どの会計ソフトを購入するのが正解?失敗しない会計ソフトの選び方

経理・決算支援
コンサルティング

会計ソフトにはいろいろな種類があり、値段もさまざまです。会計ソフトを導入しようと思っている方は、どれを選ぶか迷ってしまうことでしょう。どのような会計ソフトを購入すればよいか分からない方や迷っている方にむけて、どのようなタイプを選べばよいのか、選ぶときの注意点について解説します。

会計ソフトのタイプを選ぶ

会計ソフトには、大きく分けてインストール型、クラウド型、サーバー型があります。

「インストール型」は、パソコンにインストールして使うタイプです。簡易なものであれば、無料で使える場合もあります。大手の会計ソフト会社が販売しているものであれば、さらに多くの機能を備えています。

「クラウド型」は、インターネット上のサービスを利用するものです。IDとパスワードを入力することで簡単に利用でき、場所やパソコンを選びません。確定申告まで対応しているものや、初心者向けに手軽な値段のものも増えています。バージョンアップの手間がかからないなどの理由から、普及が広がっています。

「サーバー型」の会計ソフトは、自社サーバーにインストールして使用します。複数の端末からアクセスできるので、複数で入力する場合に便利ですが、料金も高価になります。また、社内におけるセキュリティ面の管理も必要になります。

どのタイプのものを選べばよいかは、その会社の経理の状況や会社の規模によります。中小企業や個人事業主であれば、料金も安く、必要最低限の機能が揃っているクラウド型のものがおすすめです。

会計ソフトの機能を確認する

会計ソフトを選ぶときには、その会計ソフトで何ができるかを確認するようにしましょう。フリーソフトや値段が安いものの中には、自分の欲しい機能がない場合もあります。

仕訳の入力や試算表、決算書の作成や集計は、ほとんどの会計ソフトに備わっている機能です。消費税の集計をしてくれるものもあるので、必要に応じて選ぶとよいでしょう。ソフトによっては経営分析機能を使って、自社の状況を分析することもできます。

税務申告や電子申告も行いたい場合には、申告機能を備えている会計ソフトを選ぶと便利です。個人事業主向けの会計ソフトには確定申告までできるものもありますが、法人が自分で申告書の作成をする場合には、別に⑦申告ソフトを購入する必要があります。申告ソフトを選ぶときには、会計ソフトと連動できるものを選ぶと便利です。

会計ソフトに詳しい税理士に相談しよう

顧問税理士がいる場合や、これから顧問税理士を選ぼうとしている場合には、会計ソフトは税理士のおすすめのものを参考にしながら選ぶとよいでしょう。税理士事務所で使っているソフトやシステムと連動できるソフトがあるので、データの共有がしやすくなります。

もともと会計ソフトを導入していて、これから顧問税理士を選ぶ場合には、税理士事務所と同じソフトでなくても大丈夫です。多くの場合、会計データを変換したり出力したりして、税理士事務所に資料を渡すこともできます。どうしても税理士事務所おすすめの会計ソフトでなければならないということはありません。しかし、データを扱う際のトラブルを減らすという意味では、できるだけソフトを合わせることをおすすめします。

会計ソフトを選ぶときに気をつける点

会計ソフトを自分で選ぶときには、必要な機能がそろっているかを確認します。多機能な会計ソフトを使うためには、ある程度の会計知識が必要なことがあります。しかし、人によっては、初心者向けの会計ソフトの方が使いにくいと感じる場合もあります。会計ソフトを選ぶ際には、担当者とよく相談し、その担当者のスキルにあったものを選ぶのが良いでしょう。

会計担当者がいない場合、または会計担当者の経験が浅い場合には、会計ソフト会社のサポートがあればスムーズに業務をすすめることもできます。会計ソフト会社のサポート体制もしっかり確認するようにしましょう。クラウド型の会計ソフトの場合は、無料トライアル期間があるものが多いので、実際に会計ソフトを使ってみて選ぶことをおすすめします。

会計ソフトを選ぶときに失敗しないポイント

会計ソフトを選ぶときに、顧問税理士がいる場合にはその税理士事務所でおすすめの会計ソフトを選ぶとよいでしょう。自分で選ぶ場合には、まずは必要な機能が備わっているかどうか、会計担当者の能力にあった会計ソフトであるかどうか、自分の事業規模にあったものであるかどうかを考慮して検討します。会計ソフト会社のサポート体制を確認し、トライアル版を実際に使ってみて決めるようにしましょう。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

染木満則 税理士
  • 染木満則税理士事務所
  • 染木満則税理士

会計ソフトを使って仕事をするというのが広く普及してきていると実感します。 個人で副収入を得るときでも、お金の出入りはきちんとしておきたいものですし、申告のことを考えるとできる限り手間を省くのが望ましいですね。 インストール型のものであっても、クラウド型のものであっても基本は自分のところで入力していくことが前提になりますから、使いやすいものを選ぶのが良いと思います。 一番いいのは税理士に相談してみて、アドバイスをもらうことだと思います。

