宝くじで高額当選したら、税金でほとんど無くなってしまうって本当!?

節税対策

夢を買うといわれる宝くじ。宝くじを買う人は高額当選を夢見て購入します。いざ高額当選をしてしまったときに気になるのが税金です。宝くじの当選金には税金がかかるのかどうか、税務署から問い合わせがあったらどうしたらよいのか、など宝くじに関係する税金について解説します。

宝くじの当選金は課税?非課税?

宝くじは夢を買うと言われ、宝くじの販売がはじまると誰もが高額当選を夢見て宝くじを購入します。宝くじは、滅多に高額当選をするものではありません。しかし、いざ高額当選をしたときには、宝くじによる収入がどのように取り扱われるのか気になります。

宝くじの当選金に税金がかかってしまうと、高額の税金を払わなければならないことになってしまいますが、心配はありません。実は宝くじの当選金は非課税として取り扱われ、確定申告の必要もありません。

なぜ、宝くじの当選金は非課税なのでしょうか。宝くじは、その販売金自体が各自治体の収入となっているために、当選金に課税すると各自治体は二重に収入を得ることとなってしまうからです。宝くじを購入した時点ですでに各自治体にお金を払っているので、当選したときには税金を払う必要はないのです。

ここで気をつけたいのが、宝くじ以外の懸賞や賞金です。懸賞や賞金は課税対象となるので、確定申告で申告する必要があり税金がかかります。同じ当選金でも福引で当選金があたった場合には、その当選金は課税対象となり、税金がかかります。

税務署からの問い合わせの対応方法

宝くじに高額当選をすると、その当選金を何に使おうかと考えますよね。宝くじに高額当選をして当選金の使い道として多いのが、不動産や高級車の購入ではないでしょうか。通常であれば長期のローンを組んで購入をしなければならないものでも、宝くじに高額当選をすれば一括して購入することができます。すでに長期のローンで不動産や車を購入している方は、ローンの一括返済をするのもよいですね。また、宝くじの当選金を元手に事業をはじめようと思われる方もいらっしゃると思います。

ここで気をつけたいのが、税務署からの問い合わせです。不動産や高級車を購入したり事業をはじめたりすると、税務署からその資金をどこから得たのかの問い合わせがくることがあります。宝くじに高額当選したら、銀行から当選証明書を発行してもらうことができますので、税務署からの問い合わせに備えて当選証明書を発行してもらい保存しておくようにしましょう。

宝くじに当たったら注意しなければならない税金

宝くじの高額当選をして、自分で当選金を使ったり貯金をしたりする場合には、当選金に税金がかかることはありません。しかし、宝くじに高額当選した場合に自分で当選金を使ったり貯金をしたりする以外に思い浮かぶ使い道として、他人のために当選金を使うことではないでしょうか。家族や大事な人に当選金の一部をあげたいと思われる方も多いと思います。ここで気をつけたいのが、贈与税です。当選金を他の人に贈与すると、贈与税がかかってしまうのです。

贈与税は、他の人に1人について110万円以上のお金を贈与したときにかかります。贈与税の税率は年間110万円を超えた部分について、金額によって10%から55%の間の税率でかかってきます。せっかく高額当選をして他の人に贈与したいと思っても、最高で55%も税金がかかってしまうことがあるのです。年間110万円の範囲内で贈与するのであれば、贈与税がかかりませんので、贈与をしたい場合には年間110万円以内にとどめておくのが良いと思います。

宝くじに高額当選したときに気を付けたいこと

当選金の使い道について、借金がある場合には最初に借金を返済することをおすすめします。不動産などの資産を購入しようと思う場合、事業をはじめようと思う場合、投資をしようと思う場合には、当選金自体に税金がかからなくても、不動産購入に伴う税金や当選金を運用した結果生じた収入に税金がかかる場合があります。高額当選をした場合の当選金の使い道についても、税金の専門家である税理士にアドバイスを受けることで、節税を頭において当選金を使うことができます。

宝くじに高額当選をしたときに考えるべきポイント

宝くじに高額当選をしたときには、何に当選金を使おうかで頭がいっぱいになってしまいます。まずは落ち着いて、税務署からの問い合わせに備えて銀行から当選証明書を発行してもらうようにしましょう。当選金を他人に贈与する場合には、金額によって贈与税がかかる場合があります。他人に贈与したいと思う場合には、まずは税理士のアドバイスを受けて計画的に贈与をしていくと良いでしょう。不動産投資、事業投資、金融資産投資などをする場合にも、確定申告をしたり税金を納付しなければならない場合がありますので、税理士に相談して節税しならがら当選金を有効に使っていくことをおすすめします。

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

大藏浩幸 税理士
  • 大藏浩幸税理士事務所
  • 大藏浩幸税理士

おめでとうございます!宝くじは非課税です! しかし親へ今までのお礼などで110万を超えて渡す! 親戚などへも?贈与税の範囲ですよ! ご自分で使ってください!

小川逸朗 行政書士
  • 小川逸朗行政書士事務所
  • 小川逸朗行政書士

宝くじに当たったら、①言いふらさない、②大金を贈与しない③健康に注意する ④仕事を辞めない ⑤当選証書を必ずもらう事 等々有りますが、おめでとうございます。 ちなみに非課税ですが銀行に大金預金するとお金の出所を聞かれますので、当選記だと言うことを証明するにも、当選証明書をかくじつにもらって下さい。

コメントする

この記事の監修者

【中小企業から宗教法人、スポーツ選手まで 海外進出のサポートも充実!】 みなさんこんにちは。代表の今野真輔(こんの しんすけ)です。 税理士として開業したきっかけは、税...