注力分野

  • 1社会保険手続

    【面倒なお手続きはアウトソーシングに!】 新しく人を雇った時や退職する社員がいる場合、必ず発生する各種保険等の手続き…非常に面倒ですよね?そんな時は当事務所の手続き代行サービスをぜひご活用ください! <雇用に関わる保険・年金等のお手続きを一括で> 新たに人材を雇用した際の各種保険の加入・給付に関わる事務手続きを、お客様に代わり当事務所が「すべて」代行いたします! ・毎回各所へ書類を提出しに行くのが大変 ・一度に多くの人材を雇用した時の担当者負担が大きい ・専任のスタッフがおらず、兼任して手続きをしている など このようなお悩みがございましたら、まずはお電話・メールフォーム等より当事務所へご連絡ください!お客様のご状況にあわせた適切なプランをご提案いたします。 <電子申請や郵送による申請で遠方のお客様もご利用可> インターネットを経由した『電子申請』や『郵送によるお手続き』にも対応しておりますので、近隣のお客様だけでなく、全国各地からご依頼いただけます。 ・近くに社会保険労務士がいない… ・できる限り手続きの手間を省きたい ・電話やメールだけで依頼できる社会保険労務士を探している このような場合には、当事務所がお役に立てることがございます! 事業経営のうえで「ヒト」に関わるお手続きは重要であると同時に、手間や時間がかかる煩雑な作業でもあります。 \煩雑な事務作業は専門家におまかせください!/ お客様には必要な書類を郵送やメール等で当事務所へお送りいただくだけ!あとは私たち社会保険労務士が煩雑な事務作業を一括で行いますので、お忙しいお客様にピッタリのサポートサービスです。 また、こうした事務手続きの代行業務は『ご負担軽減』だけではなく、事務作業を通じて、お客様のご状況把握が可能なため「何かお力になれることはないか」を迅速にご案内することにもつながります。 「ヒト」に関するさまざまなご相談にもあわせてご対応しておりますので、お気軽にお電話またはメールフォーム等よりご連絡ください!

  • 2年金

    【日本年金機構での勤務経験を活かしたアドバイスとサポート】 国民、厚生、老齢、障害、遺族年金…年金にもさまざまな種類があり、その加入手続きや請求手続きも手間となることが多くございます。そうした『年金』に関わるご相談に対し、適切なアドバイスと丁寧なサポートを心掛けております。 <年金相談を社会保険労務士へ依頼するメリット> 年金のお手続きはご自身でももちろん可能なものです。しかし、当事務所ではお客様の手間が減るだけではなく、あわせて以下のようなご相談にも対応しております。 ・複雑な手続きもすべてまかせられるのはもちろん! ・老後にもらえる資金を増やしたいといった相談にも対応 ・年金請求をご自身での手続きで失敗された方も歓迎 <年金事務所に相談しても解決できない場合も…> ご自身で手続きした結果、請求が通らなかったというお客様も中にはいらっしゃるかと存じますが、その原因を年金事務所に聞いても答えが得られないことも多々ございます。 年金事務所では行政機関である以上、マニュアル通りの対応となり、お客様それぞれのご状況に応じた適切なアドバイスには対応していないことが大きな要因です。 「なぜダメなのかがわからない…」 そんな時は、お客様の利益をまず第一に考える、私たち社会保険労務士にご相談ください! さまざまな角度からお客様が「どうやったら受給できるか」を考え、アドバイスとサポートに尽力いたします。 \年金事務所経験のある社会保険労務士へお気軽にご相談/ 当事務所代表は日本年金機構での勤務経験があり、さまざまなお悩みを抱えるお客様を見てきました。そこで得た年金に関する知識を、皆様に還元するべく、社会保険労務士資格を取得し、独立開業をいたしました。 また、さまざまな仕事にも従事しておりましたので、お客様がどのような業界でも、柔軟に対応できると自負しております。 まずはお気軽にお電話またはメール等にてご連絡ください!

  • 3労災保険・雇用保険

    【社員が病気・ケガをしたら…】 健康保険に加入していると、病気やケガをした際には「傷病手当金」の給付申請を行うことができます。もちろん、各要件をクリアする必要がございますので、簡単にご案内します。 <私傷病=風邪や仕事以外でのケガをして休んだら…> 風邪や体調不良・ケガ等により仕事を休む際、多くの方が有給消化をすることで欠勤控除を免れるように調整しているかと存じます。しかし、入社したてでは有給が付与されていないという方も多いのではないでしょうか? そんな時には「健康保険の傷病手当金」の支給申請を行いましょう。 傷病手当金の支給要件としては、大きく3つございます。 1_療養のため仕事ができない 2_連続する3日間を含み、4日以上休んでいる 3_休んでいる間、無給である 上記の3つをクリアしているならば、傷病手当金が支給される可能性があります。 ※ご状況により、さらに細かい要件のクリアが必要となる場合もございます。 また、仕事を休んでも、健康保険料は1月分かかります。休んでいた分、給与が減っているのにも関わらず、保険料として差し引かれる額が変わらないのです。 それでは生活もままならず、せっかく治った心身に負担をかけることになりますね。心身に負担がかかれば、また病気やケガにもつながり、いつまでも改善されません。 そうならないためにも、傷病手当金を活用し、健やかな生活を取り戻していきましょう! <社員から申請があった時は> 事業主様向けの申請代行サービスももちろんございます。社員からの申請に関する問い合わせや、手続きの代行を行い、事業主様のご負担軽減に努めております。 \全国各地よりお電話またはメール相談とご依頼が可能/ お忙しい事業主様をはじめ、病気やケガで苦しむ社員様のご相談に「いつでも」「どこでも」ご対応いたします!すべての人に「幸せ」になってほしい。そんな思いで皆様のお役に立てるよう門戸を広げお待ちしております!

