相談事例/実績

一覧に戻る

労働問題 > 労務監査・是正勧告

雇用保険未加入で是正勧告と指導(助成金申請も)【飲食業店経営 H様より】

従業員がアルバイトを含めて10名以上の飲食店を経営しているH様。 労働基準監督署の監査が入り、指導を受けたため当事務所へとご相談いただきました。 3年前にも労働基準監督に呼ばれて指導を受けており、 その際の対応で非常に時間がかかってしまったことから、今度は社会保険労務士さんにお願いしたほうが良いと思って依頼することにしたとのことでした。 実はH様、まだ社会保険だけでなく雇用保険にも加入されていなかった事業所でした。 そのため今回の労働基準監督署の指導は、 雇用保険に2年間遡って加入させるように、というものでした。

菅沼恒博 社会保険労務士の対応

菅沼恒博
まずは労働基準監督署の指示に従い、2年間遡って雇用保険に加入する手続きを取りました。 あわせて、該当者は社会保険にも加入手続きを取りました。 それらの手続きを進めている中で、 「給与計算もお願いできないか」 という話になりました。 実は事業主の奥様が給与計算を担当しているが、実際には奥様も店の重要な働き手の一員であったため、給与計算の時期になると、ご負担が大きく困っているとのことでした。 そこで、顧問契約を結び、引き続きお付き合いをすることになりました。 その後、何年も過ぎ、気軽にお話しいただけるようになった頃、「正社員化という制度を作りたい」 というお話をするようになりました。 それでは、と『キャリアアップ助成金』の話をさせていただき、申請手続きもご依頼いただきました。 ★スポットでのご相談も、もちろん可能ですが顧問契約ならではのサービスもございます。どのようにご依頼いただくか、ご料金はどうするか、などもご相談いただきましたら柔軟に対応しておりますので気兼ねなくお問い合わせください!