注力分野

  • 1遺言・遺産相続

    最近、遺産を巡る争いがおこるケースが多く相続人同士が話し合っても解決できないケースが増えています。 相続人同士が話し合っても解決できない場合は、裁判所の判断を仰ぐことになります。 そこでもめないためにも遺言書を作成しておく必要があります。 相続とは、人が死亡したときに、その人が所有していた財産を家族などが受け継ぐことをいいます。 財産を所有していた人を被相続人、受け継ぐ人を相続人と呼びます。 財産には、家や土地といった形のあるものだけでなく、さまざまな権利も含まれます。 また、プラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産もありますので、相続の正しい知識がなかったために、失敗したり、相続人同士のトラブルに発展するケースも少なくありません。 相続手続きでお悩みの方、ぜひご相談ください。 遺言・相続に関するご相談 □ お世話になった方に遺産をあげたい。(遺言書の作成) □ おじいちゃんが亡くなった。(相続手続き) □ 相続の手続きについて詳しく知りたい。

  • 2各種許認可申請

    事業を始めると、いろんな手続きが必要になります。 会社を設立したい方、許認可を取得したい方は、ぜひご相談ください。 ビジネスに関するご相談 □ 飲食店を始めたい。 (飲食店営業許可) □ 建設業許可を取得したい。(知事許可・大臣許可) □ 会社を設立したい。 (株式会社・合同会社など) □ 医療法人を設立したい。(医療法人設立認可)

  • 3その他

    会計帳簿の作成は、行政書士も「事実証明に関する文書」として、代行業務が出来ます。 一般の方は、記帳代行・決算書の作成 = 税理士さんというイメージが強いようですが、行政書士も決算書の作成まで業務を受託することができます。 会計帳簿の作成については、長年会計事務所に勤務していたこともあり、行政書士の方からもご相談を受けることがあります。 「この領収書は経費でおとせますか。」 「この支出は、何費になりますか。」 「お客様から、経営状況の説明を求められて、どう説明したらいいですか。」 経理事務経験者でないと分からないことが多いです。 記帳代行は、簡単そうに見えますが、意外と判断が難しい処理もあり、長年会計業務に携わっていても「どうしょう」と判断に困ることがあります。 「忙しくて、なかなか手がまわらない。」 「面倒くさくて、資料整理ができない。」 専門家が代行することで、経営の効率化を図ることができます。 複雑で面倒な帳簿の作成は、当事務所に任せて、営業に専念してください。 長年会計業務に携わってきた私が責任をもって、対応させて頂きます。 記帳に関するご相談 □ 事業を始めたが、帳簿の付け方が分からない。 □ 資料整理の方法を教えてほしい。 □ 今までどんぶり勘定でやってきたが毎月の業績を把握したい。 □ 経理事務をアウトソーシングしたい。 □ 会計ソフトを導入して自計化を図り、事務処理の時間を短縮したい。 □ 会社経営について相談したい。

ピックアップ プロピックアップに表示しませんか?
◆士業向け資料はこちら◆

PickUP
PickUP
  • 岡村陽造 行政書士

    岡村陽造

    行政書士

    【広畑駅徒歩約4分】お客様の笑顔が私の喜びです【姫路市】
    • 遺言・遺産相続
    • 外国人在留・ビザ
    • 各種許認可申請
    • 自動車登録
    • 消費者被害
    • 中小企業支援
  • 事務所:
    岡村陽造事務所
    最寄り駅:
    広畑駅 / 山陽天満駅 / 夢前川駅
    住所:
    兵庫県姫路市広畑区高浜町1丁目108-1