久川秀則 税理士
  • 原・久川会計事務所(税理士法人)平塚橋事務所
  • 久川秀則税理士

会計ソフト選びについて簡潔にコメントしますね。 まず、固有のソフト名を出すことはあまりよくないとも思いますので、固有名詞を出さずにコメントします。 まず、価格は千差万別です。20万円以上の価格で、毎年のランニングコストが10万円もかかるものもあれば、初期が5万円程度、以降の毎年が3万円程度のものまで。 新規事業で導入するとすれば、効果なものよりは低価格のもので十分とは思います。5万円程度のものであれば、機能的には十分です。 それ以下のもの、フリーソフトなどについては、税理士に決算を頼む時に、データを渡せないとかなり面倒になりますので、オススメしません。税理士事務所で使われているソフトを選ぶことが、いざ、決算申告に依頼する時に、困りません。 クラウド会計ソフトは、まだまだ税理士事務所ではメジャーではありませんので、クラウド会計ソフトを選ぶ時は、導入している会計事務所をセットで決めたほうがいいと思います。 クラウド会計ソフトは、使いこなすと大変有効ですが、スマホと同様、メールと通話をする程度の使い方では、真価が発揮できません。また、自ずと、企業側にも一定のITスキルが要求されますので、苦手な場合には導入時などに逆に負担が増えることもありますので、使いこなせることが必要だと思います。 会社で会計ソフトを購入するということは、自計化、つまり、会社の経理担当者が会計ソフトに仕訳入力をするという前提なのかもしれませんが、仕訳は経験がありませんとかなりの手間がかかります。経験者がいない場合には、会計事務所に記帳代行を依頼するほうが手っ取り早いということもあるかもしれません。 ネットで情報を集めることも大事ですが、ぜひ、税理士と話をしてみて下さい。大事なことはやはり話をしてみると、解決するものです。 以上、会計ソフト選びについてでした。

辻本弘仁 税理士

会計ソフトは、本当に様々あります。 どれがいいとは一概には言えません。税理士の立場からするとどのソフトも同じです。どのソフトでも使えます。 ただ、顧問先様からすると使い慣れているソフトが一番です。 会社を立ち上げて間もないのであれはま早急に顧問税理士を探すことが大切です。顧問税理士と相談するのが一番いいと思います。

桂田隆史 税理士
  • 桂田税理士事務所【滋賀県大津市の経営に強い税理士】
  • 桂田隆史税理士

会計ソフトについては、経理初心者の方でも入力しやすいものが良いと思います。それと、今の時代は、銀行データの自動取り込みや現金出納帳などの自動入力機能も備え付けているものが良いと思います。会計ソフトに入力する作業も大事ですが、出来るだけ作業時間を効率的に減らすことも、もっと大事です。経理は、会計データを作り、会計データは、経営に活かす。今の時代は、会計ソフトを使ってどうするか、を考える必要があると思います。当事務所では、経理初心者の方には、「弥生会計」をオススメしています。「弥生会計」はネームバリューも然ることながら、操作性においても非常に楽出来ます。年間保守料金を支払えば、上記自動入力などにも対応しており、経理が楽になると思います。経理の合理化も立派な税理士事務所の仕事です。

勝田健太郎 税理士

ここ数年、クラウド型会計ソフトは急速に普及してきたと実感しています。freeeやMFクラウドといったクラウド会計ソフトの専門メーカー以外にも、数多くの老舗会計ソフトメーカーがクラウドに対応しています。 インターネットバンキングや経費のクレジットカード決済を活用されている方、経理業務の負担を軽減したいとお考えの方はクラウド型会計ソフトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。 銀行の入出金明細やカードの利用明細、AmazonやASKULなどの通販サイトの購入履歴を取り込んで、AIが自動的に勘定科目を選んでくれるソフトもありますので、日々の経理業務の負担を大幅に軽減することができます。 また、クラウドなので空き時間を見つけて外出先や自宅で作業をすることも可能です。 ソフトをPCにインストールする必要がないので、Windows・Macの両方に対応していることも特長です。

越川智幸 行政書士
  • 越川行政書士事務所(福岡)
  • 越川智幸行政書士

会計ソフトは、財務会計だけでなく管理会計にも、ぜひ活用していただきたいと思います。 一定規模以上の中小企業者では、月次試算表、月次資金繰りや、決算書・税務申告書等の財務会計を確実にするために、会計ソフトを導入して、使用されています。会計ソフトを導入すると、記帳が簡単になり、自動的に、得意先別売上や売掛金の元帳、月次試算表、月次損益推移などをアウトプットすることができます。その上で、決算書・税務申告書まで作成することが出来ます。 会計ソフトで会計帳簿を起票するにあたり、法人税法上の取り扱い、消費税法上の課税・非課税など、専門的な税務的な疑問点があると思います。これらについては、税理士の先生など専門家へ相談されることをお勧めします。 一方で、一定規模以上の中小企業においては、管理会計も重要です。自社の成長余力がどこにあるのか、収支面、資金面で、効率を上げるにはどうしたらよいのか、その点を分析可能とするのが管理会計です。 実際、中小企業者の支援にあたり、管理会計が実施されていない、事業の区分が適切でないケースも見受けられます。ぜひ、会計ソフトを導入される際は、この点もご留意の上で、検討いただければ幸いです。 中小企業診断士・行政書士 越川智幸

土屋雄志 税理士
  • 土屋税務会計事務所
  • 土屋雄志税理士

どの会計ソフトでも無料トライアル期間があります。 3~5つぐらいインストールしてみて、使ってみて使いやすい会計ソフトがあなたにとって一番いい会計ソフトです。 いい事ばかり書いてある会計ソフトも使ってみると不便なことも多々有ります。 会計入力で時間を取られたりストレスを感じることは無駄なことです! 使いやすいソフトでストレスなく会計入力をしましょう。 そのためにも電話で聞けるなどのサポートは重要です。サポートは加入することをオススメします。

コメントする

この記事の監修者

【税理士は経営者の皆様にとって身近な相談役です】 最近はなんでもスマホに聞け!という時代ですが、事業を運営・経営される皆様はそれだけでは解決できないことも沢山あろうかと思います。...