裾分篤

すそわけ あつし

裾分篤

行政書士

  • その他
  • その他
  • 補助金・助成金申請
  • 在留資格認定許可申請
  • 在留資格更新・変更
  • 遺言作成・保管
  • 株式会社設立
  • ...
料金確認/問い合わせ
事務所:
行政書士マコサポートオフィス
最寄り駅:
住所:
新潟県新潟市中央区浜浦町2丁目12番1号 ジョイロードハマウラ205号室

注力分野

  • 1会社設立 > その他

    【経営者様のお悩み”集客”のご相談、代行サービスをご提供】 経営安定のためには、安定した集客が必要ですね。集客に関する相談からホームページ制作、チラシやニュースレターの制作・発送代行まで事務所にて対応できます。ホームページ制作は、完全制作代行で49,800円から制作を承っております。 ※レンタルサーバー代(月額数百円ほど)等の実費は含まれておりません。 ■『集客相談(初回無料)』実施中! 「もっとお客様の数や売上を増やしたい」という方は、まずは当事務所の『集客相談』にお申込みください。初回無料にてお話を伺っております。 ■お忙しい経営者様には『集客代行サービス』 「集客の対策をしたいけど忙しくてなかなか手が回らない」という方は、当事務所独自の『集客代行サービス』にお申込みください。こちらも相談無料にてご提供しております。 【ポイント1】小さなお店・会社には、そのお店・会社にあった集客方法が必要です! お店・会社の業種・立地・客層・集客にかけられる予算や時間などをしっかりとお伺いして、適切と思われる集客方法を当事務所の代表行政書士が直接ご提案させていただきます。 私もこれまでにインターネット広告、チラシ等「紙」媒体広告などで身銭を切りながら試してきました。最初は全く効果がなかったこともありましたが、徐々にコツがわかり、効果が出始めてきました。小さなお店・会社でも広告が出せるように、数千円の予算でも使える広告は結構たくさんありますよ。 【ポイント2】広告は「小さく始めて大きく育てる」のが何よりも大事です! 少ない予算で何パターンものテストを繰り返し、効果が出たものを選別・分析して改良を加えていきます。そうしてある程度効果が見込める広告まで育ったら、大きな予算を投じて集客・販売につなげていくのが一番失敗しない広告のやり方です。 <最後に…> 繰り返しになりますが、集客に広告は欠かせません。そして広告は経営を安定させるためには必ず必要な投資です。だから大企業は莫大な予算をかけて広告をしているのです。 規模こそ違いますが、小さなお店や会社でも成功しているところは広告をうまくつかっています。まだまだ経営者様が知らないものもございます。やはり成功している方法は他人に教えたくないものですから。 集客に成功しているお店・会社にお客様を取られていきますよ。 あなたはそれでいいのですか? 一晩考えて、明日の朝9時になったら私にお電話ください。 あなたがよく眠れるようにご相談にのらせていいただきます。 もっと詳しく知りたい方は、下記より当事務所ホームページをご覧ください。 http://hansoku-niigata.com/?page_id=8

