注力分野

  • 1債務・債権

    中小零細企業の社長の右腕的『資金繰りアドバイザー』として。  自ら数十年に亘る中小零細零細企業の経営者として資金繰りに悩み苦しんできた経験が、資金繰りに悩み苦しんでいる中小零細企業の社長の悩みの解決になればと思っています。資金繰りに悩み苦しんでいる内容は、実際に中小零細企業の経営者を経験したものでなければ真に理解できないものです。金融関係の経験があるとか、税理士の先生とかはあくまでも第三者的な立場でしか理解できないものです。それはそれで意義あることですが、当事者として経験しているものとして、解決に向けてのご相談に乗れるのではないかと思っています。資金繰りの苦しみには、レベルがありますのでそのレベルに応じた解決を図る必要があります。いろいろな方法がありますのでレベルを是非お聞かせください。因みに、私の経験は中途半端ではありませんのでとても書面化することはできません。ご興味がありましたらご連絡いただければと思います。私が、行政書士(特定行政書士)として事務所を開設した本意はここにあります。勿論、行政書士として幅広く仕事はさせて頂いていますので「身近な「法律・行政手続きよろず相談室」としてもご利用いただいています。

  • 2各種許認可申請

    【事業するにも業許認可が必要な業種もあります】 起業するにも、会社等の法人設立が必要となる場合もあります。また新たな事業をするにあたっても、その業種によっては特定の政策理由などにより、行政の許認可が必要な場合があります(例えば、建設業許可など)。 ご自身の考える経営ビジョンではどのような法人が良いのか、またどのような許可申請が必要なのかわかりづらく、中には複雑なものや書類が多く、準備に時間がかかるものもあります。 そのようなお悩みは当事務所までご相談ください。 お客様の描く経営ビジョンから、どのような法人が良いのか、またそれに必要な業許認可手続き・申請が必要か判断し、さらには書類作成から申請・届出などもすべておまかせいただくことで、会社経営に必要なその他の準備へ専念していただけます。 もちろん、すでに許認可を取得し事業をしているというお客様も、変更または更新の手続きなどでお困りごとがありましたら、お気軽にお声がけください。

  • 3その他

    中小零細企業の経営者の右腕的『資金繰りアドバイザー』として、そして『身近な”法律・行政手続きよろず相談室”でありたい』のです。 現在の行政書士としての経験だけでなく、会社経営など公私にわたって培ったさまざまなノウハウをお客様へと還元できるよう邁進しております。 化粧品関連やカラーコンタクトの輸入販売などのお客様も多く、薬事についての経験・知識も豊富です。 法律・行政手続き相談だけでなく、わたくしの経験に基づいたアドバイスなど、皆様が抱えるあらゆる悩みに対応できるのではないかと自負しております。 身近な「法律・行政手続きよろず相談室」として、一人でも多くのお客様を笑顔にできるよう、 今後もお役に立てるよう奮闘してまいります。

取扱分野

会社設立

株式会社設立合同会社設立本店移転役員変更定款・商号変更会社解散・清算結了一般社団法人設立NPO法人設立

遺言・遺産相続

遺言書遺産分割協議書