面倒な帳簿の作成は税理士にまかせよう!記帳代行の基礎知識

経理・決算支援

事業を営むうえで避けて通れないのが、帳簿の作成です。平成26年1月以降、白色申告の方であっても帳簿を作成することが義務となりました。煩雑で手間がかかる帳簿の作成を外注したいという方は多いことでしょう。ここでは、税理士が帳簿作成業務を請け負うサービス「記帳代行」についての基礎知識を紹介します。

記帳代行とは

「記帳」とは、事業における経費や売上などのお金の出入りを記録し、帳簿を作成することです。「記帳代行」とは、その記帳業務を企業や個人事業主の代わりに行うサービスです。

記帳は、大きく分けると「入出金の記帳」と「その他の記帳」の2種類になります。

・入出金の記帳

現金や預貯金の出入りを帳簿に記録すること。(仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、預金出納帳など)

・その他の記帳

実際の入出金にかかわらず、損益や税金の計算のために記帳する必要があるもの。(売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳など)

入出金の記帳は、現金の流れをそのまま記帳すればよいため、専門的な知識がなくても、比較的簡単にできます。しかし、その他の記帳は複式簿記の知識にもとづいて行う必要があるため、理解に時間と労力を要するでしょう。そのような場合に記帳代行を依頼することで、記帳業務のために難解な知識を習得する必要がなくなります。

記帳代行を請け負うのは、主に、税理士事務所や会計事務所です。その他に、記帳代行サービスを専門に展開している、代行業者も存在しています。

記帳代行を税理士に依頼するメリット

記帳代行を税理士に依頼すると、次のようなメリットが得られます。

(1)煩雑な事務処理が必要なくなり本業に専念できる

記帳業務は、専門的な知識が必要な部分も多く、正確に行うためには、時間も手間もかかる作業です。記帳代行を依頼することで記帳業務に割いていた時間や労力を省け、その分、本業に力を入れられるようになります。

(2)コストがカットできる

記帳などの経理業務を行うために専門のスタッフを雇用すると、年間数百万円の賃金が発生します。記帳代行を依頼した場合、依頼先や内容によるものの、数十万程度で収まる場合が多いでしょう。

(3)知識が乏しい分野を専門家に任せられる

多くの場合、経営者の方にとって、記帳や経理は、専門外の分野です。知識がない業務を手探りで行えば、不安要素となるでしょう。専門家に記帳業務を任せれば、正確かつ迅速な処理をしてもらえる安心感が得られます。

(4)税理士なら決算申告や節税まで一貫して依頼できる

記帳代行を税理士に依頼すると、日頃の記帳業務に加えて、決算申告まで一貫して担当してくれる場合が多いでしょう。また、節税を考慮した提案や処理を行ってくれることもあります。

記帳代行の費用相場

記帳代行を依頼した場合の料金は、一般的に、処理された領収書や伝票の枚数(仕訳数)によって決まります。

料金の計算方法は、主に、次の2つのパターンに分かれます。

(1)月額基本料+従量加算

月額基本料が設定され、一定の仕訳数を超えれば、従量的に料金が加算されていく方式です。

こちらの方式の場合、100仕訳以内1万円~、以降、100仕訳ごとに5千円程度加算されるのが、おおよその相場です。

(2)完全従量制

1仕訳あたりの料金を設定し、実際の仕訳数をもとに料金を計算する方式です。

こちらは、1仕訳あたり50~100円が相場だといわれています。

また、依頼する領収書や伝票がどの程度整理されているかによって、料金が変動する場合もあります。全く整理されていない状態から記帳する場合は領収書や伝票の仕分けから作業する必要があり、時間や労力が大幅にかかってしまうためです。

記帳代行を業者に依頼する場合の注意点

記帳代行はとても便利なサービスですが、依頼にあたっては、いくつかの注意点があります。

(1)費用の内容をよく確認する

記帳代行を依頼するときには、費用の内訳について事前確認が必要です。

業者によっては、オプションなどの料金が加算されて、想定よりも高い金額を支払うことになる場合があります。カバーしてほしい業務の範囲を伝えたうえで、事前に見積もりを出してもらいましょう。

(2)契約内容をよく確認する

契約の内容もしっかりと確認しましょう。特にチェックしておきたいのが「守秘義務」についてです。

税理士に依頼する場合、守秘義務が法的に定められているため、心配はいりません。しかし、それ以外の業者の場合、法的な守秘義務がありません。記帳代行を依頼すれば、機密資料を預けることになるため、契約時に秘密保持義務について明らかにしておきましょう。

