時間や手間を大きく削減!司法書士に依頼する場合のメリット徹底解説

不動産登記
会社・法人登記
民事・少額訴訟
遺言・遺産相続

たとえば、会社を設立するとしたら、最初に何をするべきでしょうか?手続きがよくわからず右往左往してしまうのではないでしょうか。そうした場合に司法書士に依頼することで一連の手続きをスムーズに行うことができ、時間の節約にもつながります。司法書士に相談できることや司法書士に相談した場合のメリットについてお伝えします。

司法書士の仕事とは

司法書士とは不動産の登記や法人登記の代理業務などを取り扱う仕事です。また、司法書士のなかでも、特別研修を受講し簡裁訴訟代理等能力認定考査に合格したものは「認定司法書士」と呼ばれ区別されます。認定司法書士になると訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない場合に限り、法律相談・交渉・訴訟手続きなど簡裁訴訟代理等関係業務が可能となります。

【司法書士の業務】

(1)登記または供託に関する手続の代理

登記とは土地・建物・会社・法人などを公示し円滑な取引や安全を保障するものです。司法書士は不動産、会社・法人に関する登記申請手続などを行うことができます。

(2) 裁判所、検察庁または(地方)法務局に提出する書類の作成

裁判所に提出する訴状や準備書、検察庁に提出する告訴状、法務局・地方法務局に提出する登記申請書・登記原因証書となる売買契約書等を作成することができます。

(3) (地方)法務局長に対する登記または供託に関する審査請求の手続きの代理

不動産の権利に関する登記について処分の不服申立て、つまり審査請求を代理で行うことができます。

(4)簡裁訴訟代理等関係業務

認定司法書士に限り、訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない訴訟手続き、支払督促手続き、民事保全手続き、民事調停手続き等を代理することが可能です。

(5)財産管理業務

事件性(紛争性)がないものに限り、相続財産の管理・承継、名義変更手続き、遺言執行者のサポートなどを行います。また、任意後見契約を結び、金融機関の口座管理、賃貸不動産管理、不動産の任意売却などの財産管理も行うことができます。

司法書士に相談できること

司法書士は会社登記の専門家として知られています。社名・事業目的・本店所在地・役員の人数などを定めたものを定款といいますが、会社を設立する際にはこの定款が必要です。定款を作成した際にはまず、公証役場で認証してもらわなければなりません。その後、設立登記を行う必要があります。司法書士はこれら一連の作業を行うことが可能です。また、役員変更登記・資本金の変更なども司法書士が行います。

他にも、こんなことも相談できます。

・相続について

多少の心の準備はあるかもしれませんが、相続は多くの場合は悲しみのなかで行われます。かつ遺産相続にはトラブルが多く、複雑な手続きが必要になります。不動産の所有権移転登記、遺産分割協議書の作成などは司法書士にまかせることができます。また、公正証書遺言など、法的な有効性の高い遺言書作成のサポートも行っています。

・不動産登記について

不動産を売買した場合、登記名義の変更をする必要があります。建物を新築したときには所有権保存登記、土地を購入した場合には所有権移転登記、住宅ローンを完済したときには抵当権抹消登記の申請を行います。手続きは自分で行うこともできますが、内容が複雑で、たくさんの労力と時間を要します。司法書士に依頼することで、スムーズに済ませることができます。

・日常生活について

日常生活においても、さまざまなトラブルが発生します。ネット通販による高額請求、賃貸契約における敷金返還に関するトラブルなど、誰しも無縁とはいえないのではないでしょうか。自分で対処することが可能だったとしても、法律の知識がないばかりに不利な結果を招くこともあるでしょう。そうした際に司法書士の手を借りることで有利に事を運ぶことができます。

司法書士に相談するメリット

・最善の策を知ることができる

たとえば、遺産相続の場合、司法書士に相談しなくとも親族間で話を進めることは可能です。しかし、相続にはトラブルがつきものであると同時に、素人同士の話し合いでは決着がつかいないことも多いです。しかし、司法書士に相談することで、トラブルを未然に防ぐ方策を提案してもらうことが可能です。

