離婚問題は、早めに弁護士に相談するのが成功のポイント!

離婚・男女問題

離婚は結婚よりも非常に困難を伴います。慰謝料や財産分与、子どもの親権や養育費など、法律問題が多く絡み相手との感情的な問題もあり、多くのストレスがかかります。こんなとき、弁護士に対応を依頼すると交渉が有利に進むので、希望を実現しやすいメリットがあります。そこで今回は、離婚問題を弁護士に相談すべき理由について解説します。

離婚問題の難しさ

離婚をしようと思ったとき、それにともなって多くの法律問題がからみます。離婚にともなう多くの法律問題を解決していくには、豊富な法律知識が必要になります。特にお金にかかわる慰謝料、養育費と子供にかかわる親権についてはトラブルの多い問題です。自分にどのような権利があるのかを知らないまま離婚に応じ、あとから泣き寝入りをするというケースも多くあります。

しかし、離婚をするかどうかの真っ最中には感情的になってしまい、自分の権利について気がつかないまま離婚届けを提出してしまうということも。離婚をするときにはまずは冷静になることが大切なのですが、当事者ともなるとなかなかそういうわけにはいきません。それが、離婚問題の難しいところでもあります。

法律知識を使って有利に交渉してくれる

離婚の交渉をするときには、早めに弁護士に相談することがポイントになります。弁護士は多くの離婚のケースを扱っていますし、豊富な法律知識を駆使して相談者に有利な交渉をすすめてくれます。離婚には慰謝料、養育費、親権、財産分与といったたくさんの法律がかかわってきますので、これをひとつひとつ自分で考えるのは大変です。離婚しようかどうかというときに早めに弁護士に相談するほど、弁護士は交渉に有利な材料を集めやすくなり的確なアドバイスをすることもできます。

たとえば、相手が話を聞いてくれない場合にも弁護士が出てくることで、相手にも離婚に対する本気度が伝わります。今まで真剣に話を聞かなかった場合にも、真剣に離婚について考えざるを得なくなります。

精神的に楽になる

離婚相談をするときには感情的になりがちですが、弁護士という専門家である第三者と話をすることで自分も冷静になることができます。当事者である相手と直接話すと、どうしても感情的になってしまい、法律問題についてスムーズに話し合うことができません。弁護士に依頼することで弁護士が相手との交渉をし、気をつけなければならない点のアドバイスを受けることもできます。

離婚の交渉は、複雑な法律の交渉だけでなく感情面でもストレスが高くなります。この点、弁護士に依頼することで強い味方ができるわけですから、ストレスはかなり軽減されるといえるでしょう。法律の専門家に任せることで自分の生活に集中していけることは、弁護士に依頼する大きなメリットといえます。

面倒な手続きを全部してくれる

離婚をするときには離婚自体は離婚届を提出すればよいのですが、その他にさまざまな書類が必要になってくるケースがあります。別居時の生活費用を取り決めた婚姻費用契約書、示談書、慰謝料請求などをどのように作成するのか、どれくらいの書類が必要なのかもわからない可能性もあります。法律的な文書の書き方にも決まりがあり、一言一句に気を配らなければ法的効力に問題が生じる場合もあります。この点、法律の専門家である弁護士に依頼をすると、書類集めや書類作成などを任せられますし、相手に内容証明郵便を送付する必要がある場合があるなども弁護士のアドバイスがあれば安心です。

離婚調停や婚姻費用調停が必要な場合には、申立書の作成など必要な手続きを行ってくれます。弁護士がいれば、役所、裁判所、公証人役場での事務手続きも弁護士が行ってくれますので、当事者は面倒な手続きから解放されるのです。

訴訟や調停になっても安心

離婚問題が訴訟や調停になったとき、弁護士に依頼をしていると弁護士に代理人として一緒に来てもらうことができます。豊富な法律知識と経験を生かして話をしてもらえるので、調停で有利になります。訴訟になった場合にも、弁護士が代理人として手続きを進めてくれますので、有利な判決を得やすくなります。

離婚問題が発生したことにより、自分だけで不慣れな手続きをしたり、裁判所に出向いたりするのは相当なストレスがかかります。ただでさえストレスの多い離婚問題ですので、弁護士に任せられるところは任せるのが安心につながります。

離婚問題を解決するためのポイント

離婚問題は精神的なストレスが大きく、当事者が法律問題まで自分で解決しようとするのは難しいといえます。そんなとき、弁護士に離婚問題の解決を依頼すれば、慰謝料、養育費、親権、財産分与といったたくさんの法律問題を全部任せることができます。なにより弁護士という強い味方ができることで、面倒な手続きから解放されて安心感も得ることができるメリットは大きいといえるでしょう。実質的にも、弁護士に任せることにより交渉を有利に進めることができますので、親権や金銭にかかわる問題に対する不安も少なくなります。

離婚問題が発生したら、感情的になる前にまずは弁護士に相談することをおすすめします!

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

高谷滋樹 弁護士
  • 都総合法律事務所
  • 高谷滋樹弁護士

夫婦間の感情が高ぶったり、会うのも嫌だという状況に至った場合は、およそマトモな話し合いを夫婦間で行うことはできません。 弁護士を代理人に立てて協議を行うことが、スムーズな離婚手続を 行える良き方法となります。 弁護士が、お手伝いいたします!! http://h-law.osaka.jp/ フィリピン人との問題なら フィリピンセンター http://p-center.net/ フィリピン企業情報館 http://p-toukibo.com/ 離婚に伴う入管対応なら 入管どっとコム http://nyuukan.com/

高島秀行 弁護士
  • 高島総合法律事務所
  • 高島秀行弁護士

離婚も最終的には法律の基準によってどちらの言い分が正しいかが 判断されることになります。 相手に離婚を言う前に、弁護士に相談して、準備してから離婚の協議や調停をされた方がよいと思います。 財産分与の対象となる自宅や預金等がある場合は それがどうなるかについて、大きな問題となりますので 弁護士に相談依頼した方がよいと思います。

コメントする