ニューストピックス

一覧に戻る

会社設立
会社・法人登記
コンサルティング
会社設立・支援

株式会社と合同会社の違いって?会社を作るならどっちがいい?

2018年12月19日

会社を作るなら「株式会社」と「合同会社」のどちらがいいのでしょうか?それぞれの特徴や違い、メリット・デメリットを正しく知って、理想の形の会社設立をめざしましょう。

この記事を詳しく見る

遠山智弘 行政書士によるコメント

遠山智弘
最近合同会社設立業務が増えております。理由としまして初期費用が株式会社ほどかからずに設立できる点にあるかと思われます。費用は株式会社設立の半分程度になります。 先ずは会社を作りたい、少ない費用で経営を始めたい方にとっては大変メリットのある事かと思われます。 「株式会社」社会ステータスはとても高いと考えます。 しかも、ご本人様が会社設立をしたいと考えれば、ほとんどの場合、株式会社が作れてしまいます。 会社設立にあたっての発起人設立総会を経て、議事録作成、定款作成、公証人役場による定款認証、法務局への登記申請。 このような一連の流れで株式会社は誕生致します。 お客様、ご自身で株式会社設立を行う場合の費用ですが。 定款収入印紙代 40,000円 公証人手数料 50,000円 定款の謄本手数料 2,000円程度 登録免許税 150,000円 (合同会社では半分程度の費用) 合計242,000円+資本金○○万円=発行株式数 で株式会社が設立できます。 よく資本金0円でも株式会社が設立できるといいますが、ここにデメリットが存在致します。 株式会社を設立し法務局へ登記をします。 会社の登記簿(全部事項証明書)は誰でも取得できるところにあります。 何故、デメリットかと言うと、ある会社が、お客様の会社と取引、またはお客様が銀行などの金融機関から融資を受けたい場合に、相手は法務局でお客様の登記簿(全部事項証明書)取得いたします。 ここで、「資本金」の項目を見て、0円だった場合に、相手にどんな印象を与えるでしょうか、「取引先にしても良いのかな」「融資しても良いのかな」 このような場合は株式会社を最初からではなく先ずは、合同会社から設立し経営を始め、事業が順調になり資本金に充当できる費用が用意できたから株式会社に変更するという方法が、私の見解ではありますが、もちろん株式会社設立からスタートでも良いかと思います。 株式会社というステータスは高いのですが、いざ中身を見たら.... 当事務所では、お客様とご一緒に、ご相談、ご意見、メリットデメリットを詳細に決定し、お客様のご意向に沿った会社設立のお手伝いをさせていただきます。 先ずは、お気軽にお問い合わせください。ご相談は何回でも何時間でも無料とさせて頂いております。 行政書士遠山法務事務所 特定行政書士 遠山智弘

ピックアップ プロ

PickUP
  • 吉村征一郎 行政書士

    吉村征一郎

    行政書士

    不動産に関するノウハウが豊富!お悩みに誠心誠意お応えします!
    • 遺言書
    • 農地転用・開発許可
    • 会社設立
    • 債務・債権
  • 事務所:
    行政書士事務所Stepup
    最寄り駅:
    稲荷町駅(富山) / 不二越駅 / 荒町駅(富山)
    住所:
    富山県富山市東町1丁目5番地8クリスタルビル101号室
PickUP
  • 一戸養子 行政書士

    一戸養子

    行政書士

    【建設・運送業許可】有資格者が直接対応【相続や記帳代行も】
    • 建設業
    • 会社設立
    • 遺言・遺産相続
    • 運送事業
    • 各種許認可申請
  • 事務所:
    一戸行政書士事務所
    最寄り駅:
    那須塩原駅 / 黒磯駅 / 高久駅
    住所:
    栃木県那須塩原市佐野212-4