ニューストピックス

一覧に戻る

経理・決算支援

会計業務をアウトソーシングすることで得られるメリットとは?

2017年10月11日

経理のアウトソーシングを行うことで、自社の経理業務や業務フローの見直しにつながります。また、コスト削減にもなります。アウトソーシングをすることで得られるメリットと依頼するアウトソーシング先と選択基準について、確認します。

この記事を詳しく見る

久川秀則 税理士によるコメント

久川秀則
経営者は、8割の時間を、商品やサービス、顧客のことのために使うべきで、知識やスキルがないのに、経理の仕事で夜なべをすることは、経営者を無駄に圧迫することになると思います。 経理をアウトソーシングすれば、本来の経営的意思決定のために思う存分時間を使うことができるのではないでしょうか? 経理担当を雇用することは大変な負担があり、アルバイトでは経理的な知識がないことが多く、任せることができないでしょう。 経理丸投げのアウトソーシングがありますが、意外と高いです。税理士事務所の場合には、経理の上に、税務顧問・相談や、会計専門家としての監査、さらに財務分析までやってくれても、アウトソーシングよりも安い場合が多いです。 ぜひ、税理士事務所への記帳代行をお薦めします。 税理士が月次から経理に関与していればこそ、帳簿や決算に信頼もされ、銀行も安心して融資できるということにもなりますね。