  • 4就業規則

    【店舗・企業それぞれのオーダーメイドな規則づくり】 お客様の店舗・企業ではきちんと就業規則を整備していますか? よく耳にするのが「助成金申請に必要だから就業規則を見直してほしい」や「法律で決められているから作成しなくちゃいけない」といったご相談です。 そのお気持ちも大変よくわかります。 もちろん、法律で定められているからというのも間違いではございません。 ですが、「なぜ就業規則が必要なのか」をあらためて見ていきましょう。 <なぜ就業規則が必要なのか?> ■万が一のトラブルに備えておくため 本来、トラブルが生じることは好ましくありませんが、企業・従業員ともに「ヒト」である以上、衝突が起きることもあるでしょう。そんな時、就業規則という「会社のルール」がきちんと定められていれば、企業側も従業員側も無駄な争いを避け、円満解決へと向かうことが可能となります。 ■時代により変わる考え方や法改正に対応するため 一昔前までは「義理人情、会社の言うことは絶対」といった風潮でしたが、現代では「権利はきちんと主張する」ことを格好良しと考える時代です。労働者の働き方が変わっている中で、いつまでも昔と同じでは、時代に取り残され、企業としても生き残ることが難しくなります。柔軟な考えを持ち、その考えをきちんと明示した就業規則を作りましょう。 ■経営者の『想いや考え方』を従業員に知ってもらうため 店舗・企業をより発展・成長させていくためには、それを引っ張っていくリーダー、つまりは経営者様ご自身の考え方や想いを従業員にも知ってもらう必要があるのです。きちんと経営者様・社長様の考えに賛同して仕事をしているかということは、事業成長に必要不可欠な条件でもあると当事務所は考えます。 ■店舗・企業と従業員が納得する、満足するルールであるため 前述した「経営者様の考えを明文化する」ことは非常に良いことですが、その内容が「独裁的」となっていては従業員が気持ちよく仕事をすることはできません。事業運営には「人」である従業員が不可欠である以上、従業員のやる気やモチベーションを向上するような就業規則にする必要がございます。とはいえ「賃金を上げればいい」「休日を増やせばいい」という単純なものでもありませんので現状や将来を見据え、計画的なルール作りが大切です。 <規則を整備することは企業・従業員双方の保護にもつながる> もしお客様が就職を考えた時、 1_きちんと社内規定がしっかりしている会社 2_社長の一存でコロコロとルールが変わる会社 どちらで働きたいと思いますか? 今や店舗・企業が働き手を選ぶのではなく、労働者が自分の意思で会社を選ぶ時代です。 そんな時代に、企業の地盤ともいえる「就業規則」の整備がされていない会社が生き残っていける可能性は低く、今は好調でもいずれ底から抜け落ちていく恐れがございます。 \末永く事業発展をお手伝いします/ 法改正や事業希望が変わる際には整備が必要な就業規則。その改定に手間取り、本来の業務がおろそかになってはいけませんね。そうしたお忙しいお客様に代わり、「人事労務のプロ」である当事務所がお客様それぞれのご状況に応じた「オーダーメイド」な就業規則を作成・整備いたします!ご興味がございましたら、お気軽にご連絡ください。

  • 5人事労務管理

    【「ヒト」「労務」のご相談おまかせください】 店舗・企業は「ヒト」がいなければ何もできません。さまざまな仕事に従事してきた中で、常々「もっと人を大切にすれば…」と思うことがたくさんありました。 <店舗・企業の味方として> 社保手続をはじめ、人事労務に関する各種お手続きやご相談に対応しております。 顧問としてだけではなく、皆様が抱えるお悩みの解決に貢献できればと、ちょっとした不安や疑問にも迅速にお応えすることを心掛けております。 ・労働者とのコミュニケーションに悩んでいる ・離職防止策を考えてほしい! ・どうすればもっといい会社になるのか… など たくさんのお悩みを抱えているでしょう。こうした大きなお悩みはもとより、小さな不安・疑問も当事務所に気兼ねなくお話しください。経営者とは孤独なもので、一人ですべて抱え込んでしまう方が多くいらっしゃいます。社会保険労務士としてではなく、そんな時に「相談相手」として、当事務所がお役立てできればと存じます。 <従業員・労働者の味方として> 「今のまま会社に居てもいいのだろうか」「辞めたはいいけどスッキリしない…」 そんな不安やお悩みを抱えた時には、お一人でどうにかしなければ、とは考えず私たち社会保険労務士を活用してください。 「会社の対応に納得できない」「もっと会社をよくしていきたい!」といったお気持ちを、当事務所が汲み取り、できる限りのサポートをいたします。 ※ご相談内容によっては弁護士等の他士業をご紹介する場合もございます。 \お一人で悩む前に、気軽にお電話・メール相談/ 全国各地、日本中のどこにいても労働に関するお悩みはございます。当事務所では、そうした皆様のお悩み、不安、疑問などを受け止め、適切なアドバイスとサポートに尽力しております!一人で悩み・苦しむ前に、少しでもお気持ちが楽になるよう当事務所をご活用ください。皆様が健やかな生活を送れるよう全力でご支援してまいります!

取扱分野

社会保険手続

国民・厚生年金

年金

国民・厚生年金遺族年金障害年金確定拠出年金

健康保険・介護保険

健康保険介護保険

労災保険・雇用保険

労災保険雇用保険

就業規則

労働時間変形労働時間制