相談事例/実績

一覧に戻る

企業法務 > 知的財産権

【他社による自社ロゴに類似したロゴの商品や会社サイトでの使用の停止に成功】

【事案は抽象化しています】   アパレルメーカーX社のA社長から,長年にわたって使用してきた定評のある自社の商品のロゴ(ロゴX)とそっくりのロゴ(ロゴY)が入った商品が小売店やインターネットで販売されていることを知り,販売をやめさせられないか,ということで御相談にいらっしゃいました。 A社長のお話では,ロゴXは商標登録されていたそうなのですが,念のために確認してみると,更新手続がされておらず,ロゴXの商標権は失効してしまっていました。 そこで,A社長と相談させていただき,ロゴYを使用して同種の商品を販売したり,自社のサイトにロゴYを掲出しているY社に対し,内容証明郵便を送付して任意の交渉を開始しましたが,Y社は,ロゴXとロゴYとは,まったく違っていて誤認混同のおそれはないと主張してきました。Y社の代理人と何度か会って交渉しましたが,議論は平行線のままでした。 そこで,Y社の違法行為への対抗措置として,ロゴYが使用された商品の販売の停止,Y社サイトでの使用の停止等を求める仮処分命令を申し立て,裁判所から仮処分決定が発令されました。 また,ほぼ同時に,Y社に対する損害賠償請求等を求めて裁判を起こし,こちらについては,裁判所からX社の主張に近い心証が開示され,勝訴的和解が成立しました。

中山泰章 弁護士の対応

中山泰章
ロゴXは,商標登録されていれば,商標法によって保護されることになります。すなわち,ロゴXの商標権が侵害されれば,X社は侵害者に対し,差止めや損害賠償を請求することができます。 しかし,本件のように,ロゴXが商標登録されていなくても,諦めることはありません。本件でもそうでしたが,侵害者の行為が,商標権の侵害にはならなくても,不正競争防止法に定める「不正競争」に該当すれば,権利者は,侵害者社に対し,差止めや損害賠償を求めることができ,現に,本件でも,不正競争防止法を根拠にして仮処分の申立てや裁判を通じてX社の権利を保護することができました。 貴社のロゴ等の商標出願や商標の管理が必要であったり,ロゴ等が模倣されてその権利が侵害されたりしたら,お気軽にご相談ください。

ピックアップ プロピックアップに表示しませんか?
◆士業向け資料はこちら◆

PickUP
  • 佐久間篤夫 弁護士
    【トラブル防止】問題が起きない対策を【予防コンサルタント】
    • 企業法務
    • 遺言・遺産相続
    • 労働問題
    • 訴訟・裁判
    • 離婚・男女問題
  • 事務所:
    佐久間総合法律事務所
    最寄り駅:
    市ヶ谷駅 / 半蔵門駅
    住所:
    東京都千代田区九段南3-9-1 九段サザンビル2階
PickUP
  • 田中広太郎 弁護士
    【スペイン語通訳から弁護士へ】外国人の交通事故トラブルなら
    • 交通事故
    • 顧問弁護士
    • 冤罪
    • 賃貸トラブル
  • 事務所:
    弁護士法人品川国際法律事務所
    最寄り駅:
    高輪台駅 / 五反田駅 / 白金台駅
    住所:
    東京都品川区東五反田4-7-27フィンチビル4階