ニューストピックス

一覧に戻る

経理・決算支援
コンサルティング

会計に悩む経営者必見!自計化のメリットとデメリットとは

2018年05月10日

自計化とは自社計算化、つまり自社で会計ソフトに必要なデータを入力することを言います。この記事では、自計化のメリットやデメリット、帳簿記帳を税理士へ依頼する「記帳代行」と自計化のどちらを選ぶべきかなどを紹介します。

この記事を詳しく見る

田村栄二 税理士によるコメント

田村栄二
記帳業務を自社で行うということは、経営者の方が自ら会社の損益状況や資金繰りの状況を、感覚てしてではなく、数字として正確に把握できる訳ですから、それを今後の営業姿勢や戦略に活かせるというメリットがあります。反面、その処理に時間を割くことになりますから、当然他の業務に、特に営業に関する業務についておろそかになりがちになります。ですから、いかに経理業務を効率的にかつスピーディーに行うかが大変重要なこととなります。 お金や時間があれば、自社で経理を行うメリットは以上のように大きいわけですが、開業当初や時間がない場合には、記帳代行を会計事務所に依頼し、なるべくよいコミニケーションの関係をとり、その代用をすることは、非常に有用な方法と言えます。