失敗しない税理士の選び方・探し方

会計・税務業務を税理士に相談・依頼したいと思った場合、まずは税理士を選ばなければなりません。近所で看板を出している税理士、インターネット上のサイトで紹介されている税理士などがありますが、どのようにして税理士を探すのがよいのでしょうか。個人の税理士と税理士法人のどちらを選べばよいのか、よい税理士とはどのような税理士なのかなど、税理士を選ぶときのポイントについて解説します。

税理士をどこで選ぶか

税理士を選ぶ方法として、知人の紹介してくれた税理士を選ぶという方法があげられます。知人の紹介なので安心できるというメリットはありますが、その知人にとってあう税理士であるだけで、自分にとってあう税理士かどうかはわからないので注意が必要です。近所で看板をあげている税理士を選ぶ、という方法もあります。場所が近いので安心ですが、近さだけで判断するのではなく、サービス内容をきちんと確認してから選ぶようにしましょう。

このほかにインターネット上のサイトで紹介している税理士や、税理士紹介サービスを通して税理士を選ぶという方法があります。この場合はたくさんの税理士から選ぶことができ、サービス内容も気軽に確認できるので便利ですが、自分にあうかどうかを確認するために契約する前に実際に面談をすることをおすすめします。

個人の税理士と税理士法人のどちらがよいか

税理士には、個人の税理士と税理士法人の2つの種類があります。

個人の税理士は、個人として税理士が税理士事務所を開設しています。税理士法人は、2人以上の税理士が設立している法人です。個人の税理士事務所では、その税理士が高齢な場合や病気をしている場合に、その税理士事務所に所長のほかに税理士資格を持つ人がいないと、継続して仕事を依頼できるかどうかが問題となりますが、税理士法人の場合はそのような心配がないというメリットがあります。

税理士法人には、小規模な税理士法人と大手の税理士法人とがあり、小規模な税理士法人であれば個人の税理士事務所とほとんど変わりません。大手の税理士法人の場合は、たくさんのスタッフで業務を行う必要がある場合に対応できたり、M&Aコンサルティングなどさまざまな業務に対応できるというメリットがあります。

通常の記帳代行や申告業務を依頼するのであれば、個人の税理士、税理士法人のどちらでも違いはありません。また、小規模な税理士法人か大手の税理士法人かでも違いはありません。大切なのは、担当者が親切に話を聞き、しっかりと業務を行ってくれるかどうかです。

よい税理士とはどんな税理士か

よい税理士かどうかを考えるときには、「自分にとってよい税理士かどうか」が大切です。

自分の望むサービスを提供してくれ、自分の疑問点にもていねいに答えてくれる親切な税理士がよい税理士といえるでしょう。知識が豊富でたくさんのアドバイスをしてくれたとしても、自分の欲しいアドバイスをしてくれなかったり、自分とあわないと感じる場合には、その税理士はよい税理士とはいえません。

このほかに、税理士には自分の事業の情報や個人情報を提供しなければならないので、守秘義務や個人情報保護に気を使ってくれているかどうかもチェックポイントになります。税理士には守秘義務がありますが、実際に細心の注意を払っているかどうか、注意する必要があります。

よい税理士かどうかを見極めるための方法

よい税理士かどうかを見極めるためには、インターネット上の情報、電話、メールだけではわかりません。その税理士や担当者と自分があうかどうかは、実際に会って話してみないとわからないので、契約の前に面談をして自分が気に入るかどうかを確認するようにしましょう。

税理士とのつきあいは長期になることが多く、自分の信頼できる税理士を見つけることができれば、安心して会計・税務を任せることができ、自分の本業に集中することができるようになります。

そのほかによい税理士を選ぶには、電話やメールをしたときの折り返しに時間がかからない税理士を選ぶのもよい方法です。時間のかかる税理士はいつも忙しいことが多く、契約を結んでも自分のための時間をあまりとってくれないことがあるからです。また契約時の書類がしっかりしているかどうかもチェックしましょう。契約時の書類をしっかりと作成できない税理士は、会計・税務業務での書類についてもしっかりと作成できるかどうか不安だといえるからです。

税理士を選ぶときの注意点

税理士を選ぶときには、自分とあうかどうかが一番大切ですが、そのほかにもいくつか考慮すべき注意点があります。

税理士事務所のある場所は、自分の仕事場に近いほうが急ぐときや会って話をしたいときに便利です。

また、実際に業務を行うのは、税理士ではなく税理士事務所のスタッフということもあります。この場合には、スタッフと税理士の連携がうまくいっているかどうかや、決算・申告時など税務相談をしたいときに税理士本人に話を聞いてもらえるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

インターネット上に紹介されている税理士の中には、たくさんの経歴が紹介されている税理士もいますが、契約を結ぶときには学歴や経歴にとらわれずに、その税理士の人柄で判断するようにしましょう。

よい税理士を選ぶときのポイント

よい税理士を選ぶには、どのような方法で探すかも重要です。全国の税理士のプロフィールを掲載する士業の検索サイト「エキテンプロ」なら、注力分野から近隣の税理士を探すことができます。複数の税理士へ一括で相談&見積もり依頼ができる「まとめて相談」を利用することができます。メールで返答があるので、比較検討をして、面談を申し込むことができます。 実際に税理士を選ぶときには、税理士本人や担当者と実際に面談をして、自分にあう税理士かどうかを自分の目で確かめることが大切です。実際に会ったときに熱心に話を聞いてくれ、親身になってアドバイスや提案をしてくれる税理士であればよい税理士だといえるでしょう。経歴や学歴を重視するのではなく、人柄で判断することも大切です。

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

この記事の監修者

【税理士は経営者の皆様にとって身近な相談役です】 最近はなんでもスマホに聞け!という時代ですが、事業を運営・経営される皆様はそれだけでは解決できないことも沢山あろうかと思います。...

プロのコメント

大藏浩幸 税理士
  • 大藏浩幸税理士事務所
  • 大藏浩幸税理士

やはり税理士は経験!何を専門にしているか? 総合アドバイザーなのかその税目のみしか知らないのか? 経験20年以上相続はもとより法人個人の決算申告税務調査の経験は強みです!いちどご相談ください

藤原寿美 税理士
  • 藤原税理士事務所
  • 藤原寿美税理士

税理士事務所にもいろいろあります。大規模法人に特に力を入れていてスタッフが多い大手税理士法人や、私のように税理士本人がすべてを担当させていただいて、主として中小企業の顧問先様が多い税理士事務所など・・・ それぞれにメリット・デメリットがありますから、御社に最適な 税理士に顧問になってもらえると、きっと会社経営に有益な存在になることと思います。

経営者・オーナーの方へ

経営のお悩みを無料で専門家に一括相談!

  • 5000人の士業から条件にあった士業を自動選択!
  • 一括見積りで費用と対応を比較可能!
  • まとめて依頼できるから、あなたのお悩みをスピーディに解決!
無料で一括相談・見積りする

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?

  • サイト内各所投稿数ランキングに、貴事務所が表示されるようになります。
  • 自分のページの情報量も増えて、より上位に表示されるようになります。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。
コメントする