会社の経費でポイントを貯めるのって横領?

刑事事件

最近では、さまざまなポイントカードがあり、ポイントを貯めることで買い物ができたり様々な特典がつきます。会社の経費を支払ったときに自分のカードにポイントをつけ、会社経理から横領と言われたというケースが増えてきています。このような場合は、どのように考えたらよいのかを解説します。

会社経費でポイントを貯めてトラブルになるケース

最近では、コンビニ・飲食店などで支払いをするときに、ポイントカードでポイントを貯めることができるお店が増えてきました。一枚あれば多くの提携店舗で使えるポイントカードもあり、貯めたポイントで買い物ができるシステムになっているため、ポイントをたくさん貯めれば高額な買い物も可能になります。ポイントをつけたかどうかレシートに印字されて、会社の経理にレシートを提出したときに注意を受けるケースがあります。

また、出張で航空券を買う機会が多い方は、会社経費として航空券の支払いを行いマイレージシステムでマイルを貯める方もいます。マイルを貯めると航空券や記念品などと交換することができます。

会社経費を自分で支払うことでポイントを貯めることができるのであれば、つい自分のポイントを貯めたくなる気持ちになります。しかし、会社経費の支払いをしない従業員はポイントを貯めることができないので、従業員の間で不公平が生じトラブルが発生することも予想されます。

会社経費支払いで発生するポイントの基本的考え方

会社経費を支払うことで発生したポイントについては、どのように考えていくのが正しい考え方なのでしょうか。

原則としては、会社の経費の支払いからポイントが発生すれば、そのポイントは会社に帰属します。したがって、そのポイントを自分のものとすると横領にあたる可能性があると考えられます。ただし、民法や税法にはポイントについての取扱いについて、具体的な規定はありません。

確かに会社から経費を支払うためにお金を渡されて、そのお金で支払いをした分についてのポイントは会社に帰属すると考えるのが、正しい考え方のように思います。しかし、会社から経費を支払うためのお金を渡されたわけではなく、まずは自分のお金で買い物をし、あとからその支払いは会社が払うべきものだと思い経費の精算をした場合はどうでしょうか。この場合には、まずは自分のお金で買い物をしているわけですから、ポイントは自分に帰属することに問題がないように思えます。

横領にあたるかどうかの判断ポイント

会社経費を支払うことで発生したポイントを自分のポイントとすることが、横領にあたるかどうかを考えるにあたって、まず横領とはどのような行為をいうのかを考えてみましょう。横領とは、自分の管理する他人のものを不法に自分のものとすることをいい、横領をした者には刑罰が定められています。

この定義から、会社経費を支払うときに会社名義のクレジットカードやポイントカードを使用するように言われている場合には、自分の個人のカードにポイントを加算すると横領にあたると考えられます。実際に会社経費を支払うときのポイントを自分のポイントにすることで、訴えられたり処分を受けるケースはほとんどありません。しかし、将来的にポイントをつけることが問題となり横領にとわれたり、会社から懲戒処分を受けることも考えられます。

会社経費から発生するポイントについての会社の対応

では、会社としては従業員が経費を支払うときに、支払いから発生するポイントをどのように扱っていけばよいのでしょうか。いつも経費の支払いを任されている従業員はたくさんポイントを貯めることができ、経費の支払いを任されていない従業員との不公平が生じるために、トラブルになるケースも予想されます。

トラブルを避けるためには、事前に社内ルールを作成するとよいでしょう。まずは、ポイントを会社で管理するのか管理しないかの方針を決めます。会社の経費から生じるポイントの発生が管理しなくてもよいほど少額なものであり、管理コストのほうがかかってしまう場合には、会社ではポイントを管理しないと決めるのもひとつの方法です。ポイントを管理する方針にした場合には、会社名義のクレジットカードやポイントカードを作って、経費の支払いをするときに使用することを義務づける方法がよいでしょう。

会社経費支払いにつくポイントについての対策

会社経費支払いにつくポイントについては、ほとんどの場合は少額ですので、問題にされないことが多いでしょう。しかし、多額の経費を支払うことでポイントが大量につき、従業員間の不公平からトラブルになるケースも予想されます。大きなトラブルなる前に、ポイントについての会社としての方針を決めておくことをおすすめします。もし、トラブルが発生してしまい横領にあたるかどうかが問題となった場合には、まずは法律の専門家である弁護士に相談し、アドバイスを受けるとよいでしょう。

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

この記事の監修者

【ご縁を大切にし、一つひとつの案件に心を込めて対応】 これまで寄せられた相談は非常に多岐にわたり、いずれの案件にも全力で立ち向かい、ご依頼者様に満足していただけるよう、長年培って...

プロのコメント

まだコメントがありません。

経営者・オーナーの方へ

経営のお悩みを無料で専門家に一括相談!

  • 5000人の士業から条件にあった士業を自動選択!
  • 一括見積りで費用と対応を比較可能!
  • まとめて依頼できるから、あなたのお悩みをスピーディに解決!
無料で一括相談・見積りする

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?

  • サイト内各所投稿数ランキングに、貴事務所が表示されるようになります。
  • 自分のページの情報量も増えて、より上位に表示されるようになります。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。
コメントする