  • 2その他 > その他

    【事務代行】 いつも事務仕事や雑用に追われていませんか?経営者様は経営者にしかできない仕事に専念すべきです。…とはいえ、小さなお店・会社では経営者様自らがいろんな仕事をしなければいけないのが現状です。ただし、仕事が忙しくなってきて、あなたの手がまわらなくなってきたら、まず事務仕事を切り離していきましょう。 ■なぜ事務仕事から切り離すのか? それは少しやり方を覚えれば誰でもできる仕事だからです。 もちろん、個人差はありますが、普通の小さなお店・会社の事務仕事は、一定のやり方や決まりを覚えれば誰でもできます。そこに「判断」や「高度な専門知識」は必要ありません。 とはいえ、人を雇うと固定費がかかり、人間関係も大変ですね。お店や会社の業績もできれば従業員には知られたくない…そう思っている経営者様も多いでしょう。 \そんなときは私におまかせください/ 行政書士には守秘義務がございますので、あなたのお店・会社の大切な情報を外にもらすことは絶対にありません! 私は民間企業などで10年以上事務仕事を経験してきておりますので、「経理事務」「総務事務」「営業事務」「データ入力」など幅広い事務作業に対応可能です。安定した事務スキルがあると自負しておりますので、どうぞ安心しておまかせください。 <書類作成のプロとして…> 行政書士としての専門知識を活かした契約書類の作成、資料作成、個人情報を取り扱うアンケートや顧客リストの作成なども対応できます。あなたが契約トラブルやお客さんとのトラブルに巻き込まれないように、事前予防にも取り組みます。 また、ご依頼料は仕事の量や内容によって決まるため、人を雇うコストと比べて無駄が少なく、ご依頼したい仕事だけを承っております。事務の内容や契約期間も「スポット契約」から「お得な年間契約」さらに「もっとお得なパッケージ契約」までお店・会社のご事情にあわせて柔軟にご提案いたします。 領収書整理や請求書作成に疲れた夜に、お酒を飲みながら一晩考えてみてください。そして明日の朝9時になったら私にお電話ください。 あなたが美味しくお酒が飲めるようにご相談にのらせていいただきます。 もっと詳しく知りたい方は、下記より当事務所ホームページをご覧ください。 http://hansoku-niigata.com/?page_id=698

  • 3補助・助成認定 > 補助金・助成金申請

    【「累計1億円以上」補助金導入を担当実績があり】 補助金導入の経験が豊富な私が、お店・会社に補助金を導入を支援し、事業成長できるようがっちりサポートいたします。 私は今まで農協・漁協の補助金導入を担当してきました。その総額は累計1億円以上にのぼります。もちろん、書類作成だけなど事務作業のみならず、役所に出向いてのプレゼンテーション経験もあります。 【ポイント1】補助金は導入するのも大変ですが、補助金を導入した後も大変です 補助金を導入した後には、毎年実績報告が必要な場合が多くございます。補助金を入れることが目的となり、導入後まで十分に検討されていない経営者様が多数いらっしゃいます。 実績報告はなかなか手間がかかり「補助金なんか使うんじゃなかった」といったお声もよく耳にいたします。 \そんな時には経験豊富な行政書士へ/ こうならないように、当事務所では補助金導入はもちろんのこと、導入後も見据えてまずはご提案をさせていただいております。ご提案の中で補助金導入のメリット・デメリットもしっかりお伝えし、ご納得いただいたうえで補助金申請の準備等に取り組んでまいります。 費用については最初に少しの着手金と実費をいただいて、後は補助金導入が成功したときに成功報酬としてご請求させていただきます。 事業主様にやさしい報酬体系なのでご安心ください。 「補助金ってなぁに?」 「こんなことをしたいんだけど、使える補助金ない?」 といったご相談も受け付けています。 <最後に…> 補助金は近年人気が高く、導入を成功させるためには他の申請者と競って勝ち抜かなければなりません。また、作る書類や添付する資料も非常に多く、補助金を申請するための条件が設定されてる場合も多々ございます。 こういった作業を経営者様や会社のスタッフだけでやるのは、オススメいたしません。 補助金申請って本当に疲れますよ。 けど、お金を貰えたり設備が安く導入できるので皆さん頑張るんですけどね。 「補助金は興味があるしできれば欲しいけど、面倒ごとは避けたい」と思っている方は、ぜひ私にご相談ください。

