ニューストピックス

一覧に戻る

遺言・遺産相続
節税対策

財産整理や相続登記はすべて行政書士にまかせられる?

2017年08月03日

行政書士は相続に関してどこまで関与することができるのでしょうか?行政書士が関わることのできる業務と関わることができない業務を解説し、失敗しない行政書士の選び方をご紹介します。見落としがちな意外なポイントを発見できるかもしれません。

この記事を詳しく見る

木原奈緒美 行政書士によるコメント

木原奈緒美
相続に関する業務を行政書士に一任できるかどうか・・・・・ 結論を言えば、「一任することは可能」です。 もちろん、各士業にはそれぞれ独占業務がありますから、行政書士が単独で、すべての業務を行うわけではありません。 例えば、相続登記なら司法書士さん、税関係は税理士さん、という具合に。 また、遺産分割で争いになってしまった場合には、行政書士はそこに立ち入ることはできません。そのような場合には弁護士さんにお願いすることになります。 一般の方にとって、どの士業がどういう業務を扱っているかということはわかりにくい部分です。 相続税、相続登記など、すべてお願いしたくて専門家のところへ行ったにもかかわらず、 「うちは〇〇は専門外でできないから…」 と追い返されてしまったとしたら、お客様は途方に暮れてしまいます。 行政書士に一任していただければ、行政書士の側で必要であればそれぞれの専門家に業務を振って手続きを進めます。 ですから、お客様が、それぞれの手続きに応じた専門家を新たに探したり、依頼したりする必要はありません。 誰に相談していいかわからない、ということがあれば、とりあえず行政書士に相談してみてはいかがでしょうか。 まれに自己の業務のみに専念し、他士業との連携をおろそかにしている行政書士の先生がいるかもしれません。 が、私をはじめ、こちらに登録されている行政書士の先生方であれば、相続業務を一任しても、適切に取りはからってくれるものと思います。