ニューストピックス

一覧に戻る

コンサルティング
節税対策

個人事業主が知っておくべき法人成りのタイミングとメリット

2018年02月02日

個人事業主が知っておくべき法人成りのタイミングとメリットについて、法人税と所得税の節税面から解説し、対策として何を行うべきかを解説します。また、法人成りすることで発生する手続きと費用面の負担についても解説します。

この記事を詳しく見る

久川秀則 税理士によるコメント

久川秀則
法人設立を活用するメリットは大変多岐にわたります。 賃貸不動産を建設して不動産賃貸業を行う場合にも、建物を建てて賃貸事業をする会社を設立することで、例えばいろいろな経費が計上しやすくもなり、生命保険も個人の場合と異なり、かなりの金額まで経費にできます。つまり法人税がかかる利益を減らしながら、保障を整えることができます。保険の活用については、一言で言えないほどのバリエーションがあり、様々なメリットが得られます。もう1点、建物の子女へ渡す際に、持分の登記をする必要なく、株を渡すだけでよい、ということがあります。生前贈与しやすいということです。ぜひ、法人設立を検討してみることをお勧めいたします。