相談事例/実績

一覧に戻る

遺言・遺産相続 > 相続登記

相続登記と預貯金解約

お父様が亡くなられたため相続登記と預貯金の解約をしたいというご依頼。

小岩博幸 司法書士の対応

小岩博幸
平成28年に判例変更されたことから預貯金も遺産分割の対象になるようになりました。今までは当然に相続人に分割されるので遺産分割の対象ではありませんでした。 ですので、預貯金を解約するためには被相続人や各相続人の戸籍を取得して遺産分割協議書を作成して金融機関にもっていかなければなりません。 当職がいろいろとアドバイスをしながら手続きをしたため揉めることもなくスムーズに話がまとまりご依頼者様も大変満足しておりました。