失敗しない弁護士の選び方・探し方

離婚・男女問題
借金・債務整理
遺言・遺産相続
交通事故
刑事事件
企業法務
訴訟・裁判

何らかのトラブルが発生したときにできる限り希望に沿う結果を得るためには、よい弁護士を見つけなければなりません。しかし一般人にはなじみのない世界だけに、どんな弁護士をどのようにして探せばよいのか戸惑います。安心して任せられる弁護士選びにするためは、どう考えればよいのでしょうか。ここでは適切な弁護士の選び方と探す手段について解説していきます。

弁護士に依頼する際の基本知識

弁護士に依頼する際に、どの弁護士に相談すれば良いのか素人には判断がつきません。交通事故ならば交通事故専門の弁護士、離婚訴訟には離婚専門の弁護士を、と考えます。しかし、弁護士には医者のような専門認定制度は存在しません。

基本的には「〇〇専門」といった表示は控えるように日本弁護士連合会から指導されているはずですが、もしもそうした表記があったとしても、それは国からも日弁連からも認定されたものではないのです。

弁護士の扱う事件は社会的な要素が複合的に絡んでいる場合が多く、そのため「専門化」しづらいという側面があります。例えば同じ借金問題の解決でも、経営者の会社業務からの借金なのか、ギャンブルなどで作った借金なのかで対処が変わってきます。弁護士は依頼人が根本的な解決に向かえるようにサポートしなければなりません。借金だけに詳しく、民事再生法について何もわからないという弁護士では、経営者の苦しみを救うことはできません。

しかし、扱った案件実績からその方面に強い弁護士というのは存在します。自分が何を解決したいのか、最終的にはどのような結果を得たいのかを明確にして、似たような案件を数多く手がけた弁護士を選ぶという方法がもっとも確実です。

弁護士を探す具体的な方法

弁護士を探す具体的な手段としては次のようなものが挙げられます。

・知人からの紹介

・弁護士会・地方自治体

・法テラス

・インターネット検索

人伝てに紹介されるメリットとしては、人柄がわかりやすく、信頼感が湧きやすい点があります。紹介してくれた知人と付き合いのある弁護士であれば、仕事ぶりについても保証済みということになります。

紹介者に心当たりがない場合、地元の弁護士会や地方自治体の法律相談窓口に問い合わせる方法もあります。また、通称「法テラス」は国が設立した法律サポートを行う組織です。各都道府県の県庁所在地を中心に地方事務所が50か所、支部が11か所、出張所11か所、地域事務所が39か所あります。以外と身近にあるので、ちょっと相談してみたいというときにも便利です。

個人で探すのであれば、やはりインターネットから法律事務所のサイトを検索するのがいちばん早く、たくさんの情報量を得られます。デメリットとしては、本当に自分の相談事にマッチする弁護士かどうか判断がつかないことが挙げられます。

弁護士の選び方のポイント

弁護士を選ぶ際のポイントとしてもっとも重要なのが、マッチングの度合いです。依頼する案件内容に関わる分野の実績をしっかりと確認することはもちろん、実際に話してみて感覚が合うかどうかも大切です。

案件終結までの期間、密に連絡を取り合い、細かな点まで協議するにあたり、人間的に合う・合わないは結果に大きな影響を与えます。

弁護士は途中で交代することも可能ですが、できれば相談の時点から信頼のおける人物を選ぶ方が効率的です。

また、弁護士本人、事務所の窓口などの対応も選ぶ際のポイントとなります。上から目線の物言いや、説明不足、いかにも事務的な口調などが気になるときには、選択肢から外した方が良いでしょう。

そして何よりも、明確な料金体系の提示は、弁護士会でも義務として位置づけています。相談したいはずの弁護士との間で、金銭トラブルが発生しては本末転倒です。不明点はその都度確認し、すべての支払いについて承知の上で依頼をしなければなりません。

弁護士を選ぶ際の注意点

弁護士のパンフレットやホームページでは、不要な情報に惑わされないように注意します。中には業界団体や奉仕団体の役職の肩書を長々と記載している弁護士もいます。しかし、肩書や学歴は弁護士としての働きと直接関連性はありません。有名大学を出ていなくても、地元で評判が良く、親身に相談に向き合ってくれるのであれば、まったく問題はありません。見栄えよりも実を取るのは、弁護士選びの鉄則です。

素人ではわからない法的な問題について、ただ聞くだけで具体的な提案やアドバイスをもたない弁護士は要注意です。解決に向けた最善の策を考えてもらえなければ、弁護士に依頼する意味がありません。現状をかみくだいてわかりやすく丁寧に説明し、その上で方向性を示してくれる弁護士を選びたいものです。

また弁護士を選ぶ際には、できるだけ居住地近くで依頼をすることをおすすめします。案件解決までに時間がかかるほど、弁護士の日当や交通費がかさみ、最終的に大きな負担となる可能性も出てきます。こまめに行き来できる距離であれば、小さな不安でも顔を見て相談することができます。案件内容にもよりますが、できれば遠方エリアの弁護士は避けた方が無難といえるでしょう。

知名度よりも実績を優先して確認しよう

最近では地方都市にも、大手弁護士事務所がチェーン店のように展開されています。派手にCMを流しているので知名度はありますが、それが最善の選択になるとは限りません。地元で地道に活動している弁護士もたくさんいるはずです。案件内容が交通事故ならば交通事故裁判の実績、離婚ならば離婚調停、離婚裁判の実績がある弁護士に依頼すべきでしょう。重要な点は、付帯的な情報に惑わされず、もっとも信頼できそうな弁護士を探すことです。

もし、弁護士選びに迷ったら、エキテンプロの「まとめて相談」を利用してみましょう。注力分野から近隣の弁護士を検索することができ、複数の弁護士へ一括で相談&見積もり依頼ができます。弁護士に依頼するのは、個人的にもデリケートな問題です。自分自身が打ち解けてすべてまかせられるか、という点を重視していきましょう。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

遠山智弘 行政書士
  • 行政書士遠山法務事務所
  • 遠山智弘行政書士

お世話になります。 行政書士遠山法務事務所の遠山です。 トラブルが発生した場合、実際に何処の何方に相談したら良いのか、トラブルの火中に出くわした場合、それどころではないというところが、心情だと思います。 実際に何らかのトラブルに巻き込まれてしまった場合は、一番は弁護士の先生にご依頼することが、最良のご選択だと思います。 しかし、弁護士の先生もそれぞれに得意分野があり、全般を受け入れております、弁護士の先生もいらっしゃいますが、先ずは、ご依頼者様が、お悩みになるところは、何処の法律事務所が最良の選択なのか、であると考えられます。 私たち、行政書士はトラブル解決の業務が行えないので、直接的なお手伝いは、できませんが、多数のネットワークを持つ、行政書士にご相談頂けましたら、ご依頼者様に合った、法律事務所また弁護士の先生をご紹介することも可能です。 当事務所では、多数の法律事務所とのネットワークがあり、最良の弁護士の先生をご紹介することもお手伝いをさせて頂きます。 ご相談は何回でも何時間でも無料とさせていただいておりますので、先ずは、お気軽にご相談ください。 行政書士遠山法務事務所 特定行政書士 遠山智弘

コメントする

この記事の監修者

【ご縁を大切にし、一つひとつの案件に心を込めて対応】 これまで寄せられた相談は非常に多岐にわたり、いずれの案件にも全力で立ち向かい、ご依頼者様に満足していただけるよう、長年培って...