注力分野

  • 1相続 > 相続税

    【ノウハウを最大限に活かして相続税申告をフルサポート】 人が死亡すると、その人が所有していた財産は配偶者や子どもなどが相続します。この財産の移転にともなって「相続税」が課されます。 相続税には「基礎控除」というものがあり、遺産総額が『3,000万円+法定相続人の数×600万円』を超えないようであれば相続税の申告も、納税の必要もありません。しかし、そもそも相続財産の調査が困難であったり、相続税申告の対象となる財産・ならない財産の判断が難しかったりと簡単に済まないケースも起こりがちです。 相続の分野はとても複雑です。 申告方法や控除、特例などの組み合わせにより、相続税額が何割も変動する場合が多くあります。大切な財産を引き継ぐためにも、相続の経験豊富な専門家にぜひご相談ください。 ■節税対策もおまかせください! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 相続税には、様々な控除や特例が設けられています。 例えば、配偶者控除や小規模宅地の特例などがあげられますが そのためには、円満に相続を行い、正しく相続税申告をする必要がございます。  〇円満に相続(遺産分割)を行うための対策  〇相続税の納税資金を確保するための対策  〇相続税を軽減するための対策 上記のような対策についてもアドバイスいたします。 相続税申告には期限が設けられているため、 スムーズに手続きを行うためにも専門家におまかせください。 ■生前贈与をご検討の方へ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 相続税対策の一環として、生前贈与を選択される方も多いと思います。 財産の額や酒類によって様々な方法がございます。 的確な方法をご提案いたしますので、まずはお悩みをお聞かせください。

  • 2確定申告 > 青色申告

    【複雑な確定申告をお手伝いします】 当事務所では法人・個人問わず、確定申告のお手伝いをしております。それぞれのお客様に合ったサービスをご提案させていただきますので、専門家である税理士におまかせください! ■このような方は確定申告が必要です ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〇個人事業を営んでいる方 〇不動産を売却しするなど譲渡所得のある方 〇貸室・アパート・駐車場等の不動産所得がある方 〇相続財産を受け取った方 〇財産の贈与を受けた方 〇住宅ローン控除・医療費控除などが適用される方 初めてで不安がある、複雑でよくわからないなど どのようなことでもお気軽にお尋ねください。 ■個人事業主様の確定申告もお手伝いいたします! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 個人事業主として事業を行っている場合、 毎年3月15日までに所得税の確定申告を行わなければなりません。 個人事業主様の場合、確定申告を行うことで 住民税や個人事業税の納付額も決定します。 また、一定の売上高を超えると消費税も納める必要があります。 当事務所では確定申告のお手伝いはもちろん、 個人事業の立ち上げから運営、記帳などもトータルでサポートいたします。 \青色申告をお考えの方もご相談ください!/ 青色申告にすることで、税務上有利な特典を利用できる場合がございます。 その際は、帳簿書類の記帳と備え付けが必要になってくるため、 記帳指導・記帳代行やコンピュータ会計の導入も含めてサポートいたします。

  • 3経理・決算支援 > 会計ソフト

    【毎日の会計業務を迅速化するお手伝いをいたします】 手書きの帳簿や伝票作成の手間を省くことで、経理にかける時間と手間は半分以上削減できると考えています。そのため、当事務所ではパソコン会計を積極的に推進しております。 新たに会計ソフトの導入をご検討される場合は、お客様の業務内容に適した運用方法と経営分析などに役立つ資料の作成ができるように、導入支援を行います。「会計知識がなくて不安」「本当に使えるかどうかわからない」というお客様もどうぞご安心ください。 ■パソコン会計のメリット ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー パソコン会計を行うことで、記帳の手間を削減できるだけでなく、 「経営の状況が見えるようになる」というメリットがございます。 経営の状況をリアルタイムで把握することで、 事業の次の展開を考えたり、改善策を練ったりすることもできます。 何より、資金繰り計画も立てやすくなるため、 融資などを検討する際にも役立てることができます。 もちろん、正確に経理業務を行うことができるので、 確定申告の時期が近づいてから焦る、 税務調査の連絡があってから焦るということはありません。 もちろん、少なからずデメリットもございます。 メリット・デメリットの双方をしっかりとご説明し、 ご理解いただいた上で導入の検討を行っていただけます。