  • 4外国人在留・ビザ > 在留資格認定許可申請

    【在留手続き経験豊富な当事務所におまかせください】 新潟県でも有数の外国人在留手続き実績がある行政書士事務所において、数多くの外国人の在留資格取得に携わってきた私が外国人の在留資格に関するあなたの疑問や悩みを解決に尽力していきます! ■外国人特有の魅力ってありますよね 外国人は積極的でストレートな性格の方が多いので、それが恋愛や結婚のときに大きな魅力として感じることがありませんか? 他にも外国人の経営するお店に行ったときに感じる陽気なノリの良さや、真面目に働く外国人スタッフを見たときにうちの会社でも雇いたいと思ったことはありませんか? しかし、残念ながら日本という国はあまり外国人にやさしくありません。 なぜなら、外国人の在留資格を得るための要件が厳しく、なおかつ手続きがとても分かりづらくて面倒なため、在留資格取得のハードルが高いからです。 ■在留資格に関する手続きは「100%大丈夫」ということがありません 私達プロの行政書士が大丈夫だと思って申請したものでも、在留資格が許可されるまでは決して安心できないものなのです。 例えば、飲食店の営業許可申請や建設業許可の申請は、申請前に基準さえ満たせば不許可になることはほとんどありません。許可を与えるための基準がかなり明確なので、その基準さえ満たせば許可になるからです。 しかし、外国人の在留資格の審査基準は抽象的で細かい部分は公表されていない部分も多い割には審査基準が厳しいため、申請書類に「ちょっと余計な事」を書いてしまうだけで不許可となることもざらにあります。そして一度『不許可』になったものを再申請して許可をとる場合には、許可のハードルはさらに上がります。 <一度の申請であきらめないで!> 私たち行政書士へのご相談案件は、一般の方が自分でやって不許可になってしまったケースも多く持ち込まれます。最初からこちらへご依頼いただければすんなり通りそうな案件も、一度不許可になってしまったらその「不許可になった事実」を訂正して入国管理局の審査官へ信じてもらうためには、とても多くのノウハウと資料と時間が必要になります。 また、在留資格の審査には長い時間がかかります。在留資格認定許可申請であれば3か月程度かかることが多いです。 在留資格が認定されなければ外国から来日もできず、当然日本で暮らすことも働くこともできません。 これは精神的にも経済的にもとても大きな損失だと思いませんか? そのため、私は在留資格に関する手続きをする前には、まずは私に相談してから申請することをオススメしております。 【これまで培ったノウハウで全力支援】 当事務所は初回から相談料をいただいておりますが、その分ノウハウの出し惜しみはいたしません。別途追加料金をお支払いいただければ、あなたが作った申請書類をチェックするサービスもあります。もちろん私が申請に必要な書類作成から添付書類の取得まで全て代行することも可能です。あなたの状況やご予算に合わせたサービスを選ぶことができます。 また、事前に私に相談することで、在留資格取得の見込みがあるかどうかがある程度判断できます。無理なものは無理ですが、今の状況を改善することで許可が得られる可能性がでてくる場合もあります。 一度不許可になって再申請するのと、少し時間をかけて準備をしてから申請するのとでは、明らかに後者のほうが許可になる確率が高くなりますし審査期間も短くなる傾向があります。 他にも外国人と生活や仕事をしていく上で気を付けなければいけないこと、国際結婚のサポートや外国人との雇用契約に関するアドバイスなどもできます。 在留資格が許可されなければ、夫婦で愛し合っていても日本で一緒に暮らすことができません。ビジネス面では優秀な外国人スタッフを雇用できなかったことで有力な取引先を逃したり、事業拡大のチャンスを逃したりしてしまうこともあるでしょう。 そうならないように、ぜひ『事前に!』私へご相談ください。 出張相談や夜間、土曜日・日曜日・祝日の相談も対応いたします。 お早めにご相談ください。早くご連絡いただければ早く安心できますし、あなたの大切な方を早く日本へ呼べますよ!

