相談事例/実績

一覧に戻る

離婚・男女問題 > 浮気・不倫・不貞

不貞を理由として勤務先の退職を求められるとともに慰謝料400万円を請求された事例

私は職場の同僚である相手の男性と不貞関係にありました。1年程度経過してその男性の妻に不貞が発覚し,その妻から慰謝料400万円の請求と同じ勤務先からの退職を要求されました。どうしていいのか分からなかったため,弁護士に依頼することにしました。

清水淳平 弁護士の対応

清水淳平
弁護士清水は相手方に対してまず不貞を理由に依頼者が退職する義務はないことを何度も説明し,また,慰謝料額400万円が高額であることも過去の事例等を利用して交渉しました。その結果として,プライベートの場面では今後一切連絡・接触しないことの約束をする代わりに慰謝料額を50万円まで減額することに成功しました。