どう違う?個人事業主の青色申告と白色申告のメリットデメリット

節税対策
経理・決算支援

個人事業主にとって、必ず忘れてはいけないのが確定申告です。確定申告には、青色申告と白色申告という2種類があるのをご存知ですか?それぞれの特徴やメリット・デメリット、そして個人事業主はどちらで申告をするほうが良いのかについて詳しく解説します。

青色と白色の違いとは?

個人事業主が開業をする際には、「白色申告」と「青色申告」のどちらにするのかを選ばなければなりません。

通常、何もしなければ白色申告となります。一方で、青色申告というのは、税務署に申請をして承認をもらうことで初めて、申告をすることができるようになります。白色申告と青色申告のそれぞれに特徴がありますが、事業主はメリットやデメリットを鑑みたうえで、どちらで申告するのかを決めなければなりません。

ただ、白色申告の途中で青色申告へと変更することも可能です。そのため、開業当初は取引も少ないため白色申告で確定申告をしていき、事業が軌道に乗って取引数量も増えてきたら青色申告に変更するという個人事業主も少なくありません。

白色申告は手軽に申告ができる

白色申告の最大のメリットは、申請することなく適用になる(申請が必要ない)いうことです。帳簿についても最低限の内容を抑えておくだけで問題ありません。そのため、確定申告時に提出する書類というのは非常に少なくなります。

しかし、シンプルであるがゆえに、申告をする際に税制優遇などの特典がないため、節税ができず所得税を納付する可能性が高いということです。申請に手間がかかるものの、青色申告であれば、さまざまなメリットがあります。そのような特典を一切受けることができないのは、白色申告のデメリットと言えるでしょう。

そのため、白色申告は確定申告にあまり時間をかけたくなく、簡単に済ませたい人におすすめと言えるでしょう。

青色申告は控除が豊富

青色申告のメリットは、税金に関する様々な特典があるということです。主な特典は以下の通りです。

 

・最高65万円の青色申告特別控除

・3年間の赤字の繰越

・家族従業員に対する給与を経費扱いできる

このように、青色申告には税金を少しでも抑えるための特典が非常に多いです。そのため、特に利益の多い事業主や、赤字になるリスクのある事業主は青色申告の適用をしたほうが良いケースが多いです。

ただ、青色申告はメリットばかりではなくデメリットもあります。主なデメリットは次の通りです。

・事前に申請が必要

・複式簿記による帳簿作成が必要

・確定申告の際に提出する書類が増える

先にご紹介した事前の申請が必要なのはもちろんのこと、白色申告とは違い複式簿記によるしっかりとした帳簿作成が必要になります。これらのデメリットを享受できるのであれば青色申告にするのもいいでしょう。

単式簿記と複式簿記とは

利益などの計算方法を記録するためには、簿記によって記録をして確定申告の際に報告をしなければなりません。白色申告においては「単式簿記」、そして青色申告においては「複式簿記」で記録をする必要があります。

単式簿記というのは、単純にお小遣い帳のような簿記です。収入欄に「いつ」、「なんの」収益を、「いくら」もらったのか記載していき、同じように支出欄に支出した金額を記載していきます。そして、それらの差引額が、収益となるとてもシンプルな方法です。

一方、複式簿記というのは、取引を複数の科目の帳簿によって記録する方法のことを言います。たとえば、「売上」、「仕入」、「現預金」、「電気代」、「消耗品費」など、勘定科目ごとに帳簿を作成し、それぞれが連動している必要があります。一般的に複式簿記を導入する場合、会計ソフトなどを用いて管理する必要があります。

青色申告で申告するためには

青色申告をするためには、税務署へ承認申請をして承認されると適用となります。個人事業主が、税務署への青色申告の申請をするには2通りのパターンがあります。まずは、新規開業の際に青色申告を選択する場合、そしてすでに開業しており白色申告をしていたけれども青色申告に変えたい場合です。

