個人事業主必見!e-Taxで確定申告がおすすめな理由とは

経理・決算支援
節税対策

毎年の確定申告は、手間がかかるため個人事業主としては憂鬱になりやすい作業です。一般的に紙媒体で申告する人がまだまだ多いのですが、最近ではe-Taxでの申告も可能となっています。今回は、個人事業主がe-Taxで申告するメリットなどについて解説します。

そもそも確定申告とはなにか?

確定申告というのは、様々な所得を分類して収支計算を行ったり、支払った源泉徴収税の精算をする手続きのことを言います。

一般的に、年中に支払う税金というのは、あくまでも仮払いとなります。この仮に支払った税金に対して、確定した所得によって税金を計算しなおして、1年間の支払うべき税金を確定させます。もし、年中に支払った税金に対して確定した税金のほうが大きい場合は差額の税金納付を、そして確定した税金のほうが小さい場合にはすでに支払った税金の過納付分を還付してもらうことができます。

この確定申告の期間は、毎年2月から3月の間に行われるものであり、多くの人が同じように税金の計算をします。確定申告というのは、サラリーマンなどであっても一定の条件の元であれば確定申告をすることで、税金を還付することができるケースがあります。そのため、一般の人であっても確定申告をしたことがあるという人も存在するでしょう。

ただ、個人事業主は、サラリーマンと違い自分自身で税金の管理をして、確定申告によって税金額を申告しなければなりません。そのため、確定申告の知識については必須事項となります。

e-Taxでの確定申告のメリット

本来、確定申告は紙で作成をして、税務署に直接持ち込みをする、もしくは郵送をすることによって申告をしていました。

しかし、近年では、所得税や法人税などの申告書を紙で作成せずに、申告書データのみを電子的な方法で送信を行うシステムが構築・運用されています。「e-Tax(イータックス)」と呼ばれるシステムであり、正式名称を国税電子申告・納税システムといいます。

確定申告は、2月から3月に行われます。しかし、この期間は税務署が非常に混雑をして、最悪の場合には1日がかりの手続きとなるケースもあります。しかし、このe-Taxを使用することにより、税務署に行かずとも確定申告を、インターネットを通じて行うことができます。手書きで作成する手間も、持ち込む手間もないため余計な時間を取られる心配がありません。

また、税務署に持ち込みする場合、月曜日から金曜日の開庁時間に行かなければなりません。しかし、e-Taxであれば、確定申告期間内であれば曜日を問わず24時間提出することができるようになります。このように忙しい個人事業主にとって、e-Taxは非常にメリットが大きいのです。

e-Taxにデメリットはあるのか?

普段忙しい個人事業主にとってメリットの大きいe-Taxですが、ある一定のデメリットも存在しています。

それは、導入するまでに手間がかかるということです。e-Taxにより申告をするためには、まず税務署にe-Taxで申告する旨を申請して承認を受けなければなりません。また、2016年1月からは、マイナンバーカード(個人番号カード)を発行して、認証しなければならなくなりました。

また、マイナンバーカードをe-Taxでの確定申告の際にオンライン上で読み取り、認証を受けなければなりません。マイナンバーカードにはICチップが埋め込まれており、ICカードリーダーをパソコンに接続して、読み取ることで認証をすることができます。ICカードリーダーは、およそ2,000円から5,000円程度であり、e-Taxで確定申告をするためにはこの初期費用が必ず必要となります。

そして、もっともハードルが高いのは、e-Taxのシステムを理解するために一定の知識が必要ということです。民間が展開するようなわかりやすいウェブサービスではないため、事前知識なく操作をするとトラブルが起きる可能性があります。

e-Taxで確定申告をするための手続き方法

それでは、e-Taxを実際に導入するための手順について簡単にご紹介します。

〇動作環境の確認

e-Taxで申告するためのパソコンのスペックは最低で下記の環境が必要となります。

・CPU:Pentium4(1.6GHz) 以上

・メモリ:512MB 以上

・HDD:2GB 以上

・画面解像度:1024 ×768 以上

〇利用者識別番号を取得する

e-Taxのサイトにて利用者識別番号を取得します。この際には、eメールアドレスとパスワード設定が必要となります。

〇電子証明書の登録

住んでいる市役所に行き、窓口で電子証明書の登録をすることができます。電子証明書は3年ごとに更新をしなければならないため、注意してください。また、マイナンバーカードをまだ発行していない場合は、同時に発行依頼をしましょう。ちなみに、電子証明書を認証するためのパスコードは、5回以上間違えるとロックされてしまいます。そうなると役所に戻ってロックを解除しなければなりません。

〇e-Taxの利用申請

「電子申告・納税等開始届出書」を提出します。これはオンライン上でも手続きが可能です。

電子申告で快適な確定申告をしよう

電子申告を導入することによって、混雑する税務署に訪れることなく確定申告をすることができるようになります。個人事業主として、事業を進める中で手間を軽くすることができるのは非常にメリットがあります。導入方法や申告方法に不安がある場合は、専門家である税理士に相談をしてみてはいかがでしょうか?

プロへ一括相談・見積もり依頼ができます!

カンタン・便利な「まとめて相談(無料)」

全国選りすぐりのプロが5000人在籍。フォームに入力して送信するだけで、実績あるプロたちから様々な回答・提案が届きます。比較検討して依頼先を選ぶことができるので、より良いプロが簡単に見つかります。

無料で一括相談・見積りする

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

プロのコメント

西濱絢 税理士
  • 西濱絢公認会計士・税理士事務所
  • 西濱絢税理士

毎年ご自身でe-taxを利用する場合、上記手続きが必要となります。 最初に、マイナンバーカードの取得その他手続きが必要にはなりますが、翌年度以降は上記手続きは不要ですので、トライしてみてはいかがでしょうか。 書類での申告時の待ち時間が解消されます。 また、税理士は代理送信ができます。その場合マイナンバーカードの取得の必要はありません。税理士に依頼して、経営者様は本業に専念するのも一つの方法ですね。

大藏浩幸 税理士
  • 大藏浩幸税理士事務所
  • 大藏浩幸税理士

電子申告は税理士による代理送信が簡単です マイナンバーの添付資料もつける必要はありません 確定申告会場で1時間も待つより時間も有効に使えます 事業主の方はご自分の事業に専念できます! 税理士はあなたの頼れるパートナー

コメントする

この記事の監修者

【中小企業から宗教法人、スポーツ選手まで 海外進出のサポートも充実!】 みなさんこんにちは。代表の今野真輔(こんの しんすけ)です。 税理士として開業したきっかけは、税...