  • 5外国人在留・ビザ > 在留資格更新・変更

    【在留手続き経験豊富な当事務所におまかせください】 新潟県でも有数の外国人在留手続き実績がある行政書士事務所において、数多くの外国人の在留資格取得に携わってきた私が外国人の在留資格に関するあなたの疑問や悩みを解決に尽力していきます! ■外国人特有の魅力ってありますよね 外国人は積極的でストレートな性格の方が多いので、それが恋愛や結婚のときに大きな魅力として感じることがありませんか? 他にも外国人の経営するお店に行ったときに感じる陽気なノリの良さや、真面目に働く外国人スタッフを見たときにうちの会社でも雇いたいと思ったことはありませんか? しかし、残念ながら日本という国はあまり外国人にやさしくありません。 なぜなら、外国人の在留資格を得るための要件が厳しく、なおかつ手続きがとても分かりづらくて面倒なため、在留資格取得のハードルが高いからです。 ■在留資格に関する手続きは「100%大丈夫」ということがありません 私達プロの行政書士が大丈夫だと思って申請したものでも、在留資格が許可されるまでは決して安心できないものなのです。 例えば、飲食店の営業許可申請や建設業許可の申請は、申請前に基準さえ満たせば不許可になることはほとんどありません。許可を与えるための基準がかなり明確なので、その基準さえ満たせば許可になるからです。 しかし、外国人の在留資格の審査基準は抽象的で細かい部分は公表されていない部分も多い割には審査基準が厳しいため、申請書類に「ちょっと余計な事」を書いてしまうだけで不許可となることもざらにあります。そして一度『不許可』になったものを再申請して許可をとる場合には、許可のハードルはさらに上がります。 <一度の申請であきらめないで!> 私たち行政書士へのご相談案件は、一般の方が自分でやって不許可になってしまったケースも多く持ち込まれます。最初からこちらへご依頼いただければすんなり通りそうな案件も、一度不許可になってしまったらその「不許可になった事実」を訂正して入国管理局の審査官へ信じてもらうためには、とても多くのノウハウと資料と時間が必要になります。 また、在留資格の審査には長い時間がかかります。在留資格変更申請や更新申請なら1か月程度かかることが多いです。 在留資格の変更や更新が許可されなければ引き続き日本で生活や仕事をすることができず、日本から出国しなければなりません。 これは精神的にも経済的にもとても大きな損失だと思いませんか? そのため、私は在留資格に関する手続きをする前には、まずは私に相談してから申請することをオススメしております。 【これまで培ったノウハウで全力支援】 当事務所は初回から相談料をいただいておりますが、その分ノウハウの出し惜しみはいたしません。別途追加料金をお支払いいただければ、あなたが作った申請書類をチェックするサービスもあります。もちろん私が申請に必要な書類作成から添付書類の取得まで全て代行することも可能です。あなたの状況やご予算に合わせたサービスを選ぶことができます。 また、事前に私に相談することで、在留資格取得の見込みがあるかどうかがある程度判断できます。無理なものは無理ですが、今の状況を改善することで許可が得られる可能性がでてくる場合もあります。 一度不許可になって再申請するのと、少し時間をかけて準備をしてから申請するのとでは、明らかに後者のほうが許可になる確率が高くなりますし審査期間も短くなる傾向があります。 特に在留資格の更新申請で不許可となった場合には、再申請のハードルが高く残された期間も短いので早急な対応が必要になってきます。 他にも同じ在留資格の更新申請でも配偶者や勤務先が変わった場合には、在留資格の認定や変更と同じくらいかそれ以上に許可のハードルが高くなることがありますのでご注意ください。 在留資格が許可されなければ、夫婦で愛し合っていても離れ離れになってしまったり、貴重な戦力である社員を失ったりと精神的にも経済的にも大きな損失になります。 そうならないように、ぜひ『事前に!』私へご相談ください。 出張相談や夜間、土曜日・日曜日・祝日の相談も対応いたします。 お早めにご相談ください。早くご連絡いただければ早く安心できますし、あなたの大切な方を早く日本へ呼べますよ!