・新規開業の場合

1月1日~1月15日までに開業した場合、その年の3月15日までに提出する。もしくは1月16日以降に開業した場合、開業日から2か月以内に提出するとその年度分から青色申告ができるようになります。もし、この期限を過ぎてしまうと、1年は白色申告をして翌年度から青色申告が適用されます。

・白色申告から青色申告に変更する場合

青色申告に変更する年の3月15日までに提出すると適用されます。

白色申告と青色申告の特徴を理解しよう

青色申告には様々な税制上の特典がありますが、収益の内容や状態によっては必ずしも青色申告のほうが有利というわけではありません。税務の専門家である税理士などに相談をしながら、自分はどちらの申告をすることで有利になるのかを把握して、確定申告をしていくようにしましょう。

ニューストピックスについて

\SNSでシェアしよう!/

この記事の監修者

【中小企業から宗教法人、スポーツ選手まで 海外進出のサポートも充実!】 みなさんこんにちは。代表の今野真輔(こんの しんすけ)です。 税理士として開業したきっかけは、税...

プロのコメント

西濱絢 税理士
  • 西濱絢公認会計士・税理士事務所
  • 西濱絢税理士

私は開業届を提出する時に青色申告承認申請書も提出することをおすすめしています。 現在は白色でも帳簿の作成・保存が義務付けられていますので、白色のメリットはほとんどありません。 複式簿記でしっかり帳簿作成することが難しい場合、簡易帳簿を作成し10万円の特別控除を特典として受けることを検討してはいかがでしょうか。

大藏浩幸 税理士
  • 大藏浩幸税理士事務所
  • 大藏浩幸税理士

現在白色でも帳簿の作成義務があります 青色申告承認申請書は開業届とともに提出しましょう! 現在会計ソフトもいろんなものがありますし確定申告書まで作成できるものもあります。青色申告特別控除が10万円か65万円かは 複式簿記で作成し貸借対照表を添付が要件です! 詳しくは税理士に!あなたの頼れるパートナー

渡部浩之 税理士
  • 渡部税理士事務所
  • 渡部浩之税理士

「あまり利益が出ない」「自分で申告する方」は白色で申告されている方が多いイメージです。しかし、青色申告の特典をご存じで無い方がほとんどです。 青色申告のメリットは大きく下記の内容です。 ・特別控除ができる(最低でも10万円) ・赤字が繰越できる ・一定の要件を満たした親族に給料を払える ・30万円未満の固定資産を一括で経費計上できる 青色申告を行うためには、開業届時に青色承認申請書を提出するだけです。 帳簿の管理をしっかりすれば、多くの特典を受ける事ができるので、必ず青色申告をすることをお勧めします。

原田豊 行政書士
  • 行政書士アーク総合
  • 原田豊行政書士

青色申告の最大のメリットは「複式簿記」を理解する(できる)そして実践するところにあります。 1.お客さまと会話する上で、特に企業者と会話する上では最低限必要なスキルである 2.自らの事業を拡大する上でも、また将来、法人化する上でも役に立つ。 今は「白色申告」で将来「青色申告」で、ということより、以上の理由より開業当初から「青色申告」をされることをお奨めします。

春田和登 税理士
  • 春田和登税理士事務所
  • 春田和登税理士

青色申告で65万円の控除を適用すると、国税の税率が3割に達っしている方の場合、国税30%地方税10%合わせて40%つまり税金の支払が65万円×40%=26万円も節税出来ます。 私は青色申告をお勧め致します。

経営者・オーナーの方へ

経営のお悩みを無料で専門家に一括相談!

  • 5000人の士業から条件にあった士業を自動選択!
  • 一括見積りで費用と対応を比較可能!
  • まとめて依頼できるから、あなたのお悩みをスピーディに解決!
無料で一括相談・見積りする

士業の方へ

記事にコメントを入れてアピールしませんか?

  • サイト内各所投稿数ランキングに、貴事務所が表示されるようになります。
  • 自分のページの情報量も増えて、より上位に表示されるようになります。
※プロ会員登録がまだの方は無料でご登録可能です。
コメントする