ニューストピックス

一覧に戻る

各種許認可申請

建設業許可が必要なケースとは?許可申請の基本知識と注意点

2018年08月01日

建設業で起業したいと考えたとき、クリアしなければならない課題のひとつが建設業許可です。しかし建設工事の規模によっては許可が不要な場合もあります。建設業許可の詳細内容と申請の手順について解説していきます。

この記事を詳しく見る

安部浩一 行政書士によるコメント

安部浩一
500万円を超える大きな工事を行う場合には、建設業許可を取っておく必要があるのが一般的です。 その建設業の許可を取得には、各自治体によって様々な指定書式を作成し、担当者に対し準備書面をもって的確に申請内容を説明することが求められます。 また、行政書士以外申請人本人が申請する場合は、あらかじめ書面の準備状況等について事前審査を受けなくおかないと、何度も提出するために 自治体に担当窓口に出向いて、担当者と打ち合わせをしていかなければなりません。まずは、建設業を取り扱っている行政書士に相談することをおすすめいたします。正しい知識を受けることはもちろん、許可申請の労力は本業の行政書士に任せていくことをお勧めします。