相談事例/実績

一覧に戻る

遺言・遺産相続 > 遺産分割協議

被相続人Cの相続人D(子 50代男性)

相続人の中に海外に居住する者(弟)がいるとのこと。 遺産分割協議の内容は確定しているものの、その後の手続はどうしたらよいかとご相談いただきました。

福田俊一 司法書士の対応

福田俊一
無事、相続登記まで完了しました。 海外では印鑑証明書や戸籍・住民票など日本では当たり前の証明書がないことが多く、ご相談者様もどのように手続きすればいいのか悩まれたそうです。 私たち相続の専門家におまかせいただければ、こうした特殊な状況も問題なく対応が可能です。お一人で悩まれる前に、お気軽にご相談ください。