相談事例/実績

一覧に戻る

刑事事件 > 少年犯罪

高校生が相手女性の胸を触ったり,盗撮行為を繰り返したが,少年院に行かずに済んだ事例

息子が被害女性の胸を触り,警察沙汰になってしまいました。また,警察の取調べにより息子には複数の盗撮行為の余罪があることが発覚しました。 今回の事件により息子は少年院に行ったり,学校を退学になったりしないか心配になったので弁護士に相談をしました。

清水淳平 弁護士の対応

清水淳平
まず,胸を触られた被害女性に対しては依頼後に示談の申出をし,被害届の取下げをしてもらいました。 また,複数の盗撮行為に対しては携帯電話のカメラ機能を利用してされていたため,依頼者の親にしか携帯電話のカメラ機能の暗証番号を把握できないようにロックをかけ,自由に携帯電話のカメラ機能を利用できないようにしました。 警察には以上の経緯を詳細に説明し,事件が軽微であることを強調し,簡易送致という形で少年院に行かずに終結しました。