  • 6遺言・遺産相続 > 遺言作成・保管

    個人事業主や会社経営者の相続って大変になるって知ってました? なぜなら遺産の種類も金額も大きくなるから。それに事業用の財産ってそのまま商売を続けるためにはなかなか分けづらいものですしね。 他にも跡継ぎを誰にするかとか、跡継ぎが決まっていてもその跡継ぎがもらう遺産の額が大きくなってしまうので他の相続人との差がもめる原因になることがあります。 それを防ぐには遺言書を作るのが一番! 場合によっては個人事業主の方は会社にしてしまった方が、相続や節税の対策になることもあります。 それに相続人の中に、認知症や病気で障害がある方、未成年の方、行方知れずや音信不通の方、借金がある方や金にがめつい方、自分と仲が悪い方などがいる場合には、相続手続きに多くの手間や費用がかかるケースが多いので、ぜひにでも遺言書を作ることをオススメいたします。 とはいえ、自分で遺言書作るならいいのですが、配偶者や親に「遺言書作って」と言ったときには、相手を怒らせたりご機嫌を損ねる可能性も大きいです。 そのような場合には、どうやって相手を怒らせずに遺言の必要性を伝えて遺言書を作ってもらうかといったコツもお伝えすることができます。 相続って大変ですよ。 大変な思いをする前にぜひ私へご相談ください。

  • 7会社設立 > 株式会社設立

    ある程度商売が軌道にのってくると「そろそろ会社にしようかな」と思っている個人事業主の方も多いと思います。 会社にした方が利益が出ていると節税になることも多いし、信用面も大きくなりますからね。 意外と社長一人だけでやっている会社も多いんですよ! 取引先も会社の方が安心して取引してくれますし、銀行も融資が受けやすくなりますしね。 インターネットが普及してから自分で会社を作る人も増えていますが、私的にはオススメしません。 確かに自分で会社を作るとお金は節約できますが、その分あなたの大切な時間を失います。それに、会社の「目的」や「体制」をちゃんと考えて作らないと、後々いろんな面で損をする場面が出てきます。 依頼先の企業様が新たに許可などを取る場合に、会社の目的変更や役員の変更手続きなどをすることが結構あります。会社を作る際には先を見据えていろいろ決めていきましょう! そうならないように、自分で会社を作る手続きをやりたいと思っていても事前に一度私に相談することをオススメいたします。 相談料はいただきますが、今まで何社もの会社設立に携わってきています。お値段以上の価値あると思いますよ。

  • 8各種許認可申請 > その他

    許可・認可の更新、新規事業開始のための許可・認可の取得を代行します。 飲食業、建設業、古物商などのメジャーなものからマニアックな許可・認可まで取得手続きの代行をいたします。 許可や認可の取得は行政書士の専門分野であり、得意分野です。 このような手続きは慣れていないと、そもそも取得できるための条件が揃っているかどうかさえ、よく調べたり勉強したりしないとわかりません。 しかも許可や認可は一度受けてしまえば数年は継続されるので、そこで得た知識を活かすことも数年間はありません。 そんなことのために、あなたの貴重な時間を使うのはやめましょう! 許可や認可の取得手続きは私に丸投げして、あなたはあなたの得意な仕事ややりたい仕事に専念しましょう。その方がいい結果につながると思います。 許可や認可の取得に関する相談は、初回無料で対応いたします。 事前予約により夜間・休日の相談もいたしております。 ぜひ、自分の時間を有効に使いたい方や新しい分野に挑戦したい方はご連絡ください。

