相談事例/実績

一覧に戻る

交通事故 > 後遺障害

男児の足の怪我及び顔面の傷跡につき併合で11級、2300万円を取得したケース

川西市内の信号のない横断歩道で、学校帰りの男児が横断歩道を横断中、相手方の自動車が前方不注視で突っ込んできたため、そのまま衝突され、救急搬送されて、右上腕、左上腕骨外顆骨折、左大腿骨骨折、左下腿開放骨折、両恥骨骨折、左橈骨骨折、左肘内側側副靱帯損傷、右膝関節挫滅創、顔面多発挫滅創、顔面多発擦過創、左逃避挫滅創、口唇貫通創、頬部肥厚性瘢痕の怪我を負われました。 相談者である母親は、自分の子どもが突然交通事故に遭い大怪我を負ってしまい、大変混乱した状態でした。 それなのに、相手の保険会社の担当者が子どもの入院先にアポなしで訪れるなどし、お母さまとしては、不信感を募らせ、また傷口に塩を塗られたように傷ついていました。 そこで、お母さまは、保険会社との対応を全て弁護士に任せるべく、弊所に来所されたのです。

古田雄哉 弁護士の対応

古田雄哉
当初の保険会社の提示額から約200%アップとなる2300万円の解決金を得ることに成功しました。傷に対して適切な賠償を得ることが出来て、ご家族も安心されていたようです。 【弁護士からのコメント】 この案件のポイントは、お子様のお怪我が治癒するのか後遺障害が残るのか、という点が一つ。もう一つが後遺障害が残った場合に何級の等級となるのか、でした。 被害者本人は小学生でしたので、傷の治りが想像以上に早かったのですが、お顔に傷が残ってしまいました。 この傷について、調査事務所の調査が行われることになったのですが、弁護士が同行して、お母さまの不安を軽減し、傷の長さについて堂々と主張を行うことで、当方の希望通りの後遺障害を得ることができました。

ピックアップ プロ

PickUP
  • 佐久間篤夫 弁護士
    【トラブル防止】問題が起きない対策を【予防コンサルタント】
    • 企業法務
    • 遺言・遺産相続
    • 労働問題
    • 訴訟・裁判
    • 離婚・男女問題
  • 事務所:
    佐久間総合法律事務所
    最寄り駅:
    市ヶ谷駅 / 半蔵門駅
    住所:
    東京都千代田区九段南3-9-1 九段サザンビル2階
PickUP
  • 清水智 弁護士

    清水智

    弁護士

    【予防法務】気軽に相談できる法律事務所【初回相談無料】
    • 企業法務
    • 遺言・遺産相続
    • 交通事故
    • その他
  • 事務所:
    弁護士法人清水法律事務所
    最寄り駅:
    西11丁目駅 / 西15丁目駅(市電) / 中央区役所前駅(市電)
    住所:
    北海道札幌市中央区大通西14丁目1-13 北日本南大通ビル3階