相談事例/実績

一覧に戻る

離婚・男女問題 > 離婚相談

有責配偶者からの離婚請求

浮気が発覚し、妻と別居した男性からのご相談。 離婚を検討しているが、ネットなどで調べたところ有責配偶者(※)からの離婚請求には条件があり、別居期間が7、8年ないと離婚できないとの記事がある。 すぐに離婚は無理なのでしょうか。 (※)有責配偶者とは、浮気などの不貞行為を行い、離婚原因において主として責任のある配偶者のことです。

星正秀 弁護士の対応

星正秀
確かに判例によると離婚判決を得るにはその程度の別居期間が必要です。しかし、協議離婚や調停離婚であれば離婚できる可能性はあります。今回ご相談いただいた男性はその後、調停を経て無事に離婚できました。