(3)違法業者に注意する

税に関する申告書の作成は、「納税者本人」か「税理士」だけができると税理士法で規定されているものです。税理士資格の保持者が在籍していないにもかかわらず、税に関する申告書の作成ができると宣伝している業者は違法なので、注意しましょう。

信頼できる税理士に依頼すればとても便利な記帳代行

帳簿への記録業務を代わりに行ってくれる記帳代行は、上手に利用すれば、時間や労力、コストのカットになる、便利なサービスです。専門家に業務をゆだねることで、正確な処理が担保されるという安心感も得られるでしょう。

とはいえ、会社の経理にかかわる大切な資料を預けることになるため、依頼先との信頼関係が必要不可欠。普段から、信頼できる税理士との繋がりを持っておけばより安心ですね。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

遠山智弘 行政書士
  • 行政書士遠山法務事務所
  • 遠山智弘行政書士

お世話になります。 行政書士遠山法務事務所の遠山です。 何故、行政書士が記帳代行のお話しをするかと言いますと、 「記帳代行」は、私たち、行政書士の専門分野でもあるからです。 もちろん、税理士の先生の分野でもございますが、行政書士の分野でもございます。 「毎月の領収書の整理が大変」「管理しきれない」と私の事務所にもご依頼を頂いております。 行政書士遠山法務事務所では、リーズナブルな費用にて、記帳代行をさせて頂いております。 記帳代行のプロに是非ともお任せください。 ご相談は何回でも何時間でも無料とさせております。 お気軽にお問い合わせください。 行政書士遠山法務事務所 特定行政書士 遠山智弘 TEL 053-522-9601 FAX 053-522-9602 mail t-lawoffice@circus.ocn.ne.jp

辻本弘仁 税理士

会社経営をするにあたり帳簿の作成は避けて通れません。 それを経営者本人がするのは一向に構わないことですが、処理一つとっても簿記を勉強しておかないと悩むこともあろうかと考えます。 また、帳簿作成の先には税務申告があります。これは個人、法人関係ありません。 そこまで考えると税理士に依頼する選択肢もあります。 その場合には税理士に記帳代行を依頼するのか、自社での記帳をするのか念入りに税理士と相談することをお勧めします。 税務申告がありますので、顧問税理士との契約は必要であると考えます。

内海敏夫 税理士
  • 内海敏夫税理士事務所
  • 内海敏夫税理士

 当事務所でも税理士本人が責任をもって記帳代行を請負っております。  記帳代行を税理士本人、税理士とパートナー契約している記帳代行会社に依頼すると、スピード感があります。何故かというと仕訳処理の方法にそれぞれの癖がありますが、仕訳をチェックする税理士はその癖を理解しているからです。  自計化の支援を税理士から受けている場合も、その税理士の仕訳処理方法を指導されていると思います。  記帳代行を依頼する場合、コストだけでなくスピード感も考慮していただければよろしいかと思います。

裾分篤 行政書士
  • 行政書士マコサポートオフィス
  • 裾分篤行政書士

あなたのお店や会社が忙しくなってきたとき、まず経営者が手放さなければいけない作業が記帳代行だと私は考えます。 なぜなら、記帳代行自体は簿記の知識があればできる作業だから。 とはいえ、会社の数字に関わることなので、いきなり従業員を雇って任せることには抵抗感がある経営者も多いはず。しかも従業員を雇うとそれなりの手間も経費もかかります。 そんなときは、税理士や行政書士に記帳代行を依頼するのがオススメです。税理士も行政書士もあなたの秘密はきっちり守ります。料金も毎月決まった金額になると思うので、無駄がありません。 ある程度事業規模が大きくなってきていたり、節税の必要がある会社やお店ならば税理士へ。 記帳代行以外にも新規で営業許可を取ったり契約書など他の事務作業などもサポートしてもらいたい方は行政書士へ依頼するのがいいと思います。 ちなみに行政書士へ記帳会計を依頼する上で一つだけ注意点があります。 それはきちんと簿記の資格を持っている人に依頼するということ。 行政書士試験には会計の問題はでないため、会計の知識を持たない行政書士もいます。会計知識を持たない行政書士に記帳会計を依頼すると、そのまま補助者か外注業者へ丸投げされるだけです。そうなると責任をとるべき行政書士が会計のチェックをできないということになりかねないので、依頼する前にはきちんと確認しておきましょう。ちなみに私は簿記の資格もってますので、ご依頼があれば記帳会計を受けることもできます。興味がある方はご相談ください。