  • 4経理・決算支援

    【税務会計顧問として経営を支えます】 常にお客様の事を第一優先に考えた的確なご提案と、専門家ならではのきめ細かなサポートで、会社経営に関するすべての業務を支援いたします。 経営者なら誰もが直面する「融資相談」はもちろん、「節税対策」「経営相談」「記帳指導」など経営に関することなら何でもご相談いただけます。 ■資金調達にお悩みではありませんか? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 政策金融公庫はもちろん、融資に積極的な金融機関をご紹介することもできます。 税理士の関与により利息が低減される融資制度も多数あるため、 資金調達にお悩みの場合は、ぜひ当事務所へご相談ください。 また、融資の際には事業計画や返済計画を十分に練る必要があります。 会社の収益予想等をヒアリングし、税金等も考慮した中長期的な計画を立てることで、 融資を受けやすい、説得力のある計画書を作成することができます。 ■決算・申告業務もおまかせください! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 事業を行う上で不可欠な決算・申告業務も、当事務所へおまかせいただけます! 〇決算書の作成 決算整理仕訳入力と決算書の作成を代行いたします。 決算の内容を分析し、財務上の問題点を明らかにします。 〇総勘定元帳の作成 適切に会計処理を行うために、 作成と保存が義務付けられている総勘定元帳を作成します。 〇各種税務申告書の作成 各種申告書の作成はもちろん、提出まで承ります。 申告内容と当期分の納税額等を丁寧にご説明いたします。 このほか、給与計算や年末調整、経営計画・資金計画の作成、税務調査立ち会いなど 税務会計の専門家として経営者様をサポートします!

  • 5確定申告 > 固定資産税

    【大切な資産を守るお手伝いをいたします!】 生活を営む上で、税金との関係は切っても切り離せません。身近なものに消費税がありますが、私たちに課される税はとても多いです。正しく申告し、納付しなければならないのですが、複雑なことが多いです。 税金を納めすぎていないか、手続きは正しく行われているのかどうか、とても不安になるものです。 そのようなときこそ、税の専門家である税理士にご相談ください。経験とノウハウに基づいて、正しく税額を計算し、納めすぎることのないよう、また、納め忘れることのないようにサポートいたします。 ■不動産を売却したときの税金 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 土地や建物を売ったときの「譲渡所得」に対しては、 事業所得や給与所得などの他の所得と分離(分離課税)して課税されます。 確定申告をする必要があり、別途、所得税と住民税を納める必要があります。 この譲渡所得の算出方法には専門知識が求められ、 さらに、所有期間や用途によって税率も異なってくるため、 不安のある場合は専門家に相談することをおすすめします。 ■固定資産税と都市計画税 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 毎年1月1日の土地・家屋・償却資産の現況・所有状況に応じて、 固定資産税と都市計画税が課税されます。 そのため、土地と家屋を売却したとしても、 1月1日時点で登記簿謄本に所有者として登記されていれば 所有者に納税義務が発生することになります。 きっかり12月31日に売買契約をするわけにもいかないので、 一般的には「日割り」で固定資産税を支払います。 しかし、法律での定めは特になく、売主と買主の売買契約・合意に基づいて決定されます。 固定資産税と都市計画税についてご不明な点がございましたら、 お気軽にお問い合わせください。

取扱分野

経理・決算支援

税務申告決算書作成記帳代行経理指導・自計化巡回監査給与計算年末調整月次決算減価償却

コンサルティング

独立開業・会社設立事業承継会計システム導入税務・財務分析

節税対策

法人保険不動産投資年末調整・所得控除確定申告相続税・生前贈与資産管理会社

相続

生前贈与事業承継贈与税民事信託・家族信託

税務調査

税務調査立ち会い修正申告

確定申告

白色申告法人税配偶者控除扶養控除生命保険料控除住宅ローン控除医療費控除住民税所得税仮想通貨

会社設立・支援

会社設立