注力分野

  • 1遺言・遺産相続 > 相続登記

    大切な方が亡くなられた後、残された方々は様々な手続を行うことになります。 亡くなられた直後に行わなければならない手続を終えると、残された財産を引き継ぐ手続である相続の手続を行うことになります。 相続を原因とする土地や建物などの不動産の名義変更を相続登記といいます。 この相続登記は、相続発生後何ヶ月以内にしなければならないという規定はありません。 しかし、登記をしないまま年月が経過すると、必要な書類を集められなくなることがあり、さらに相続人が亡くなられて 手続がより複雑になる場合があります。 不動産の名義を被相続人のままにしておくと不動産の売却を行うことができませんので、早めに登記手続を行うことが大切です。 登記申請は、不動産の所在地を管轄する法務局に行います。 その際の必要書類は場合により異なるものもありますが、例えば遺産分割協議をした場合は、被相続人の出生からお亡くなりに なられるまでの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、不動産を取得する相続人の住民票の写しや遺産分割協議書等です。 これらの手続は多くの方々にとってなじみがなく、煩雑・複雑に感じられるかと思います。 当事務所はそういう方々のお役に立たせて頂きます。お気軽にご相談下さいませ。

取扱分野

不動産登記

所有権移転抵当権抹消登記名義人表示変更不動産売買

会社・法人登記

株式会社設立合同会社設立本店移転役員変更定款・商号変更解散清算合併

民事・少額訴訟

訴状作成代行支払督促民事調停即決和解少額訴訟ADR

離婚・男女問題

離婚相談離婚慰謝料財産分与年金分割養育費親権離婚調停面会交流離婚協議書DV

借金・債務整理

債務整理自己破産過払い金ヤミ金時効援用個人再生任意整理

遺言・遺産相続

遺言作成・保管遺産分割協議成年後見死因贈与限定承認遺留分公正証書遺言民事信託・家族信託死後事務委任契約

消費者被害

内容証明

不動産トラブル

借地権抵当権

供託

供託手続き

ピックアップ プロ