  • 9自動車登録 > 自動車登録・車庫証明

    【自動車を手に入れたら…】 最近、自動車のネットオークションや個人売買が増えてきましたね。しかし、これらの方法で自動車を買うとご自身で自動車の名義変更をしなければいけません。その他にも家族や友人から車をもらった場合にも、ご自身で自動車の名義変更をする必要があります。 自動車の名義変更をするためには、警察署へ行って自動車保管場所証明書(通称:車庫証明書)を取る必要があります。軽自動車の場合も、新潟市内の多くの場所では車庫証明を取る必要が出てきます。 ■時間をかければご自身での名義変更も可能ですが… 自動車の名義変更や車庫証明の手続自体ははっきりいってそんなに難しくありません。 ただし、ネットや本などでいろいろ調べたり、保管場所の図面を書いたりとやることがたくさんでてきます。おまけに駐車場が借地の場合は、大家さんのところや管理している不動産屋さんのところに行って駐車所の使用承諾書に印鑑をもらう必要もでてきます。 しかも、車庫証明を発行してもらうためには平日に最低2回は警察署へ出向く必要があります(申請時と受取時)。さらに、普通車なら陸運局、軽自動車なら軽自動車検査協会へ、こちらも平日に出向いて手続きを行う必要があります。最低3回は平日に手続きに出向く必要がありますし、これに書類の不備や不足があればさらに足を運ぶ回数が増えます。 陸運局や軽自動車検査協会は空いていればいいのですが、混んでいるときにはとっても混んでいます。手続きが終わるまで数時間かかることもざらにありますし、途中で書類不備があったりして時間がかかってしまったら、後ろで待っている人たちのプレッシャーもなかなかのものがあります。私も経験したことがありすが結構キツイですよ。 なにはともあれ、自動車の手続で貴重な休みを潰した上に、手続きのことを調べるための時間も費やして、なおかつ手続きのときに待ち時間のストレスや後ろからのプレッシャーを受けながら手続きを行う。 これってかなりしんどいですよね? \仕事を休んでまで手続きするより、私におまかせください/ 費用なんてどこまでやるかで多少変わってはきますが、数千円から高くても一万数千円(実費は除く)です。このために平日に休みをとって貴重な時間を潰して自分で自動車の手続をやりますか?時間がもったいないですよ。 自動車の手続は私におまかせいただければ、貴重な時間を有意義に使えます。手続きでいらぬストレスを感じることもないでしょう。ましてや自動車の手続のやり方なんて、覚えても一生のうちに何回も使わないですよね。さらには前回の手続から時間が経てば、結局またイチから調べるたりする必要もでてくるので、時間と手間とストレスがかかりますよ。 ★自動車ディーラー様へ★ ・新潟県外のディーラー様で新潟の方が購入した車の手続をして欲しい方。 ・新潟県内のディーラー様で新たに行政書士へ自動車関連の手続きを依頼したい方。または現在依頼している行政書士の対応に不満がある方。 ぜひご連絡ください。ディーラー様向けの特別料金をご案内させていただきます。 <最後に…> 自動車の名義変更について調べていて、この書き込みをみたという方は、まずはお気軽に連絡してください。書類の提出代行のみからフルサポートまで、柔軟に承ります。 新潟市内の警察署、陸運局、軽自動車検査協会での手続きが必要な方は、お気にお問合せください!

取扱分野

会社設立

合同会社設立本店移転役員変更定款・商号変更会社解散・清算結了

遺言・遺産相続

財産整理・相続登記節税対策遺産分割協議相続放棄生前贈与成年後見その他

自動車登録

自動車名義変更廃車手続その他

外国人在留・ビザ

在留カード交付申請再入国許可申請資格外活動許可申請就労資格証明書申請永住許可申請外国公文書翻訳在留管理代行帰化・永住許可申請公文書英語翻訳その他

補助・助成認定

事業承継支援企業再生特例認定経営革新計画承認農業経営改善計画農商工連携認定地域資源活用認定商店街活性化認定その他

各種証明手続

内容証明公正証書その他

各種許認可申請

建設業許可古物商許可申請飲食業許可酒類販売業許可喫茶店営業許可産業廃棄物許可労働者派遣事業許可介護保険事業許可風俗営業許可宅建業免許登録探偵業届出運送事業許可介護タクシー事業許可運転代行業認定農地届出・農地除外特殊車両通行許可入札参加資格審査