プロフィール

やわらか対応、きっちり仕事 頼れる「法律の町医者」を目指して

大学卒業後、普通のサラリーマン生活を送っていましたが、長時間労働で体調を崩して入院したり、会社を辞めざるをえなくなったりといったつらい経験を通じ、自分にできること、自分らしく生きられる仕事は何かと悩んだ結果、「人の痛みがわかる法律の専門家」になろうと決意しました。30歳の時です。  資格試験の勉強をしながら不動産営業を4年、司法書士・行政書士事務所(仙台)の事務員として5年間勤務しました。しかし事務員として多くの依頼者と接する中で、司法書士・行政書士について、「肩書きが固くて気難しい人」という印象を持っているために相談をためらう人達がまだまだ多いことに気がつきました。  そんなハードルを少しでも低くして、依頼者の言葉にしっかり耳を傾け、安心して法律相談できる窓口になりたい。そんな思いから、2015年9月、「すずな司法書士行政書士事務所」を開業しました。  もちろん責任のある仕事なので、手は抜けません。 「やわらか対応、きっちり仕事」 をモットーに、さまざまな法律問題の悩みや疑問、不安、手続のわずらわしさから解放され、事務所名の由来であるすずな(菘)の花言葉のごとく「晴れ晴れと」なるお手伝いのできる「法律の町医者」を目指して、日々取り組んでいます。

経歴
2000年01月
料金確認/問い合わせ

ピックアップ プロ