任意整理って?個人事業主が破産せずに事業継続する方法とは

個人事業は収入が不安定なために、債務が増えてしまってお困りの方がたくさんいらっしゃいます。債務整理の方法にはいくつかありますが、その中に「任意整理」という方法があります。個人事業主が任意整理する場合に知っておきたいポイントを解説します。

個人事業主の債務整理の方法

個人事業者が経営困難に陥った場合の債務整理の手段には、自己破産、特定調停、民事再生、任意整理の4つの方法があります。自己破産は、裁判所を通して債務の返済義務を免除してもらうことです。特定調停は、簡易裁判所が債権者と債務者との話し合いを仲裁し、返済条件の軽減等を行うことです。民事再生は、住宅等の財産を維持しつつ減額された借金を、原則3年の期間の間に返済していくことです。

そして任意整理は、任意で借金を整理することですので、ほかの方法と違い裁判所などの公的機関の手続きを経ることのなく行うことができます。債権者との交渉によって、利息や毎月の支払額を減額してもらい債務額を減らす方法です。この任意整理は、事業を継続しながら借金を整理して経営を立て直していきたいという個人事業主に向いている方法です。

個人事業主にとっての任意整理とは

個人事業主にとって任意整理を行うということは、事業を継続して今後も借金を返済していかなければならないことを意味します。借金の返済資金を確保するために、事業で利益が見込めることが前提となります。ただし、利息が軽減され毎月の返済額も無理のない金額に減らすことができますので、事業で利益を見込むことができれば経営の立て直しを図ることができます。

また、売却できる資産があれば、売却することで資金を得るとともに、資産保有に伴うコスト(固定資産税など)を減らすことができます。

任意整理のメリットとデメリット

個人事業主にとっての任意整理の最大のメリットは、事業を継続しながら債務整理をすることができることです。資産の処分についても、事業に必要な資産を残し、不必要な資産を処分するという方法をとることができます。

任意整理のデメリットは、借金を返済していかなければならないことです。利息や毎月の支払額を減らすことはできても、原則として借金の元本を減らすことができず、あくまで無理のない返済ができるように交渉をすることができるだけです。債権者によっては、交渉に応じてくれない場合もあります。任意整理は裁判所などの公的機関を通さずに行うことができますが、金融機関のブラックリストに事故情報として載ってしまいますので、新規の借入をすることは難しくなります。クレジットカードを使うこともできなくなります。また任意整理の交渉後には、原則として借金の返済が滞ることは許されません。

任意整理の手続き

任意整理は個人で行うこともできますが、正しい法律知識に基づいて債権者との交渉を有利に進めるためには、法律の専門家である弁護士に依頼をしたほうがスムーズに手続きをすることができます。弁護士と契約をすると、弁護士が債権者に受任通知(介入通知)を発送します。これにより債権者から直接、借金取立てがされることがなくなります。また、債務が増えて経営困難に陥っている個人事業主にとっては、弁護士が介入しているということで精神的負担も少なくなります。

個人事業者が任意整理を行うためには、まず自分の資産と債務を把握する必要があります。もし、銀行以外の貸金業者から長期にわたって借り入れをしているような場合は、借金の利息を利息制限法に基づいて計算しなおすことで、返済金額が少なくなる可能性もあります。このように専門家の助けを借りながら、不要な資産を処分し、無理のない返済計画をもとに各債権者と交渉していくことになります。

任意整理をすることで経営を立て直す

債務が増えてしまって経営困難に陥っている場合、事業継続を希望するなら任意整理を検討すべきでしょう。任意整理を弁護士に依頼することで、債権者から直接に借金の取立てをされることがなくなり精神的負担も少なくなります。無理のない返済計画を立てることができ、経営を立て直す希望がみえてきます。

ただし、任意整理の方法を選んだほうがよいのは、事業から利益が見込める場合です。資金繰りが苦しいだけでなく、事業自体に将来性を見込むことができない場合には、返済をしていくこと自体ができませんので、事業の再建は難しく自己破産等により事業の清算を検討することとなります。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

安藤光晴 行政書士
  • みらい行政書士事務所
  • 安藤光晴行政書士

以前勤務の法律事務所で債務整理を扱っていましたが、なんとか支払いをしようとして色々な消費者金融などにお金を借り、自転車操業となっている方も多く見受けられました。過剰なデメリットがあるように思われている方も多いですが、意外とそうでもない場合も多くあります。ご自身での解決が困難となる前に相談されることをお勧めします。

コメントする

この記事の監修者

【20年以上の豊富な経験と知識! そのお悩みに充実のサービスとサポートを】 弁護士もサービス業の1つと考え、 当たり前のことではありますが、ご依頼者様に簡潔にわかりや...