相談事例/実績

一覧に戻る

離婚・男女問題 > 離婚調停

入籍直後にお互いの価値観が合わず離婚を望むようになった事例

入籍前は彼と円滑な交際ができていました。 しかし、入籍し同棲を開始してみると価値観が全く合わず入籍後わずか5か月で彼が家を飛び出し別居に至ってしまいました。その後、妻から夫に離婚を求めるも離婚条件が整わず、解決まで長期化するのではないかと思いましたので、弁護士に相談することにしました。

馬場充俊 弁護士の対応

馬場充俊
交渉での解決が困難であると思われたことから、ご依頼後、速やかに離婚調停・婚姻費用分担を求める調停を申し立てることにしました。 このまま別居期間を継続することで離婚事由が満たされること、離婚成立まで婚姻費用の支払いが継続されることを、調停において調停委員を介し相手方へ具体的に説明し、その結果、2回目の調停期日において離婚が成立しました。 弁護士からのコメント 本件のように、交渉しても離婚を成立させることが困難と思われる相手方の場合、将来の離婚訴訟を見据えた速やかな調停申立が重要となります。もっとも、既に別居を開始している場合は、離婚訴訟までいかなくとも、調停段階で離婚が早期に成立することも少なくありません。ただ、解決手続きは千差万別ですので、できるだけ早い段階で相談してください。

ピックアップ プロ

PickUP
  • 佐久間篤夫 弁護士
    【トラブル防止】問題が起きない対策を【予防コンサルタント】
    • 企業法務
    • 遺言・遺産相続
    • 労働問題
    • 訴訟・裁判
    • 離婚・男女問題
  • 事務所:
    佐久間総合法律事務所
    最寄り駅:
    市ヶ谷駅 / 半蔵門駅
    住所:
    東京都千代田区九段南3-9-1 九段サザンビル2階
PickUP
  • 清水智 弁護士

    清水智

    弁護士

    【予防法務】気軽に相談できる法律事務所【初回相談無料】
    • 企業法務
    • 遺言・遺産相続
    • 交通事故
    • その他
  • 事務所:
    弁護士法人清水法律事務所
    最寄り駅:
    西11丁目駅 / 西15丁目駅(市電) / 中央区役所前駅(市電)
    住所:
    北海道札幌市中央区大通西14丁目1-13 北日本南大通ビル3階