北島弘太郎 税理士
  • 税理士法人 北島綜合会計事務所
  • 北島弘太郎税理士

弊社では、管理業務アウトソーシングサービスの一メニューとして記帳代行も承っております。 税理士に依頼するメリットとしては、やはり専門的な会計・税務知識と日常経理業務から決算申告まで一貫しての対応が可能であることだといえます。 また、弊社にご依頼いただくメリット・特典として、大きく次の3点が挙げられます。 ①個人事業(及び法人化)又は法人の経営・会計・財務・税務・労務支援、事業売却・承継まで、お客様の成長ステージとご要望に合わせたトータルなサポート体制を整備しております。特に法人設立については、毎月お得なキャンペーンを実施しております。 ②弁護士や司法書士始め、社会保険労務士や行政書士等、多くの専門家と提携し、広範囲に専門知識を要する問題などあらゆる経営課題にワンストップでご対応できます。 ③弊社の税務顧問は、基本的に全員税務署長経験者であり、お客様に適した節税プランのご提案が可能であるだけでなく、ケースによりますが数年に1度の税務調査時にも入念な事前準備の上、万全の体制で臨むことが可能です。 記帳代行の他にも、管理業務アウトソーシングサービスとして給与計算、社会保険業務もお引き受けしております。 ご相談はいつでも承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

桂田隆史 税理士
  • 桂田税理士事務所【滋賀県大津市の経営に強い税理士】
  • 桂田隆史税理士

会社の経理は、今は銀行のネットバンキングのデータや、現金出納帳のCSVデータ化などの会計ソフトへの入力作業は大幅に軽減されています。当事務所の関与先様でも、通帳のデータは月末のみ会計ソフトに取り込み、出納帳データも月末のみ取り込み、日々は売掛、買掛管理作業のみというお客様も多くなってきています。 会計ソフトに入力する作業を効率的に行う方法を当事務所は指導しています。 勿論、そうなると、税理士事務所に経営者の方は、経営アドバイスや参謀役としての役割を求めておられます。桂田税理士事務所では、徹底した経営コンサルティングと経営者と共に5年後、10年後を考え、会社を支える税理士事務所と好評頂いてます。経営相談、コンサルティングなどお困りでしたら、桂田税理士事務所までお問合わせ下さい。

勝田健太郎 税理士

記帳作業のうち、時間がかかるのは、会計ソフトやエクセル等への入力作業自体ではなく、経理処理について色々と考えたり、調べたりすることだと思います。 たとえば、「この領収書の金額は経費に入れても良いのかな?」とか「新しく備品を買ったけど、消耗品として処理しても良いのかな?」など。 簿記の知識に自信がない場合や社内に経理担当者がいない場合には、手間と時間のかかる記帳作業を外部へアウトソーシングすることで、業務の効率化を図ってみてはいかがでしょうか?

越川智幸 行政書士
  • 越川行政書士事務所
  • 越川智幸行政書士

記帳代行に関しては、税理士・行政書士の業務分野です。 ご自身の会社が、事業規模が大きく、複雑かつ専門的な税制面の判断を要する場合は、税理士の先生へ記帳代行を依頼することをお勧めします。 通常の中小企業であれば、当事務所のように日商簿記検定一級を取得している行政書士事務所であれば、十分に記帳代行が可能です。(ここまでは、他の先生方がコメントされている点と重複しております。) 記帳代行を依頼するにあたっては、財務会計だけでなく管理会計にも、ぜひ活用していただきたいと思います。自社の成長余力がどこにあるのか、収支面、資金面で、効率を上げるにはどうしたらよいのか、その点を分析可能とするのが管理会計です。 実際、中小企業者の支援にあたり、管理会計が実施されていない、記帳上の事業区分が適切でないケースも見受けられます。ぜひ、記帳代行を依頼する際は、この点もご留意の上で、検討いただければ幸いです。 中小企業診断士・行政書士 越川智幸

出間忠公 税理士

他にも、税理士に帳簿の作成を依頼することは、細かい所まで分析が可能な正確な帳簿を作成してもらえますし、税務調査の際に調査官からの心象もよくなります。

藤原寿美 税理士
  • 藤原税理士事務所
  • 藤原寿美税理士

当事務所では税理士本人が記帳代行も責任をもって請け負います。 会社様にて現金帳だけをエクセル等でつけていただければ結構です。 あとは通帳や売上請求書、支払請求書をコピーしていただいて、 毎月ご郵送頂きましたら、月々の損益をご報告させて頂きます。 経理知識がないからといって、必ずしも経理社員の雇用は必要 ではありませんので、ご安心ください。

もっと見る

コメントする

この記事の監修者

【税理士は経営者の皆様にとって身近な相談役です】 最近はなんでもスマホに聞け!という時代ですが、事業を運営・経営される皆様はそれだけでは解決できないことも沢山あろうかと思います。...