ニューストピックス

一覧に戻る

人事労務管理
就業規則
給与計算

残業代を削減できる? 変形労働時間制導入のルールを解説

2018年02月21日

残業が発生する日もあれば、ヒマな日もあるなど、繁閑期がある業種の経営者様は変形労働時間制を導入してみてはいかがでしょうか?適切に導入することができれば、残業代の削減や従業員のメリハリのある勤務体系を実現することが可能です。

この記事を詳しく見る

木村和也 社会保険労務士によるコメント

木村和也
1ヶ月の変形労働時間制であれば特例措置対象事業場【(10名未満で小売業・理美容業・病院・診療所・(介護、老人ホーム等の)社会福祉施設・など】の場合は週平均44時間、例えば31日の月では194.8時間まで割増賃金の支払いが必要ありません。但し、これから導入される場合は労働者にとっては不利益変更になりますので導入にいたっては合理的な理由等が必要になりますので安易に導入出来るとのお考えはご注意が必要です。専門家へのご相談をおすすめします。

ピックアップ プロピックアップに表示しませんか?
◆士業向け資料はこちら◆

PickUP
  • 魚谷信博 社会保険労務士

    魚谷信博

    社会保険労務士

    【介護サービス特化】社労士・行政書士としてお客様をお手伝い!
    • 健康保険・介護保険
    • 社会保険手続
    • 給与計算
    • 就業規則
    • 助成金・補助金
  • 事務所:
    社労士・行政書士魚谷事務所
    最寄り駅:
    岡町駅 / 曽根駅(大阪) / 豊中駅
    住所:
    大阪府豊中市南桜塚4-1-6-110
PickUP