメインとしてきた公認会計士を選ぶとメリットがあります。その一方、中小企業では税務に関する業務がメインとなります。よって、公認会計士が代表で、税理士もいるような事務所や、税理士も兼ねた公認会計士を選ぶのがベストでしょう。また、探し方は紹介だけでなく、エキテンプロなどのインターネットのサイトも利用して、サービス内容や人柄も見極めた上で、自分に合う公認会計士を選びましょう。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

前川勝彦 税理士
  • 前川勝彦税理士事務所
  • 前川勝彦税理士

 これはあくまでも私の私見として、お読みください。ネットで仕業の方を探される方の約8割は安さ、約2割は近さだと思います。  安さだけで飛びつくのは危険です。あとで、料金でトラブルになるケースが多く感じられます。  公認会計士の大部分はまず大手で仕業を積まれ、それから独立される方もおられます。大手ははっきり言ってかなりしんどいです。  公認会計士の資格があると、税理士登録もできますが、やはり、大規模法人の監査を中心にされてこられています。よって、税理士としての経験をいかに積まれているかがポイントになるかと思います。これは弁護士さんにも言えることだと思います。刑事事件を得意とされる方、民事事件を得意とされている方等の見定めが肝心だと思います。中小法人・事業者の方は、口コミでご自身に合った税理士を探すのが、一番だと思います。

コメントする

この記事の監修者

塩野公認会計士事務所では、 個人事業主様・法人のお客様への開業支援を専門としております。 お客様お一人お一人にあったサービスを様々な角度から提供して参ります。 また、所得税、...