税理士の依頼相場

税理士に会計・税務業務を依頼しようと思っている場合に気になるのが、税理士に払う費用です。税理士に払う費用は、どのような内容の依頼をするかによって異なります。さらに、法人か個人か、売上や会社の規模、地域によって相場が異なり、その税理士の考え方によっても左右されます。ここでは、一般的な税理士の依頼相場はいくらぐらいなのかについて解説していきます。

税理士に払う費用の考え方

税理士に会計・税務業務を依頼すると、どのような費用がかかるのでしょうか。税理士へ払う費用は、昔は旧税理士法報酬規程というものによって一律に決まっていました。 今はこの規定は撤廃されているので、原則として費用は税理士によって違います。しかし、多くの税理士はこの旧税理士法報酬規程を目安にして、報酬金額を決めています。

税理士と顧問契約を結んだ場合には、顧問料として月々に支払う費用が発生します。顧問契約には、月々の記帳代行料、訪問料が含まれている場合がほとんどです。決算や確定申告、年末調整など、それぞれの時期に必要な業務や臨時に作成する書類がある場合には、月々の顧問料以外に決算料、申告料といった料金がかかることが多いです。契約時によく確認しておきましょう。また、顧問契約を結ばずに、決算時や確定申告時だけ税理士に依頼することもできます。

売上や会社の規模によって異なる

税理士へ払う費用は、売上や会社の規模によって異なります。なぜなら、売上や会社の規模で作業量が変わることが多いからです。個人事業の場合は、法人よりも費用を安く設定している税理士が多いです。個人事業のほうが法人よりも、売上や会社の規模が小さい場合が多く、申告に必要な書類も少ないからです。年末調整の場合は、年末調整をする人数によって異なります。多くの税理士が、基本料金に人数を加味して年末調整料を設定しています。

さらに、税理士へ払う費用は地域によって相場が異なります。一般的に、都心であればあるほど高くなる傾向にあります。都心であればあるほど高い報酬を払うことのできる大企業が多いことや、税理士側としても事務所をかまえる費用が高くなるからです。しかし最近では、Webサイトなどで税理士を探す方法なども浸透し競争が激しくなってきており、規模の小さい事業であれば安い料金で引き受けてくれる税理士も多くなっています。

依頼内容ごとの一般的な相場

税理士にかかる費用は、売上、会社の規模、地域、その税理士の考え方などによって異なりますが、売上が年間1,000万円から3,000万円程度の場合の一般的な例をご紹介します。

一か月の顧問料の相場は、法人の場合は3万円から5万円程度、個人事業の場合は2万円から4万円程度で、決算や申告時には一か月の顧問料の6か月分程度の料金を設定しているところが多いようです。年末調整の場合は、法定調書の作成などの基本料金が1万円から2万円程度で、これにプラスして年末調整をする人数に千円から5千円程度の単価をかけた金額にしているところが多いようです。

税務調査があり税理士が立会う場合には、別料金として1日あたり5万円から6万円程度の費用がかかる場合が多いです。相続税の申告の場合は、遺産総額の0.5から1.5%の料金を設定している税理士が多いようです。

申告時期が迫っている急な依頼の場合は追加料金が必要な場合もありますので、税理士への相談・依頼は早めに行うほうがよいでしょう。

顧問料に含まれる費用と含まれない費用

税理士と顧問契約を結んでいる場合、月々の顧問料にはどのような費用が含まれ、どのような費用がオプションになるのかは税理士によって異なります。月々の費用が高くてもその中にほかの費用が含まれていて、年間を通してみるとほかの税理士より安かったということもあるので、月々の顧問料に何が含まれているかを確認することは大切です。

月々の顧問料は、多くの場合は記帳代行費用と訪問料が含まれていますが、郵送やインターネットを通じて資料の受け渡しを行い、訪問をするには別料金が必要な場合もあります。顧問契約の場合は一か月ごとの試算表の作成と試算表に基づいたアドバイスを行ってくれるところが多いのですが、月々の試算表を作成をしていない税理士もいるので事前に確認をしたほうがよいでしょう。

決算料や申告料、税務調査の立会い料、年末調整料は顧問料とは別料金の税理士が多いのですが、税理士によっては顧問料に含めている場合もあります。

その税理士への費用は高いか安いか

自分の依頼する税理士の費用が高いのか安いのかは、どのように判断すればよいのでしょうか。

税理士の費用は安ければ安いほどよいというわけではなく、その税理士の提供するサービスがしっかりしたものであるかどうか、会計や税務での悩みを親切に聞いてくれてアドバイスをしてくれるかどうかが大切です。ほかの税理士より費用が安くても、試算表の作成をしてくれなかったり必要なアドバイスをしてくれなかったりすることで、結果的に自分の手間が減らず、あまり役に立たないというケースもあります。

税理士の費用が一般的な相場と比べて高すぎると感じ、自分の望むサービスの提供を受けていない場合には、税理士を変えることを検討してみるのもよいかもしれません。

税理士の依頼相場のまとめ

税理士の依頼相場は、自分の事業規模や地域によって異なり、税理士の考え方によっても異なります。報酬を高くしてしっかりしたサービスを提供をする税理士もいれば、安い報酬で最低限のサービスだけをする税理士もいます。まずはその税理士が、自分の望むサービスをきちんとしてくれているかどうかを見極めることが大切です。会計・税務業務は煩雑で手間がかかり知識も必要なため、高いか安いかだけで税理士を選ばず、信頼できるしっかりした税理士を選ぶようにしましょう。

エキテンプロなら、注力分野や豊富なプロフィール情報から、信頼できる税理士を探すことができます。複数の士業へ一括で相談&見積もり依頼ができる「まとめて相談」も無料で利用できるので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

この記事の監修者

【税理士は経営者の皆様にとって身近な相談役です】 最近はなんでもスマホに聞け!という時代ですが、事業を運営・経営される皆様はそれだけでは解決できないことも沢山あろうかと思います。...

プロのコメント

大藏浩幸 税理士
  • 大藏浩幸税理士事務所
  • 大藏浩幸税理士

税理士に支払う金額10年くらい前は法人決算料申告で50万くらいが相場ではなかったでしょうか?記帳代行込みですもちろん! 今は30万くらいではないでしょうか?地域性も会社規模もありますから一概には言えませんが?わたしが暮らしている福岡県近辺では?これくらいが相場ではないでしょうか? クラウド会計を採用しているうちの事務所では会計のソフトを インターネットで共有しソフトの更新料込みで依頼できます! 一度ご検討をお願い申し上げます

辻本弘仁 税理士

当事務所では、個人法人で報酬額を計算しておりますが、経営者様と顧問契約前にしっかりと面談して、毎月訪問か年一回の打ち合わせで構わないのか等含めて様々な契約を結ぶことができます。また、契約後に変更することも可能です。

経営者・オーナーの方へ

経営のお悩みを無料で専門家に一括相談!

  • 5000人の士業から条件にあった士業を自動選択!
  • 一括見積りで費用と対応を比較可能!
  • まとめて依頼できるから、あなたのお悩みをスピーディに解決!
無料で一括相談・見積りする

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?

  • サイト内各所投稿数ランキングに、貴事務所が表示されるようになります。
  • 自分のページの情報量も増えて、より上位に表示されるようになります。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。
コメントする