・時間と労力を削減できる

相続登記や会社設立登記などは個人でもできます。少しでも安く上げようと、自分でしようと考える人もいるかもしれません。しかし、慣れていない素人が一人で行った場合、膨大な時間や手間がかかるでしょう。たとえば、相続登記では相続人全員の戸籍が必要です。そもそも相続人をすべて把握できているでしょうか。また、この戸籍を集めるためには、平日の日中に役所に行く必要もあります。司法書士へ依頼すれば、このような時間と労力を削減することができます。

・弁護士に依頼するより安い

弁護士・司法書士のどちらの職業にも依頼できるものがあります。こうした場合、司法書士に依頼した方が弁護士に依頼するよりも安くなることが多くなっています。場合によっては半額以下など大きな差があることもあるため、費用を節約したい場合は司法書士への依頼を考えたほうが良いかもしれません。

司法書士に相談した場合のデメリット

・費用がかかる

司法書士の仕事内容には、依頼しなくとも個人でできることもあります。そのため、お金をあまりかけたくない人は自分で行おうと考えるかもしれません。そうした場合は費用がかかることをデメリットと感じるでしょう。

・債務整理などにおいて取り扱うことができる範囲が弁護士より狭い

債務整理が扱えるのは認定司法書士のみですが、扱える案件には弁護士よりも制限があります。借金や過払い金などが140万円を超える法律相談・交渉・訴訟の場合、認定司法書士には交渉権や訴訟権がありません。この場合は、価額に制限のない、弁護士にしか取り扱えません。

生活とビジネスの困りごとは司法書士へ相談してみましょう

司法書士の職務内容にはご自身で可能なこともあります。しかし、素人が自分で調べて行おうとしてもスムーズにやることができないというケースが大半です。専門家である司法書士に相談・依頼することで、時間や手間を大きく節減することが可能です。相続や会社設立などをはじめ、ちょっとしたトラブルなど、法律に関する困りごとがあった場合は、まずは司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。エキテンプロなら、注力分野から近隣の司法書士を検索することができ、複数の司法s書士へ一括で相談&見積もり依頼ができる「まとめて相談」を利用することができます。頼れる司法書士探しなら、エキテンプロがお手伝いします。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

荻原正樹 司法書士
  • 司法書士おぎわら相続登記事務所秋田
  • 荻原正樹司法書士

司法書士は身近な法律家と言われることがあります。このような表現は、法律事務所では報酬が高額だったり、そもそも一見さんの予約は出来なかったりするところもあるなど、敷居が高いイメージがあるのに対し、司法書士事務所はより親しみやすいという意味合いが含まれているのかもしれません。もっとも、司法書士といっても仕事のやり方や仕事に対する考え方などもひとそれぞれ違いますので、まずは一度気になった事務所に足を運んでみるのが良いと思います。

原良太 司法書士
  • 司法書士原良太事務所
  • 原良太司法書士

 たくさんの方とお話させていただく機会がありますが、結構よく聞かれます(笑)「それで司法書士って結局何をしている人なの?」  記事を読まれてもなかなかイメージが湧きにくいかもしれませんが、みなさんが普段生活をしていらっしゃるうちに「これってなんだか法律的な手続が絡んでそうかも…。」「回りに相談しているうちに法律がどうのこうのって言われたぞ?」「※☆◎×★で手続をしてくださいと言われたんだけど…」など、裁判所や法務局を含めた“公”が絡んでいそうな場合には私たちにご相談いただいていいかと思います。結構話を聞くと、私たちがお手伝いさせていただけることあるんですよね!  結果的に他の専門家をご紹介ということもあると思います。しかしこれまでの経験から適切な専門家をご紹介できるということは、みなさんの不安や問題の解決への一歩へお役に立てたんだからいいんじゃないかな?  「登記ってそもそも何?」でいいんです!!

コメントする

この記事の監修者

神楽坂法務合同事務所、代表の庄田です。司法書士・土地家屋調査士・行政書士をしております。若輩者ではございますが、皆様のお役に立てるよう日々精進してまいります。よろしくお願いいたしま...