講演料や原稿料をもらったら確定申告はどうなる?

節税対策

個人事業主が講演料や原稿料をもらった場合は事業所得ではなく「雑所得」の扱いになります。この雑所得の金額に対して、源泉所得税が差し引かれます。雑所得の確定申告の方法と経費の扱い、源泉所得税と消費税の処理について解説します。

本業とは別に講演料や原稿料をもらったら?

本業とは別に講演を行ったり、原稿を執筆したりして、報酬を受け取る機会があったとします。

金銭報酬をもらった場合、報酬金額から源泉税額が差し引かれます。源泉徴収税額は、原則として、税込の報酬額に対して、10.21%(ただし、1回の支払い金額が100万円を超える場合は20.42%)の源泉徴収税率を乗じて計算されます。ただし、報酬額と消費税額が明確に区分されている場合には、税抜の報酬額に源泉徴収税率を乗じてもよいとされています。たとえば、税抜の報酬額100,000円に対して、源泉徴収税率(10.21%)100,000円×10.21%=10,210円が源泉税として、差し引きされます。結果的には、100,000円-10,210円=89,790円が手取り金額となります。

また、個人事業者は、自分の事業で得た事業所得と講演料や原稿料をあわせた所得金額を合算して確定申告をします。この確定申告で確定した所得税の年税額と源泉税額を比較して、年税額が多ければ確定申告時に不足分を納付、逆に少なければ、超過分が還付されます。

講演料や原稿料は「雑所得」に

講演料や原稿料は金額としては少額ですが、収入として発生しているので「雑所得」に該当します。ただし、講演や原稿など執筆が主な仕事の場合には、雑所得ではなく事業所得に該当します。所得は全部で10種類に分類されていますが、雑所得は、事業所得や給与所得など、他のどの所得にも該当しない所得をいいます。

講演料や原稿料を支払う側は、税務署に対して資料を提出します。具体的には、1人に対して年額で5万円を超える金額を支払う時は、支払調書と呼ばれる資料にまとめて税務署に提出します。また、税務署に提出された資料は市区町村にも送付され、住民税の課税用の資料として扱われます。

よって、収入が発生しているという情報は公開されています。また、昨年からのマイナンバー導入により、副収入の把握については、税務署において、徹底されるようになってきました。よって、事業所得や給与所得以外に20万円の雑所得が生じる場合は、確定申告を行うべきでしょう。

講演や原稿執筆に経費が発生している場合は?

雑所得の金額は、講演料や原稿料の収入金額から必要経費を差し引きして計算されます。

例えば、原稿を書くためにかかった書籍などの資料代や講演に行くためにかかった交通費は必要経費として認められます。したがって、領収書や請求書などをしっかりと保管しておくことが必要になります。

税務署は経費はこれぐらいだろうという経費率を算定しています。この経費率を超えている事業者は注視されてきました。かつては、 職種別に概算経費控除率があり、収入に概算経費率をかけて所得計算を行うことがありました。例えば、原稿料や講演料は30%という概算経費控除率でした。今ではこのような見解は適用できないと考えてよいでしょう。

また、雑所得は本業の仕事ではなく、個人の趣味の延長線上で発生するケースが多いです。よって、福利厚生費や交際費など、通常の仕事で認められるような経費はないと考えたほうがよいでしょう。

講演料や原稿料をもらった場合の申告時の扱いと注意点

講演料や原稿料をもらった場合は、雑所得という扱いになります。雑所得であっても、源泉税の対象であり、報酬額から一定の源泉税が差し引かれています。よって、本業の事業所得と合わせた確定申告を行うことを検討するべきでしょう。雑所得も事業所得と同じく、経費を差し引きして計算します。しかし、雑所得の場合は経費として、認められているものが限定されるので、注意が必要です。そして、所得税の確定申告の期限は翌年の3月15日まで、消費税の申告は翌年の3月31日までとなっているので、納税額がある場合は期限を意識しておくべきでしょう。

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

この記事の監修者

【中小企業から宗教法人、スポーツ選手まで 海外進出のサポートも充実!】 みなさんこんにちは。代表の今野真輔(こんの しんすけ)です。 税理士として開業したきっかけは、税...

プロのコメント

染木満則 税理士
  • 染木満則税理士事務所
  • 染木満則税理士

インターネットで仕事を簡単に受注・発注できるようになったことなどから、副業でウェブライター※をされる方も増えていると思います。 お手軽に1記事○○円といった感じで原稿を書いて、毎月、お小遣い程度の金額を稼ぐといった感じでしょうか。 「今まであまり、申告について真剣に考えてなかったから、経費になるはずの領収書を取っておくのを忘れた!」 なんてことのないようにしたいですね。 日ごろから領収書やレシートを見ながら「これって、経費になるのかな?」と考えるようにするとよいですね。 ※ウェブライターは、企業のHPに掲載する情報や様々な商品について情報を記事にする職業です。 インターネットの普及に伴って、こうした記事掲載の重要性が認識され、ウェブライターの仕事も増えてきているようです。

川瀬博之 税理士
  • アスタ税理士法人
  • 川瀬博之税理士

サラリーマンの方の副業収入での原稿料や原稿執筆の多くが「雑所得」になってしまいます。経費は限定的となり、赤字が出ても他の所得との通算が出来ない等税金のメリットがあまり享受できません。 事業所得と雑所得についても総合的に判断して決める必要がありますので、一度専門家にご相談頂いた方が良いと思います。

大藏浩幸 税理士
  • 大藏浩幸税理士事務所
  • 大藏浩幸税理士

雑所得は経費が限られてますので細かく領収書を集めて 収入との対応を表現するとわかりやすいと思います 支払調書も必ず保管して確定申告に備えましょう

渡部浩之 税理士
  • 渡部税理士事務所
  • 渡部浩之税理士

講演や原稿執筆等の収入は、多くの方が「雑所得」になります。 雑所得はその他、FXや仮想通貨の売却益等も「雑所得」に該当します。 控除できる経費は、その収入に直接対応するものだけでかなり限定的です。(交際費等の間接的な経費は対象になりません。) 給与所得その他事業所得等がある方は、合わせて確定申告を行う必要がありますので、お忘れなきようにお願いします。 また、所得税(消費税)の納付についてですが、原則3月15日(消費税は3月31日)までですが、口座振替依頼書を3月15日までに税務署に提出すると納付期限が1か月程延び、かつ指定口座から自動引落処理を行えますので、合わせてご確認ください。

経営者・オーナーの方へ

経営のお悩みを無料で専門家に一括相談!

  • 5000人の士業から条件にあった士業を自動選択!
  • 一括見積りで費用と対応を比較可能!
  • まとめて依頼できるから、あなたのお悩みをスピーディに解決!
無料で一括相談・見積りする

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?

  • サイト内各所投稿数ランキングに、貴事務所が表示されるようになります。
  • 自分のページの情報量も増えて、より上位に表示されるようになります。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。
コメントする