ニューストピックス

一覧に戻る

資金調達支援
中小企業支援
助成金・補助金
コンサルティング

個人事業主の資金調達方法とは?必ず知っておきたい特徴とメリット

2018年12月05日

経営者なら誰もが悩む「資金調達」。特に個人事業主の場合は、日本政策金融公庫や民間の金融機関など、なるべく金利を抑えた融資を受けることが代表的です。また、融資以外にも資金調達の方法はあります。それぞれの特徴とメリットについて詳しく解説します。

この記事を詳しく見る

辻本弘仁 税理士によるコメント

辻本弘仁
個人事業主であろうと法人であろうとも、資金調達は必要です。 調達先、調達方法はどちらでも同じです。 ただし、違うのは法人の方が融資が受けやすいというところです。 それがなぜなのかということですが、個人事業主は事業資金と生活費がごっちゃになっている人が多いからです。 法人だと全て事業となるので、金融機関としても貸したお金を事業以外に使われることがないと考えられるからです。 個人事業主で事業資金と生活費を、きっちり分けていないと事業資金として融資したお金を生活費として流用されるかもしれないと、金融機関が考えるために、個人事業主は融資を受けにくいと考えます。 ですので、事業資金と生活費を明確に分け、事業計画書を適切に作成することが大切です。 詳細は専門家に相談することが必要です。